FC2ブログ

科学の街つくばから (ネット開通第1報)

みなさまこんばんは。

つくばの単身赴任住居に戻りました。
ネット環境が整ったのでいつでも通信可能です。
ブログ記事はいつでも書けるのですが、最近の習慣で、週末に書くパワーが高まるリズムができてしまいまして、今まさにその勢いがありますので書いています。
記念すべきつくばからの発信第1報の意味もありますんで(笑)、ちょっとおつきあいください。

1ヶ月も住めば「住めば都」の初期段階にはなります。
千葉から利根川を越え、龍ヶ崎、牛久を過ぎ、つくばの並木道に入ると、「ああ帰ってきたな」と思うから不思議です。
その理由の一つは、私も研究畑出身ですので、科学の街つくばに何となく郷愁の想いがあるのかもしれません。
そこで、科学の話題一席をどうぞ。

少し前、どこかのブログでおもしろい記事がありました。
オリオン座(冬の代名詞の4角形と真ん中の3ツ星で有名)の4角のうちのどれかの星がまもなく超新星爆発を起こすと予想する学者がいる、とのこと。
いや、ほんとは「既に」爆発しているのだ、と。
「既に」というのは、もう爆発しているのだけど、地球にその姿が届くまで何年もかかるのでまだ見えていないだけだ、と。

超新星爆発というのは、星が最期を迎える時、ものすごい規模の爆発をし、周囲にすごい光を放ち、構成元素をすご勢いで撒き散らす、というものです。
これに伴う有名な話は、ノーベル賞受賞者小柴先生が、岐阜県の山奥の「スーパーカミオカンデ」という施設で、ある超新星爆発から発生したニュートリノという謎の粒子を世界で初めて実測したことです
ものすごい遠くの星の超新星爆発だったので、光もニュートリノも四方に広がったので、薄い濃度での大変な観測でした。

超新星爆発はどの星でも最期には必ず起こるのですが、その瞬間を実際に観測できるのはタイミングが合わないとできません。

オリオン座の場合、何がおもしろいかと言いますと、距離が地球に近いため、超新星爆発が起こると、地球から見れば太陽に匹敵する光を発する、のだと。
しかも、ある学者は「既に」それは起こっているのだが、その光が地球に達するためまだ時間がかかる、と。

科学ロマンとしてはとてもおもしろい話です。
しかし、少しでもアインシュタインの相対性理論を知っている方から見れば、上の話に疑問を感じる話です。

オリオン座の4角形のどれかの星がまもなく超新星爆発を起こすがどうかの真偽を私は知りません。
ここでは、それが事実だと仮定します。

上の論法で最大の過ちは、「その星が既に超新星爆発を起こしているかもしれないが、まだ地球では見えていないだけだ」という点です。
相対論では、光を最速の現象と定義し、時間と空間は一体であるとし、絶対時間なるものはなく、時間が光が運んでくれるものだ、と。

とにかく、あらゆる媒体にて光より早いものはないのですから、光が教えてくれるもの以外に事実確認の手段がありえないのです。
オリオン座のどこかで、本当は既に超新星爆発が起こっているはずだと、考えたところで、光以上に早く教えてくれる手段が一切ないのですから、光の到来をもって知る以外の「絶対時間」なるものは存在しません。

別の言い方をすれば、時間は「神」ではなく「物理量」である。
物事は「光」という有限の速さをもつものにより伝搬されるのだから、何事も光の授受により知り規定される。
だからそれを超えた絶対時間などありえないのだ、というのが相対論の本質です。

だから、もし光と同じ速さの乗り物が開発されたなら、それに乗って移動する人は時間の進みがゼロなのです。
時間とは絶対的なものではなく、相対的なものなのだ、と。
そしてそれを支配するのが「光こそこの世で最速なものなにだ」と。

これほど光の理解は重要なんですが、昨年のあの「ニュートリノは光より速いかもしれない」説。
そうなんです、大変なことですよね!!
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

光の速度の乗り物に乗ってみたいような気がしますが・・・・・。

こんばんは。
ネット環境が整われてよかったです♪


↑・・・文章は分りやすく書いてくださっていますが、
内容が・・・・
菊川令は東大時代、コンクリートの研究をされていたそうで、
「コンクリートは進化する」と、熱く語っていた時と同じく
チンプンです。


「もし光と同じ速さの乗り物が開発されたなら、それに乗って移動する人は時間の進みがゼロなのです」

であるなら、その乗り物に乗ると、年を取らなくなるのでしょうか。
乗ってみたいような・・・みたくないような・・・・。
メリル・ストリープの映画「永遠に美しく」を思い出しました。
いくつになっても、年を取らず、何百歳になっても、死ぬことが出来ないというブラックユーモア映画でした(笑)

No title

宇宙人さん
またまた素晴らしいコメントをありがとうございました。
宇宙人さんはなかなかユニークな着眼点をお持ちのようでうね。
これって、科学者のロマンと同じだと思います。
光の速さと同じで旅行したら・・・・。
はい、確かに時間が進まないので年を取りません。
そのかわり、一切の物の動きが凍結されるので、何も生きている実感がないでしょう。
それよりは、光の速さに大分近づいた速さで旅行して地球に戻るといいですよ。自分は1歳しか年を取らないのに、地球の人は10歳も年を取っていた、とか。
それとは別の意味で不老不死の生物学的研究もあり、おもしろいですね。
菊川さんの話もおもしろそうですね。
興味深い話題をありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。
ネットの環境が整ったんですね、おめでとうございます!

光のお話を読ませて頂きました。
とても興味深く、何度も読み返してしまいました。

これからも面白いお話を楽しみにしています(´∀`)

No title

りりーさん
こんばんは。
そのように言っていただけると本当にうれしいですね。
ブロガー冥利に尽きます。
もしお時間あれば、カテゴリ欄の「科学」をクリックいただくと、過去の科学の記事がありますよ。
光のことはじめいろんなおもしろいお話を載せてあります。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード