FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.115 「結構多彩な構成」

こんばんは。
結構寒くなりましたね。冬支度しないといけなくなりました。
さっき外に出ましたら、星がくっきり見えていました。
ここ房総半島は星がきれいなんですよ。
その理由は東京との間に海(東京湾)があるので"光害"から守られているからだと思っているんです。

一人多重録音って究極の夢ですよね。
ポール・マッカートニーはアルバム"McCartney"や"McCartney Ⅱ"で完全に一人多重録音をやりました。最近デジタルリマスター版が出ました。
2004年かな、加山雄三さんも"All by myself"という一人多重録音のCDを出しました。
これら魅力満載です。

ビートルズの曲を一人多重録音でやるっていうのも当然興味深いことです。
数日前にマサジョンさんのブログで"This Boy"の一人多重録音の動画が紹介されていて、とてもよかったです。
This Boyは映画"A Hard Day's Night"(邦題:ビートルズがやって来る ヤァ ヤァ ヤァ!)で川縁をしょぼんと歩くリンゴ・スターのバックに流れる12/8拍子の名曲です。ジョン・レノンが主体になって作りました。

動画ではパートの数だけ姿が映るのです。
驚いたのはパートの多さです。特にボーカルが多いです。
主旋律は3人(つまりジョン、ポール、ジョージ)。これもびっくり(ジョージも歌ってたんだ)。
さらにびっくりは、コーラスが5パートも。"Because"のはしりのようでもあります。
とにかくボーカル関係がすごく音をたくさん使っているのです。
楽器はそれほど多くはありませんが、これまで聴き取れていない音がありました。

私は若い時から、稚拙な方法ではありますが、自分の声やギターをラジカセに録音して一人多重唱(奏)のマネごとをしたり、ビートルズの片チャンネルをつぶして自分の歌やピアノを入れるなんて遊びをやったりしていました。
けど、それはビートルズのパートのほんの一部でしかありません。
ビートルズの全てを完コピして一人多重録音をやるのは大変そうです。
でもそれだけやり甲斐があるでしょうね。

それにしても、1964年、彼らがまだ23~21才くらいでよくあんな名曲ができましたねえ。
拍手!
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ミルス・ブラザース

ST Rockerさん、今晩は。

多重録音ビートルズは、私の羨望です。
マサジョン氏ブログ訪問してみました、大変素敵なディス・ボーイが掲載されており、懐かしく胸キュンな一人コーラス堪能出来ました。

そうなんですよね、後年の`Because`は此の曲がなければ、「 どうしてミルス・ブラザースなの?」ナンテ、彼等らしくない印象持ち違和感感じたかもしれません。

Re: ミルス・ブラザース

take10nさん
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
take10nさんも一人多重録音を目指されているわけですね。
ビートルズが若い頃から厚いコーラスをやっていたのは驚きです。
早くもPlease Please Meから素晴らしいコーラスが聴けますものね。
ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード