FC2ブログ

二千円札が消えた謎

こんばんは。

ミレニアム記念として発行された2,000円札でしたが、あっという間に消え去ってしまいました。
今日はその謎に迫ります。

いきなりですが、私の意見は、「本当は2,000円札は重宝するはずである」です。
では、アメリカの例を見てみましょう。

私が以前アメリカにかなり行っていた頃、$20札はよく使いました。重宝でもありました。
夕飯などは大抵10数ドルでしたし、衣類でも何でもそんな価格が多かったです。
だから、$20札2枚くらいと、チップ用の$1札数枚、自動販売機用の¢25(クォーターダラー)硬貨数枚をポケットに突っ込んで出かけるわけです。
(アメリカ人は財布を使わない。)
そして、$50札を使う機会はかなり少なかったです。
アメリカではクレジット中心であり、高額紙幣は持ち歩く習慣が少ないですが、それにしても$50札がピッタシの買い物はほとんどなかったです。

欧米ではもともと十二進法だったためか、5とか10の区切りにそれほどこだわらず、合理的な紙幣・硬貨を作ったという背景もあるでしょう。

では日本ではどうか。
もし、物やサービスの値段が、5,000円以内にわりと均一に分布していて、例えば、1,800円の買い物も4,500円の買い物も同じような確率であるというなら、1,000円札と5,000円札で十分であり、2,000円札は不要でしょう。
しかし、実際には日本でもアメリカ同様1,000円台の物やサービスの値段がかなり多いように思います。
そして、感覚的には5,000円近辺の値段のものはあまりなく、1万円に近いものが現れ出す気がします。
もしこれが正しければ、5,000円札の存在はあまり意味がなく、1,000円札、2,000円札、1万円札というステップでお札が存在するのが合理的だと思います。

では、このことを統計学的、数学的な観点から考えてみましょう。
物やサービスの値段というのはどのようなステップで上がっていくのでしょうか。
(ここで言う「上がる」とは、物価が時間により上昇することではなく、コストや付加価値の増大に伴いどのように上がるか、です。ある瞬間の物やサービスの値段の分布とも言い換えられます。)
例えば、1,000円の次の段階は2,000円、そしてその次の段階は3,000円、そして4,000、5,000円、6,000円...のように、同じ差で階段状に上がることを「比例」または「線形」の上昇と言います。
グラフで描くと、真っ直ぐな直線で上がっていくわけです。

それに対し、一定の比率で上がっていく、例えば2倍ずつ上がっていく(1,000円、2,000円、4,000円、8,000円...のように)ことを「累乗」と言います。
グラフで描くと、弓なりに上昇します。後になればなるほど上昇カーブは上向きになります。(人口増加カーブのように)

物やサービスの値段の分布がどちらのパターンに属すかによって、適正なお札の種類は何であるかが決まると思います。
もし、線形に上がっていくならば、例えば1,000~2,000円の値段のものも8,000~9,000円の値段ものも似たような存在濃度となりますから、5,000円札の使用頻度が多く、5,000円札を設けるべきだと思います。
そして、2,000円札は紛らわしい存在となりますので、あまり意味がありません。

ところが、累乗のパターンですと、1,000~2,000円の値段の方が8,000~9,000円の値段の物より存在確率が高くなります。
1,000円が2,000円になるには2倍になる必要がありますが、8,000円が9,000円になるのは1.125倍であり一気に通り過ぎてしまうからです。
グラフを見ても、数字が小さい領域(1とか2)に存在確率が高いことがわかると思います。

値段に限らず、累乗に則って増える事柄や現象、例えば人口が増えることや預金の複利とか、は1とか2の数字が多くなります。
物やサービスの値段の分布がどうなのかは私にはすぐにはわかりませんが、どうも累乗の気がします。
アメリカで$20札がビッタシはまっていたこともそれを裏付けます。

日本は十進法の呪縛が強いのではないでしょうか。
5,000円はなんか価値の高いお札という感覚がありますが、いっそのこと廃止して、1,000円、2,000円、1万円でやったら合理的のような気がします。
足し算から掛け算へのマインドセットの転換、と言ってもよいかもしれません。
新しい世界が開ける可能性大です。
スポンサーサイト



テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

気になってこちらを見てます。

十分な理解はしていませんが、

2千から4千円の買い物をする場合は
2千円札を使ったほうが枚数は少なくてすみ
5千円以上の買い物をする場合は5千円札があったほうが枚数は少なくてすむ。
だけど価格の分布帯(あるいは買い物の嗜好)が2千円~4千円のほうが5千円~9千円よりも多いなら
少ない枚数で済ませるなら5千円札より2千円札があったほうが
出す枚数は少なくてよいな、

などと考えてたら
意外と楽しかったです。

私はせっかく入手した2千円札ですが
こんなにすぐ流通しなくなるとは思わず
眺めるまもなくすぐに使ってしまいました!

面白半分さん

おはようございます。
いやあ、こちらまで来ていただいたのは感激であります。
はい、おっしゃるように価格帯が実際に二千円札を使う方が便利になっている気がします。
この記事ではさらに、価格に限らず物事の現象は対数で効いてくるので、5以上の数よりも1や2の方がたくさん出てくるのではないか、という仮説も立てています。
実際どうなのか、一度解析してみるのもおもしろいかもしれませんね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード