FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.121 「これぞ我がロック'ン'ルーツ」

こんばんは。
みなさまは今日はよいバレンタインデーを過ごされましたでしょうか?

私のロック音楽への興味としましては、つい最近までは超ハイトーンを狙うことでして、
具体的にはポール・マッカートニーの声域、さらにはロバート・プラントの声域を狙ってきました。
音楽的には自分の年齢には自覚が全くなく、まるで10代や20代の方々と同じ興味だったと思います。

ところが最近、カラオケバーなどで仲間と楽しむ機会が増えましたのと、
演歌のよさがわかるようになったりしまして、
年相応の40代、50代的な低音で歌うことの楽しさも覚え、そしてそれが結構ウけたりするもんですから、
本人も気をよくして、そっちの路線も開拓しているわけです。

特に、カナダからの手紙の平尾さんのパートを覚えてから、その系統のハモりの魅力にとりつかれました。

先日、演歌のデュエット曲のベスト16というのをTSUTAYAで借りました。
するとほとんどはハモりはなしで、男女が交互に歌うのや、一緒に歌うとしてもオクターヴがほとんどでした。
唯一「アマン」という曲が瞬間的にハモりましたが、女性の方が難しいパートです。
そうか、演歌というのはハモる習慣がないのかも、ですね。

ハモりとなるとやはり歌謡曲ですかね。
洋楽ではデュエットハモりが一杯ありそうでして、カーペンターズはよい例です。ただ、ちょっと難しいですけどね。
日本の歌謡曲でデュエットものでハモりのあるのを探してみましょう。
デュエットではないですが、「ダンシングオールナイト」もハモるにはいいです。

さてさて、ビートルズの話をしなくては。
ビートルズがEMIとして正式デビューする前に、トニー・シェリダンという歌手と一緒に活動していました。
下記のYouTubeは"Cry For a Shadow"というインストュルメンタルナンバーです。1961年6月の録音です。
だからトニーは歌っていません。
リンゴが入る前のピート・ベストがドラマーです。
この曲はジョンとジョージの共作という珍しいものです。

http://www.youtube.com/watch?v=l9FacSNRBHk

皆さんに質問ですが、この曲をカッコいいと思いますか?
私はとてもカッコいいと思います。
最初にこの曲を聴いた10代の時と同じ躍動感を覚えます。

私より1回り上の世代はよく1950年代の音楽(例えばポール・アンカ)を好まれる方がいますが、私は50年代はちょっとだけ古臭く思ってしまいます。
同様に若い方々はCry For a Shadowを古臭く感じるのでしょうか? それとも??

Cry For a Shadowは(私に言わせれば)斬新なサウンドが聴けます。
このサウンドが私のロック魂のルーツかもしれません。
皆さんのルーツは何でしょうか?
スポンサーサイト



テーマ : ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは★
先日はコメントをありがとうございました^^

昨日のバレンタインディですが
我が家では、毎年軽くスルーです!

私は、40代が近づいた頃に演歌の良さが
わかりました。
特に八代亜紀さんの舟歌。。。
アマン♪存じ上げております^^

ST Rockerさんは、5唄がお上手なんでしょうね♪

No title

めぐさん
こんばんは。
いえいえ、どういたしまして。
めぐさんこそコメントありがとうございました。
バレンタインはお宅ではスルーですね。
めぐさんも演歌を最近お好きになったのですね。
いいですよね、日本人の魂ですから。
「アマン」もいいですね。
僕は唄はうまくはないですが、地元の仲間とカラオケバーで過ごすひと時はいいですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード