FC2ブログ

日本人の強さ Part 1(いよいよ序章です)

こんばんは。
寒い師走がやってきましたけど、風邪などひかれていませんでしょうか?
しんどいしんどい1週間がようやく終わりました。

例の調べ物数千件は、コード化の手法および、先輩にも考え方を手伝っていただき、ほぼ終えることができました。
いろいろご心配いただいた方、本当にありがとうございました。
実感したのは、いくら省力化・合理化したとはいえ、生身の人間がハンドリングしうる事柄の数は500件くらがいいところのようです。
土日はまた仕事をしなくてはならず、来週からまた新たな困難にブチ当ります。
なんとかここまで来られたことに感謝し、できる限り体と精神を休めて英気を養いたいと思います。

さてさてこれから日本人の強みをじっくり考えていきます。
先日「日本人は特有の民族ではない、なのに非常に強いアイデンティティがある」と書きました。
ある本か新聞の記事を思い出しました。
全く任意に二人の日本人を抽出した場合、大体20数代遡ればほとんどの人が共通の先祖に行きつく、というものです(遺伝子の解析から証明されたそうです)。
世界中の人間は共通の「ミトコンドリアイヴ」を持っている、というのと意味が違います。

日本人共通の一人の先祖がいるというのではなく、皆お互いに何らかの形で血がつながっている、という意味です。
おそらくは、大陸などから祖先が移動してきたのが落ち着いて日本という枠組みができてからは、日本の中で混血がどんどん進んだのでしょう。
しかも、偏ることなくまんべんなく混ざったわけです。

これはすごいことです。
これこそが日本人のアイデンティティの源かもしれません。

日本人は歴史的にお互いのことを「同じもの」として考えてきたのです。
これに対し欧米ではお互いを「違うもの」として考えます。
欧米人にとって同胞は「血」ではなく「考え方」です。
ズバリ言うと、「AならばB」という論証をきちんと考えられる人を「アメリカ人」と定義します。
ですから、非合理な国是や考え方の国はやっつけますし、国内であっても考え方に合わない人には銃をもって防備します。

アメリカにとって日本人は何を考えているかわからない、でもとんでもなく優秀な品質の工業製品を生み出した。だから買わざるを得ない。
でも買い過ぎるとアメリカが破綻する。
それが日米半導体交渉でした。

今回の調べ物でまた日本人の強さを感じました。(仕事なので残念ながら内容は申せませんが。)

今日ちょっとだけヒントを言いますと、「お客様は神様です」がキーの一つですね。
日本人は顧客の要望をまずは丸呑みにする。そして解を出してしまうのです。
欧米人は「まずは自分が正しいはずだ」。
理屈が美しい方が勝つから、一握りの人間しか勝たない。でも勝ったものは大変美しい。

解析学的に言いますと、「モチベーション」と「ドライヴィングフォース」と「ベクトル」と「論理方式」と「評価方式」は何か、ですね。
スポンサーサイト



テーマ : 日本を正常な国に戻したい
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード