FC2ブログ

心理学の出番か

こんばんは。
随分寒くなってきました。

このブログで1日1テーマ書くことを義務付けていることは、自分的には結構よいことだと思っています。
とにかく何かを考え出さないといけないのですから、プレッシャーですけど、「自分は何をどうしたいのだ?」と自問自答するうちに、自然と書くことが湧いてくるから不思議なものです。

どうせなら、自分がこれからやりたいライフワークに沿って書いて行き、それをそのまま仕事に持ち込めればラッキー、と思ってやってます。
この作業自体訓練にもなりますしね。

朝の電車の中とか、仕事のちょっとした合い間とかに考え、昼休みに一気に書き下ろすのが最近の日課です。
ファイルをメモリースティックに落とし、帰宅してからブログにアップするわけです。

ニュートリノの速度が光速より速いという再実験結果が出ました。
いよいよおもしろくなってきました。
もしこれが事実だとすると、我々の見えている光とか物質はこの世の一部でしかないかもしれない。
その謎が少しでも垣間見えれば幸いであります。

さて、自分のこれからのライフワークを一言で言え、と問われたら「人々を幸せにし国力を増す」ための方法を提供する、となります。
そのために様々な観点から考えているわけです。
このブログを本格的に始めて1年半、考えてきて思うことは、人の心理に関わることが世の中の動きの大きな部分を占めているだろう、ということです。
国全体がどのような方向に進み、人々は何をどうして働き暮らしていくか、については戦略とか行動指針が重要です。
でもそれだけでは全く不十分で、人々がどうそれを感じ、対人関係において心のエネルギーをどう使っていくのかが大変大きなファクターのように感じます。

この部分がうまく行かないと、人は大変大きな負のエネルギーを使います。
足の引っ張り合いとか、昨日も申しましたような過度で運命共同体の発想がないディベートなどが起きることがあります。
それらをいかに減らし、人々が幸せに一所懸命頑張るか。
それは、宗教であり、家庭の教育であり、学校の教育であり、個人の切磋琢磨であり、政治であろうと思います。

もちろんこれらは機能はしているのですが、どうも不十分です。
これだけ複雑な世の中になり、個人のレベルまで模索の状態だと、人々の心理もただならぬ混沌に陥りがちではないかと思います。
何か、マクロレベルで人々の心理をうまく助けることはできないのでしょうか。
一つは国中1つの宗教にするとか、社会主義とかが有効な手段なのでしょうけど、そういうわけにもいかないでしょうから、新しい研究対象だと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 考える
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード