FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.124 「余裕の弾き語り」

こんにちは。
昨日はさいたま市の実家に行ってきました。父と姉がいます。
1920年(大正9年)生まれの父は92歳です。
関東大震災に遭い、太平洋戦争に参戦し、高度成長を支えたいわば昭和の生き証人です。
もともと専門は機械。ある企業でセールスエンジニアとして企業戦士として働いた人間です。
そして全くのアナログ人間です。

私の友人でも親が70代とか80代初めの親だと、ネットを見たりメールでやりとりできる人もいるようですが、うちの父の場合は全くできません。
ネット時代のすごさは感覚として知ってますが、実際ネットとは何なのか、を技術者である父はいつも私に質問します。
でも、パソコンとは、インターネットとは、ホームページとは、電子メールとは...を正確に答えるのは本当に難しいです。

父は、ファックスとか磁気テープとかテレビなどの仕組みは理解できます。
父の質問「そのホームページってのはどこにあるんだい?」
その「どこ」の意味するところは、テレビで言うところの「放送局」のようなものをイメージしているようです。
そしてホームページが非常に多くの多彩な情報を含んでいることが理解できないようです。
テレビだと、カメラの映像を変換するだけなのに、ホームページとやらは立体的かつ無定形の情報を含んでいる。

デジタル技術の際だっているところは、情報を一旦0か1の二進法にしてしまい、それをどこかに目いっぱい格納し、必要に応じていかようにも再現ま

たは発展させる点。
言わば、情報の次元まで制御していることが特徴的と言えるでしょう。そこが父には全く理解不可能なのでしょう。

我々の世代は、アナログ情報からデジタル情報が徐々に徐々に置き換わってきたので、完璧に理解できます。
でも今の若い人たちは生まれた時からデジタル情報なので、そのあたり理解できているのでしょうか。

父は、いつも理解が不完全なまま、結局最後には怒り出します。
「なんでそんなもんに今の連中は振り回されているんだ!? ビジネスは人と人のコミュニケーションで決まるものだ」と。
ネットの導入により世界が発展しているならまだしも、問題だらけの世の中。
自分たちが築き上げた日本の繁栄をぶち壊してくれたな、というのが父の本音なのでしょう。

前置きが長くなり過ぎました。
先週のパーティでのピアノ弾き語りの余韻がまだ覚めません。
改めてビートルズのピアノ曲っていいな、と思います。主にポールですけど。

ビートルズのAnthologyシリーズはお聴きになったことはありますか?
採用にならなかったテイクとかお遊びのテイクの特集です。
ビートルズの音楽的力量のすごさがわかります。

ポールのピアノの弾き語りも満載です。
やっぱりポールは余裕の弾き語りですね。
私ももっと練習してそうなりたい。

それにしても、Hey Judeのコード進行っていいですね。
特にサビがいいです。
B♭→Gm7→Cで、ベース音も1音ずつ降りて行く。
最高のセンスです。

これを彼女に聞かせると一発でコロっといっちゃいますよ。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード