FC2ブログ

「悩み」についてちょっと一言

こんにちは。冷たい雨、結構降りますね。

芥川賞受賞田中慎也さんの会見、いやあおもしろかったですね。
田中さんといい、石原さんといい、型破りで、いいとか悪いとかを超えて存在意義はあると思います。
一見紳士的な言葉を交わす人でもそれが本音なのか策略なのかわからない場合も多い中、田中さんや石原さんの言葉は裏がなく、ある意味で大事なことを語っていると思います。

田中さんの言葉の中で印象深かったのは「人生を語る人は好きでない」ということです。
田中さんは就職もしないし友達もいないし人生設計もしていない。
そういう自分を好きではないのだけど、その時々の自分の感性を大事にしている。

一方石原さんは、若い時には迸る感情を小説に噴出させたが、その後政治という「バランス感覚のある」生き方をしている。
人生設計を語れる人、政治に携わっている人というのはどこか打算的なところがあり、時に弱者を排斥する傾向がある(一般論として)ので、素直に生きている田中さんから見れば許せないところがあるのではないでしょうか。

人間は大きく分けて石原型(人生を語る)と田中型(語らない)の2パターンに分かれると思います。
私などは本当は自分の個性に素直に行きまくる、すなわち田中型、で生きたいのですが、気が小さいためなかなかそうは行きません。
また、世の中田中型ばかりの人でも困りますのでマネジする人は必要です。
だからお互いに存在意義を認め尊重することが大事だと思います。
そしてそれらの発信のあり方の一つとして今回の石原さん、田中さんの発言であったと思います。

さて最近、ディベート型の会話が世の中で多く交わされるようになっています。
混乱の世の中ですので、ディベートがありがちなのは仕方ないですが、もっと根本的なことをしっかり考えることによりディベートは減らそう、というのが私の意見です。

現状で多くなってしまっているディベート。
政治で、職場で、交友で、そして家庭で、とさまざまな場面で繰り広げられています。
当然、相手の行い・考え方を非難し低評価し、間違いを指摘し、減点主義で、時に個人攻撃をも含みます。
当然、傷つき、思い悩むことが増えます。

私はもともと引っ込み思案の性格でしたので、小さい時から思い悩むことが多かったでした。
でも、今に至るまで様々な場面を通して「一所懸命に」悩んできまして、いつの間にか悩みに強い人間になってきたようです。
まだまだ理想の人間には程遠く、いろんな人に迷惑をかけており、死ぬまでに少しでも償えればと思っています。
そんな中、悩みに強くなった自分のノウハウを少しでもいろんな方々へお裾わけできれば、と考えています。
そんなですから、最近はよく悩みの相談を受けることも多くなりました。

悩みはさまざまであり、その解法もまたさまざまであります。
単なる心理学的カウンセリングのみならず、様々の学問や体系の総合で対処すべき、と私は考えています。
今日はとても詳しいことは申せませんので、基本的で大事なことのみそのさわりを申し上げます。

非常に深く悩んでいる人に共通する特徴があります。
それは、悩みの相手のことを少しもよく考えていないことにあります。
「相手が悪く、それがいやだ」ということです。
そして、相手が自分に与える好影響を一つも考えていないことにあります。

世の中には「悪の権化」みたいな人がたまにいますが、そんなのは1万人に一人くらいでしょう。
悩みの相手を微塵もよく思わないと、その相手にもそれが必ず伝わります。
すると相手も余計にその人を攻撃することになります。

前にこのブログでも書きましたように、上司だろうが部下だろうが、友人だろうが、伴侶だろうが、全ての人に対する物の言い方や思うことを「ポジティブな言葉」で表現するようにします。不思議なことに、いやなことでもポジティブな言葉でも語れるのです。
今日は要点のみ書かせていただきますと、次のようになります。

悩んでいる相手がいる場合、大事なことは、
1)相手のよいところを5点挙げてみる。
2)相手のことは全てポジティブな言葉で語ってみる。
3)一度は相手の考えに沿って行動はしてみる。
4)自分の優れたところを一生懸命に示す。
5)どうしても耐えられないことは他人と共有する。

本当にいやな人は皆がそれを見ており、自然淘汰される運命にありますから、悪いところだけを見過ぎないことです。
自分にどうしてもできない所はきちんと線を引き、その中で相手のよさに沿って協力するくらいの気持ちになることです。
他人にはその人のよさも言うこともポイントですね。それが回り回って相手の人の耳に入り、好影響をもたらします。

人に悩みを打ち明け慰めてもらうのももちろん効果はありますけど、それは本質的解ではないのではないでしょうか。

私自身も昨年後半にかなり大きい人的悩みに陥りまして、もがくうちに上の結論になりました。
それはここ数十年私が築き上げてきたことと一致しています。

では、一緒に頑張ってまいりましょう。
スポンサーサイト



テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

訪問が遅くなりましたが・・
  
なるほど・・参考になります m(__)m
 

こんにちは

田中慎也さん、いまだに話題になっていますね。
本も読んだことがあるのですが
会見とは違い、丁寧で繊細な感じがしました。
結構シャイな人なのではないかと、勝手に想像しています。

私も若い頃は悩み多き乙女(?)でしたが
歳のせいでしょうか、自分自身の事で悩むことは少なくなりました。
歳を重ねるうちに、解決する手段を自然と身に着けてきたからではないかと思います。

今は一番身近にいる息子が、これからどんな事で悩み
解決していくのか、心配ですが、少し楽しみでもあります。
どんな悩みでも解決してくれると信じています。

人生苦あれば楽ありですものね^^

uriboさん

コメントありがとうございました。
返信遅れ失礼しました。
参考になりましたか?
uriboさんのブログをいつも拝見していますと、
いろんな方々に慕われているようですし、
私の方こそ、いつも学ばせていただいています。

はなきゃべつさん

コメントありがとうございました。
平日は単身赴任してまして、PCが使えませんため、返信遅れまして失礼しました。
田中さんの本も読まれているのですね。
ご自身の悩みは解決できていらしゃるのですね。
どのような方法で克服されているのか、興味あります。
今度機会があれば教えていただけますか。
息子さんがこれから悩んで行かれること、まさに大人へのステップでしょう。よくフォローしてあげてください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード