FC2ブログ

読書の勧め

前々回記事での「20のやりたいこと」の中に読書を入れるかどうか迷いました。
読書はその昔は貪るように読んでおり、今でも多くの時間を読書に費やしています。
これからも続けようと思いますが、読書はごはんを食べるようなもので、日常不可欠のことですので、敢えて挙げませんでした。

30代の頃は、本を買ったり図書館で借りたりで、週に20冊くらいのペース、1年で1,000冊近く本を読んでいました。
(全てを精読するわけではなく、中には序章だけ読んでやめなんてのもありましたが・・・)
あの時に読んだ本の数々が、今あらゆることを考えるにあたっての血となり肉となっていることを自覚できます。

1980年代、90年代にはアメリカ式独創教育が(必要以上に)尊ばれた時期がありました。
日本のような詰め込み教育はいかん、というわけです。
しかしこの考えはその後軌道修正され、「独創はまず模倣から」という考えが日本で主流になりつつあります。
その通りだと思います。
徹底した模倣なしに独創的なことを考えるのはほぼ不可能です。
もちろん独創教育は必要ですが、模倣を押しのけてまでも独創を優先する必要はないと考えます。

読書によりもたらされる効果とは、新しい知識を吸収することの他に、著者の「考える軸」を学ぶことです。
魅力ある「もの書き」(つまり著述業)とは、新しい考える軸、すなわち「体系」、を創造することです。
その体系が世の中に与えるインパクトの大きさと斬新さが読者に興奮をもたらすのです。

なるべく多くの、しかも違う種類の、著者を選び、いろんな体系と知識を吸収し、自分に取り込んで行きます。
最初はアップアップしながら、そして時に拒絶しながらも、次第に自分のやり方を確立し吸収していく。
そしてある時、自分なりの体系が芽生えていくのを自覚できるのです。

あと、「丸ごと吸収する」というのも大事です。
エスキモーはアザラシを丸ごと食べる。
モンゴルの草原の人は山羊を丸ごと食べる。
新聞を丸ごと読む。
人を丸ごと愛す。
丸ごと吸収することにより、「いいとこ取り」でなく、その人(もの)の存在意義がわかるのです。

だから著述家(あるいは作家)の本は全部読むのがよいと思います。
20代、30代の人はまずは貪欲に吸収の時期だと思います。
50代は発信の時期だと考えています。
スポンサーサイト



テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

読書、大好きです。
が・・・最近はほとんど小説のみです。
広い知識を得たいとか・・あまり思わなくなってしまいました・・。
私が本を読むのが好きなのは
現実からの逃避かもしれません。
改めて「読書」の意義を考えようかな・・・。

No title

はなきゃべつさん
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!
小説読まれているんですね。
いいですね。
読書は頭の「米」みたいなものですから、絶対何かをもたらしてくれていると思うんですね。
はなきゃべつさんのお人柄を支える重要なエッセンスになっていることと思います。
これからも是非続けたらいかがでしょうか。

No title

読書は良いですね^^
ST Rockerさんのように難しい本は読めませんが・・
本を読むことは大好きです!
主に読むのはやっぱり小説です。。
それも推理小説が大好きで、シドニィ・シェルダン、西村京太郎・宮部みゆき辺りがいいです!
活字が苦痛じゃないので、本屋さんひとつ欲しいくらいです(笑)
良いですよね・・いつでも好きな本が読める環境は!
 
付け加えるとしたら・・マンガも大好きです^^;

No title

uriboさん
こんばんは。
uriboさんも読書好きなんですね。
素晴らしいことです。
推理小説も大分読まれているようですね。
生活が豊かになると思います。
是非続けてください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード