FC2ブログ

よしっ、左右逆にしよう!

こんばんは。
かなり寒いですネ。
雪国の皆さんは結構な積雪ではないでしょうか。

今日はたっぷり2時間ウォーキングしてきました。
そしていつものように、iPod全曲をランダムモードにして、とにかくかかった曲は1つ1つちゃんと聴くのです。
我ながらいい方法だと思います。音楽の世界が広がりますよ。

とにかく全曲ですから、ロックもクラシックもジャズもシャンソンも唱歌も何でもあります。
実は私の最初の音楽との出会いはクラシックです。でも苦い思い出です。
母親にやらされたピアノとクラシックです。お暇な方は「技術系サラリーマンのビートルズ論」の第3章のピアノのところをご覧ください。

音楽なんて大嫌いで、外で虫捕りが大好きな男の子でしたが、クラシック音楽というのはちゃんとした人には素晴らしい音楽なんだろうな、と理解はしていました。
ある時、ロック音楽を知った時、3人とか4人の編成で音楽たりえることにすごく驚きました、子供ながらに。
少ないものの、音楽的要素を一応全て盛り込んだのがロックバンドかぁ、と感動したのでありました。
そして、ロック音楽なるものは、親や教師や権威からの押し付けでなく、若者の自発的行動と知り、一気にのめり込んだのでありました。

そして人生の中でもかなり大きな出会いの一つ。それがLet It Be。中学1年でありました。
ピアノというクラシック楽器がロックで使われている。しかもカッコよく。
これをもってクラシック苦手が氷解を始めるのです。
人が主体性をもって音を追究する。それがどんな音であろうとどんなジャンルであろうと、主体的に音を楽しみ始めた時点で音楽は始まると思うのです。

今日は歩き始めながらそんなことを考えていたんですが、では今日は「クラシックとポピュラーって一体何が違うのだろう」ということを考えてみたくなりました。
全曲ランダムモードですから、クラシックもポピュラーも無作為にどんどんかかります。

初めにお断りしますが、今日結論は出しません。思いついたことをまずはフリーに書かせていただきます。
まずですね、クラシックとポピュラーでは音の数と厚さが違い過ぎます。そして我が脳の処理の仕方がすごく違うのがよくわかります。
どう違うのかはわからないが、とにかく違うのです。
で、思ったことはですね、ポピュラーは音の数が少ない分だけ一つ一つの音を聴き易く「ああこんな演奏だ」とわかりやすいんですが、クラシックは音が多くて一つ一つは聴きづらく、全体の印象で聴いているな、という感覚の違いがわかりました。
喩えるならば、ポピュラーは「聞く」ですが、クラシックは「聴く」のようでした。
ウォーキングも半ばを過ぎるにつれ、ふと思い出したことがありました。
人間、いや全ての動物はそうなんでしょうけど、右耳から聴こえる情報は左脳(理論脳または言語脳)で処理し、左耳から聴こえる情報は右脳(感覚脳または芸術脳)で処理される、という有名な事実を思い出しました。
思わず両手をポンと打ち、「ようしこれはいい発想だぞ!」という直感が我が脳をヒットする。

ウォーキングの間15分くらい、右耳と左耳から聴こえる音をどう感じているかを自分なりに解析していたところ、突如興奮モードに。「すごい実験の機会が来た!」

そこで、ランダムモードをやめ、急遽普通モードに。
そして、ビートルズの初期のアルバム"With The Beatles"を聴くことにした。
この時期のビートルズのアルバムは、片チャンネルはボーカル、もう一方のチャンネルは楽器、というようなセパレートをしている。
こんな単純なセパレートをした理由の一つとしては、ビートルズの初期はモノラル中心の録音が主であり、その特徴を生かすべく、ステレオ録音においてもこんなセパレートにしたのだと。

まあ、それはともかくウォーキングしながらWith The Beatlesを聴いたら、思いがけない発見をした。
Moneyはボーカルがセンターから聴こえるほかは、その他全曲ボーカルは右チャンネルから聴こえる。
そして私は実験として、イヤホンを左右替えて聴いてみた。
すると...ですね、ジャ~ン。
右耳から聴こえるボーカルはちゃんと「言葉」として聴こえるのですが、イヤホン交換して左耳からボーカルを聴くとちょっと違うんですよ。
その違いは大きくはないんですが、左耳から聴くボーカルは「囁き」のように聴こえましたね、言葉ではなくて。

よく言われるのが、女性は言葉を感覚的に聴くので、右脳で処理する。だから左耳に囁くのが効果的だ、と。
そして、私は今日はWith The Beatesの各曲を聴きながら、ボーカルを左耳で聴いた場合は「囁き」のように聴こえることがわかりましたよ。

私はよくいろんな人から「あなたは考え過ぎですよ、もっと感覚的に生きてもいいのでは?」とよく言われます。
多分、左脳の方をより酷使しているのだろうと思います。

ならば、ようし、「iPodのイヤホンを左右替えて聴いてみるか!」。
ということで、やっとタイトルに辿り着きました。
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード