FC2ブログ

冬の富士山訓練記

みなさまこんばんは。
いつも来てくださりありがとうございます。
このブログは音楽のブログとなっていますが、音楽以外のこと以外もたくさん書いています。
すると「一体どうなってるんだ」とお叱りの向きもあろうかと思います。
これまで運動関係の記事は控えてきました。もし書くとあまりに散漫になり過ぎるからと思ったからです。
今年初めに体調を崩して運動は控えてきましたが、また調子が上がってきて、体がうずうずしてきました。
そこで、去年の冬の富士山の訓練記をお届けします。
ご笑覧ください。
-------------------------------

11月27日(土)に富士山に行ってきました。
山岳ガイドの先生の講習会です。
生まれて初めてアイゼンを履きました。

夏の富士山は堪能しきりましたので、今度は冬の(雪の)富士山です。
スタッドレスを履いた車で千葉を6時前に出て、一路河口湖駅へ。
先生と他の参加者と合流して、スバルラインで5合目に向かいました。

参加の方々は皆、スーパーマン、スーパーウーマンです。
100kmのマラソンをやる人とか。

5合目には雪がありました。
駐車場から30分行ったところに佐藤小屋があり、そこで装備を付けて、6合5勺まで登りました。
そこで、登山道から外れて、もろ、山の斜面へ。
富士山って、登山道は傾斜が緩いですけど、そこを外れるとすごい急斜面なんです。
6合5勺では平均30°くらいでした。

そこでアイゼンを付け、歩行訓練、登山訓練、下山訓練、滑落訓練。
とにかく、ハンパじゃない世界ですから、ここは専門の先生についてしっかり習うことが肝要です。
この先生はヒマラヤの遠征メンバーにいる一流の人です。

中学の時初めてスキーを習った時のことを思い出しました。
ものすごい急斜面での方向転換や斜滑降、そして山回りターン。
それと同じ、いやそれ以上の厳しい訓練をしっかり行いました。

なぜ50過ぎてこんなことやらなきゃいけないのか? と自問自答しながらも、すっかりアイゼン歩行の魅力に取り付いている自分がいました。
もしかしたらスキーよりおもしろいかもしれません。
スキーは足が固められ、下りることしかできません。
しかし、アイゼンはありとあらゆる動作を可能にします。
人間の能力を超えた動作を可能にします。

しかし、慣れないことは余計な体力を消耗します。
アイゼンだけでなく、冬の装備を付けて山を登ることの厳しさも知りました。
新たに鍛えるべきことも知りました。

最近の山用のウェアは最高でした。
メリウールにゴアテックス。
8,000円もする下着も効果抜群でした。

私は日帰りで帰りましたが、他の方々は翌日山頂まで登りました。

夏の海からの富士登山、ロッククライミング、高所酸素取り入れ術、ロープワーク、アイゼン、と一通り習ってきました。
全くおもしろいです。人間の枠を広げますね。

-------------------------
次の機会には房総半島の横断記をお届けするかもしれません。
ST Rocker
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード