FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.20 「ライブの実力」

室内レコーディングとライブの乖離があまりないバンドの方が一般的には実力があると見なされる。
ならばビートルズは実力はあると言えるだろう。

よくモンキーズが口パクだったと言われるし、ベイシティーローラーズは一部の楽器を装置によりサポートしていたことがあった(記憶によれば確かそう)。しかし、ビートルズに限ってはアイドルとはいえそのようなことはなかったはずである。

正式デビュー前はドイツのハンブルグで毎日長時間ライブをやっていたというし、とにかく実戦スタイルでの演奏、時には作曲も、は得意であった。最初のLPであるPlease Please Meはほとんど全てバンドスタイルでの一発録りだったという。大したものだ。

東京公演ではやけに下手くそに聴こえるが、私の意見では、本当はうまく演奏していたが下手に聴こえたのだと思う。主な原因は武道館のPAの未熟。そしてギター2台が同じ機種で音に幅がなかったこと。さらには(ほとんど知られていないが)半音下げてチューニングしていたために張りがなかったので。あの時期はやる気がなかったということもあろう。

後期になると正式なライブというのはないが、ライブ仕立ての演奏はどれも大したものだ。特に69年1月30日のアップルビル屋上の演奏は、あの条件にしてはかなりな名演だ。
最近あれは「口パク」だったという意見の人もいるが、私はちゃんとやっていたと思う。実はあの映画、音と映像が合っていないところがある。私は驚きの発見をした。よかったら探してみてください。ヒントは、リードギターでチョーキングをする場面で、映像はそうなっていなく、チョーキングの動作がずれたところで映るからです。印象的なリードギターと言えば想像がつきませんか?

ちなみに、映画A Hard Day's Night、Helpは口パクがあります、というかほとんどがそうかもしれません。しかしこれらは仕方ないでしょう。実力のせいではなく映画ですからね。

スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ライブの実力

こんにちは。
いつも拝見させてもらっています。
コピーしているとライブの実力は
凄い事が実感します。
ルーフトップは最高ですね。
“レット・イット・ビー”の映像が
手に入ったら確認してみます。

ライブの実力

masajohnさん

いつも見ていただいてありがとうございます。
ルーフトップは本当に最高ですよね。
僕などの素人ですと、まずあの寒さと風だけでかじかんでほとんど弾けないと思います。

Let It Beの件、よろしくお願いします。

ライブの実力

こんいちは。
昨夜、“レット・イット・ビー”の映像がを入手して
ダイジェストでそれらしい場面をみましたが
わかりませんでした。
“アイブガッタフィーリング”か“ディグアポニー”
あたりでしょうか?

映像は良く無いのですが
昔のアナログな映画館の雰囲気が出ていました。

ライブの実力

masajohnさん、こんにちは。

早々にレットイットビーのご確認ありがとうございました!

ではですねー、正解を申し上げましょう。Get Backです。
映画で1回目のGet Backです。
ジョンがリードギター弾くところです。12フレットでチョーキングする場面の映像が音とずれているんです。リズムは合っているので一見だけではわからないんです。

これを見つけたきっかけは、友人が「映画ではジョンはあのチョーキングを5フレットあたりでやってるんだ。あの弾き方では音が出せないはずなんだけどなあ」と言うので、私が目をこらして見たら、すれていたというわけです。

私はこの映画、1985年頃にビデオテープで買いました(年がばれます)。一度、ルーフトップのノーカット版を映像で見てみたいものです。

ライブの実力

こんにちは。
正解ありがとうございます。
さっそく確認しました。
2回目の間奏のところでしょうか?
確かに何だか12フレから5フレあたりへと指の動きが
音の割りに指の動きが合ってないと感じました。
指摘がないとわかりませんね。
勉強になりました。
アルバムでコピーしていると、アレ、アレという箇所が多々
あることに気がついたりと面白いですね。
私は、初心者親父バンドをやっていてかなりの年です。
昭和33年であります。
これからもいろいろな記事をよろしくお願いします。

ライブの実力

masajohnさん

暑い中毎度ありがとうございます!
S33年。おっ近いですね。こちら32年です。
一応同年代ということにしておきましょう。

親父バンド、いいですね。応援しています。

ではお互い頑張りましょう。
今後ともよろしくお願いします。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード