FC2ブログ

首都直下型M7級70%の真の意味

おはようございます。
ついに、無線でネットに飛ばす装置を買いましたので、いつでもどこでもネットを使えるようになりました。
この1ヶ月は不便だった一方、週末に記事を集中して書くのもメリハリがあっていいかな、とも思っていたところでした。
そして(あまり大きな声では言えませんが)、平日に更新をサボるよい口実だったのかもしれません(笑)。
これからもメリハリは大事にしながらなるべく多くの、そしていろんな角度から記事を書くように心がけます。

さて先日、東大地震研・地震予知研究センター長の平田さんが会見をされ、首都圏での大地震の確率が上がっていることを主張され、それを受けて1/23の読売新聞には「首都直下型M7級地震 4年以内に70%」という見出しの記事が載りました。

M(マグニチュード)7というのは東日本大震災の地震のM9に比べれば1/1000の規模ですが、大都市の直下で起これば阪神淡路大震災並みの甚大な被害が出ると考えられます。
ですから、この記事を読めば誰しも「4年以内に東京で阪神大震災と同じことが70%の確率で起こる」と思うでしょう。
ところが、どうもこの記事は正確ではなかったようなのです・・・。

昨日の「激論!クロスファイア」(BS朝日、10:00AM~)に平田氏が出演し、正しい内容を主張するとともに、地震学者の苦悩を語っていました。
それでですね、最も大きな誤解でしかも大事なのは、M7級が4年以内に70%が起こるのは東京ではなく、南関東全体(茨城南部から神奈川にかけての広い地域)だというのです!
南関東のどこかで4年以内に起こるのが70%だそうなんです。
ではなぜ読売はあんな記事になったのでしょうか。
平田氏の説明ははっきりしませんでした。新聞社側の勝手な解釈とは断言せず、「首都直下型」という用語は南関東全体を定義する場合もあるようなことも言っていました。

考え方の基本は、「南関東では最近100年の間にM7級地震が6回起きた」ことにあるそうです。
この頻度をベースとしながら、最近の東日本震災後の地震頻度増大から、今後の確率を上方修正したようです。

計算の仕方についての説明はなかったので、自分で考えてみます。

もし最近の地震頻発がなく、過去100年と同じペースでM7級が起こる場合を考えてみます。
1年間に南関東でM7級地震が起きる確率は6/100(6%)です。
4年以内に南関東のどこかでM7級が少なくとも1回起きる確率は下記の式になります。数Ⅰの確率の授業を思い出してください。
1-(0.94x0.94x0.94x0.94) = 0.219

すなわち約22%です。
もともと22%はあったのですね。

そして平田氏の計算ではこれが70%になったというのです。
上の式の計算結果が0.7になったのですから、逆算しますと、0.94を0.74に置き換えますと成立します。
つまり、今現在は南関東のどこかで1年間にM7級地震が起きる確率は26%ということになります。
100年間にM7級が26回起きる頻度です。

もちろんこんなに単純な計算ではないでしょうが、東日本後の地震の頻度は以前の5倍などと言われているのを聞きますので、当たらずとも遠からずでしょう。

東京の真下でM7級が4年以内に起こる確率は70%よりはずっと小さいはずですが、その数値はわかりません。
東京でなくても、人の住んでいる所の直下であれば建物全壊のような被害が当然出るでしょう。

いずれにしても、以前よりリスクが上がっているのは事実ですので、十分な対策を取る必要があります。
確率の意味を誤ると正しい行動ができませんので、地震研も関係各所も十分な理解とコミュニケーションを取る必要がありますね。

余談ですが、地震の規模を示すマグニチュードとある場所での揺れの程度を示す震度が一般にはよく理解されていない場合があります。
両方とも数字が似ているから余計でしょう。
マグニチュードは桁がどんどん上がって行くので、「対数」(簡単に言えば桁の数)で表します。
科学の世界では常套手段ですが、一般にはむしろ実数でマグニチュード100とかマグニチュード1000とか言った方がわかりやすいのではないでしょうか。
激論!クロスファイアの司会者・田原総一朗さんも、番組中最後までマグニチュードと震度の意味をごっちゃに使っていました。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

地震は来ないでほしい・・・当たり前の願い

関東大地震も、東京の被害が甚大であったので、
東京が震源地のように思っていたのですが、
小田原なんですよね。

阪神大震災以後、完全に日本列島全域、地震のタームに入ってしまい、恐ろしくてたまりません。

日本列島沈没と日本列島以外全部沈没と、どちらが悲劇か?
なんて時々考えます。

マグニチュードと震度の意味、ざっと、文章を読んだだけなので・・・・・・・・・チンプンです・・・・がまたゆっくり読んで賢くなろうと思います・・・・・私には無理と思いますが・・・・(@_@;)

そうですね!

宇宙人さん
コメントありがとうございました。
おっしゃる通り、ほんとに怖いですね。
日本沈没と日本列島以外全部沈没?
これは両方、別の意味で怖いですね!
マグニチュードと震度の関係、ちょっとだけ説明させてください。
震源の代わりに男が大地を揺らすのを想像してください。
マグニチュードが1上がるごとに男の体重が32倍になります。
マグニチュード8はマグニチュード7の32倍の男の大きさ、9は7の約1000倍の大きさです。
震度は、ある場所が揺れる大きさのことです。
関東大震災のマグニチュードは7.9、阪神大震災は7.3なので、関東の方が男が20倍くらい大きいので、阪神は地面の真下に男がいて、関東の場合は小田原にいたのです。
震度は両方とも7だったのです。
このように、マグニチュードの大きさとそれがどこで起きるかの両面が重要というわけです。

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード