FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.122 「音の心臓部だけは昔と同じ」

皆さまこんばんは。
寒さもちょっとひと段落ですね。

このところ我ながら気合いのこもった記事を立て続けに書いたので、今日はちょっと息抜きです。
ビートルズ関係のタイトルを標榜しているブログなのに、最近ビートルズの記事が少ないので怒られそうですので、今日は久々のCBB(Coffee Break Beatles)です。

CBBのNo.100まではアイデアが毎回淀み出てすらすら書けたのですが、ビートルズに関する新しいネタを考え出すのが最近ちょっとしんどくなってきました(笑)。
これまでの121回のタイトルをずらっと眺めてみました。
自画自賛ですみませんが、よくここまで書いたものだと感心します。
でも、眺めていてもなかなか新しいネタが湧いてきません。
主なところはお話し尽くしたかもしれません。

CBBとは別に、音の構成の解析をやりまして、The Long and Winding Roadのベースパートを編曲する大きな仕事が残っています。
それはそれとして...。

では今日は技術の発達と楽器の関係を考えてみましょう。
私は一時期半導体向けの材料の開発に従事してきました。
PCや携帯などがここまで発展していることに一役買ったと自負しています。
でもそうしたエレクトロニクス製品の最新版を追うことに感心がないのです(材料屋としてウォッチすることは別)。
もう少し正確に言いますと、自分のやりたいことを成し遂げるためのPCの最低限の活用は進んでやるけど、最新の流行の道具や装置には興味なしです。
ただ、そのことが全く新しい価値観をもたらすなら別ですけどね。

音楽、とりわけバンドにまつわるエレクトロニクスもずいぶん進歩しました。
ただし1点だけ大昔(1940年代、50年代)から全く変わらない装置があります。
はい、ギターやベースのピックアップです。
古典電磁気学を利用したこの装置。全く変わりません。
極端な話、大昔のギターやベースがそのまま使えるのです。

他の技術もあるはずなのにな。
例えば、圧電素子とか、位置センサー、レーザーで弦の振動を検知するとか。
もっと言うと、弦はなくてもいい。
右手と左手の位置とタッチだけで音に変換することだって可能のはずだ。

でもやっぱり昔と同じ楽器がいい。
ボーカルも楽器も基本は変わらない。だから時代を超えた音楽が楽しめるのでしょうね。
でも、音楽を解析してそれを作曲にフィードバックするくらいはやってもいいかも、ですね。
スポンサーサイト



テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日は、お声をかけていただいてありがとうございます。
こちらへは、そういうわけでお寄りするようになったのですが、摘み読みさせていただいては(失礼i-229だって、こむずかしいんですものぉ)、フムフムとかヘッヘェ~とか唸らせていただいております。

こんな口を利きましても、生来臆病者なので、透き見だけさせていただいておりましたが、思い切ってご挨拶に罷り出でました。
これからも、どうぞよろしく。

pupuntaさん

こんばんは。
ようこそいらっしゃいました!
いろいろ書いてますけど、僕は何でもありのくだけた人間です。
思ったこと感じたこと何でも書いてくださればうれしいです。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

No title

個人的に
音の中でもギターとpianoの音色が
好きです♪
心地よく癒されるんです。。。。

ビートルズのギター音。
時は流れてもいつまでも色褪せない
魅力的な音色です★^^

めぐさん

こんばんは。
コメントありがとうございました。
ピアノとギターとビートルズがお好きですね。
うれしいです。
はい、確かに癒されます。
ピアノもギターも広い意味では弦楽器。
人間の声の出るメカニズムと似ていると言われています。
だから癒されるのかもしれませんね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード