FC2ブログ

あまり自分のスタイルにこだわらないで

こんばんは。
この土日は、茨城→埼玉→千葉→茨城という旅を車でしました。
東京含めこれらの県は住んだことありますので、東関東は制覇です。
神奈川、栃木、群馬にも機会あれば住んでみたいですね。

最近は高速でなく一般道もそれほどは混まなくなりましたし、首都高を端から端まで乗ると900円になったこともあって、今回は全部一般道を通りました。
埼玉→千葉は都内を通りました。
運転歴35年で、都内の運転は自信あります。
最近駐車違反摘発を外郭団体に委託している(例の黄色い帽子かぶったおじちゃん、おばちゃんたちです)ので、都内の駐車が大幅に減り、おかげで通過が随分早くなりました。
戸田橋→志村の坂→巣鴨→東大→神田明神→秋葉原→浅草→錦糸町→一之江→市川、と風情ある土地を疾走するのもいいもんです。

BSジャパン(テレ東系)の土曜夜の「デキビジ」という番組を愛好しています。
勝間和代さんが注目のビジネスマン/ウーマンにインタビューします。
昨日はたむらようこさんという女性の放送作家がゲストでした。
これがかなりおもしろかったです。
話の中心は、放送界は男中心で番組作りがされているが、いかに女性の立場から番組を作るか、あるいは一般的な意味で仕事をするか。
勝間さん、たむらさんが意気投合していたのが、NHKのかつての番組「プロジェクトX」は女性には全然おもしろくない、というものでした。

お二人の話をかいつまんで言うと大体次の通りです。
・プロジェクトXは何かの開発の話であり、男の友情とかがハイライトされているが、そんなことよりそれが何の役に立つのかの方が興味ある。
・男の友情より、その家族の話の方に興味がある。
・スペックには興味がない。

要するに男はロマンとか形にこだわるけど、本当の人の気持ちを推し量ったり、真に大切なことを考えるのが下手だ、と言いたいのだろうと思います。

ちなみにプロジェクトXというのは、偉大な事業とか商品の開発・実現に当たり、男のロマンで計画をするも現実は様々な障害があり挫折するのだが、夢を信じ仲間や関係者との絆による地道な努力や「信ずれば救われる」的な神通力で夢ついに実現する...ようなことを美談的に描いた番組でありました。
中島みゆきさんの名テーマ曲とも相まって感動的な名番組と言われていました。

私も大好きな番組でした。
ところが、女性には人気がなかったとは驚きです。(二人の話を聞く限りでは)
彼女ら曰く、あれは男の目線で作った番組だと。

私として、これまで様々な女性と話したことが走馬灯のように思い出されてきて、確かに女性は夢やロマンを実現させることよりも、現実に意味のあることの方を尊ぶ人が多いことはよく理解できました。

私などは、夢やロマンはもちろんのこと、さらには原理・原則とか新しい学問の体系とか、そういうのを提唱して実現させることに無性に喜びを感じます。
私は45歳くらいまでは、会話自体に喜びを見出すのは苦手でした。何かの開発テーマをネタに話すことだけが喜びを感じていたのです。
しかし、大事な人との交流や、地元の仲間たちとの交流が増えるにつれ、カラオケの飲み会などで、人を丸ごと受け入れることの大事さ、その場で与えている自分の力の大事さを学びました。

だから、原理原則や夢・ロマンを追い求めるのは男に多いし、現実の対人関係における大事なことを重視するのは女性に多いけど、それが男と女の決定的差だとは思えません。
お暇な方は、私のブログのカテゴリの「科学」をクリックいただき、2011-6-14の記事「男と女どっちが賢いか」をご覧ください。

一般的に男の特徴、女の特徴と言われてきたものは絶対的なものではない気がします。
現に、私のブロ友さんの女性でも、男性以上に男性っぽい趣味とアプローチをお持ちの方もいらっしゃいます。
この私も女性的なアプローチも最近になって獲得しています。
何かを犠牲にして獲得するのではなく、プラスなのです。ここが大事です。

食べ物でも飲み物でも考え方でも、何でもそうなんですが、
「自分はこのスタイルである」「自分は男だから、女だから」などという思い込みで、自分のスタイルを決めている人が結構多いと思うのですが、それはもったいないと思います。
人の能力や感性は無限大と思いますし、感性は「代替」ではなく「追加」です。
だから、素直に新しい物、自分にないものは取り入れた方がよい。これが今日の記事で言いたかったことです。

男性のみなさま、女性のみなさま、異性の考え方を取り入れてみませんか!
スポンサーサイト



テーマ : 物おもう
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

『プロジェクトX』は面白かったので、たまに観ていましたよ。
確かに、女性はリアルな対人関係の話題が多いと思います。
それが、たまに悪口に・・・。( ̄Д ̄;;
そんな会話が苦手な私は、やはり男性的なのでしょうね。
未だ会話自体に喜びを感じることができません。

そのうち私も、ST Rockerさんのように、他人を丸ごと受け入れることが出来るようになるでしょうか。。。
今は、お茶飲んでおしゃべりより、ギター弾いたり、読書したりしている方が、楽しいのです。(笑)

m20ritsuさん

こんばんは。
コメントありがとうございました!
m20ritsuさんはたしかに一般的には男性的な趣味とアプローチの部分sずいぶんお持ちだと思います。
でも、男か女かという以上に、僕はm20ritusuさんが頑張っていることが好きです。
思いっきり突き進んでください。
そしてそうしているうちにどこかで違う物の見方も見てあげてください。
応援してますね。

No title

私も人の能力や感性は無限大、感性は追加していくもので、
一般的に男の特徴、女の特徴と言われてきたものが、
絶対的なものではないと思います。
また、女性、男性としてみるのではなく、人としてみれば、
女性的な部分、男性的な部分をバランスよく持っている人が
魅力的だと思っています。
勝間さんと、たむらさんの、プロジェクトXが女性には全然
おもしろくないという意見は、その2人の意見であり、
その番組を見ていた女性が全員同じ意見であるとは思いません。
私は、自分の心のありかた、ものの見方を自由に自在にできたら
いいなあと願っています。

このはな桜さん

こんばんは。
コメントをいただきどうもありがとうございました。
一般に女性的、男性的と言われているものは絶対的なものではなく、個人に応じてそれらは自由に、そして適宜応分を個性的に持つべきものである、というご意見をいただき、とても勉強になりました。
どうかこの花桜さんもお力を最大限に発揮していただきたく、応援させていただきます。

No title

こんばんは^^
NHKの番組は好んで観ておりました。
私の感性は少し男性寄りかもしれません(汗)
若い頃からラーメン屋さんも独りで入っております。。。

女性的な感性をお持ちの男性に
魅力を感じることがあります。

性別を越えて感性を磨きたいですよね☆
人間の感性は∞^^
私もそう思います。

めぐさん

こんばんは。
コメントありがとうございました。
めぐさんはいわゆる男性的な部分が多いということですね。
ラーメン屋に独りでですね。いいですね。
冒険などはいかがですか?
感性は無限大。いいですね。
是非お互いにいろんな感性をどんどん培ってまいりましょう。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード