FC2ブログ

風と共に去りぬ

みなさまこんばんは。
いつもおいでいただきありがとうございます。
まだまだかなり蒸し暑いですね。

例年は夏休みはフィジカル系でやや大きめなことをやるんですが、
今年はビジネス計画と文科系をやっています。
今日はつくばのマンションで映画の大作を1本観ました。
1939年のアメリカ映画「風と共に去りぬ」"Gone with The Wind"です。

映画といえば、学生時代は、授業が急になくなった日とか、バイトやサークルがない日はよく新宿で映画を観まくっていました。
最近忙しくてかなり映画から遠ざかっていました。
風と共に去りぬは今までちゃんと観たことがなくて、去年あたりにNHK BSでノーカット放映していたのを録画していました。
今日、やっと観る機会が訪れました。
音楽以外の芸術作品に触れるのも久しぶりでした。英語の勉強も兼ねてみました。

----------------------------
つくばのマンションでクーラーを効かせ、カーテンを閉め、座椅子にデンと座って、傍らに冷たいお茶を置き、この4時間強の大作を観ました。

1939年という大戦前の時代に今なお引け目のないスケールと映像の美しさの映画ができたこと自体驚きです。
やはりこの点に関してはアメリカに脱帽ですね。

この映画の見どころは、男と女がいろんな局面でどう考えどう対峙するのか、それを余すことなく伝えている点にあると思います。
まずは、主人公のスカーレット・オハラの通常の女性よりもかなりな個性的なキャラクターに対し、本人も含め関わる人がいかに翻弄されながらも進化していく点。
そして次に戦争という非常に困難で動的な環境と社会通念の変化。
これらが掛け算となって次々に降りかかる試練。そしてそれを乗り越えた愛。さらに安定しない愛。そしてさらに挑戦を続ける愛。

この映画には「理想的な人格」は一人も現れません。
皆一長一短あるキャラクターを人間臭く発展して行きます。
男性も、余裕ありそうで実は小心であったり。

描かれた人間模様は現代でも十分にありうることが満載です。
50代も半ばの私としては、さすがにどれもこれも身に染みいる人間模様でした。
すごいきれいな美談を描くのが目的ではなく、現実の世界を描くのが目的だったと感じます。
最後に美しいオチがあるわけでもありません。

与えられたオチを期待するのではなく、難しい局面で、人は自分のように考えない中、自分はどう考えなくてはいけないのか、を観客の方が考えるべきような映画でした。

おかげでよい夏休みの一編となりました。
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私は30年前に、翻訳版(3巻)映画を観る前に読みました。
今でも本棚にしまってあります。
スカーレットの激しいキャラクターがショックでした。
でもバイタリティーには驚きです。
私は今55歳ですが、家に来るアメリカ人(33歳)とフランス人(30歳)に最近買ったDVDを貸してあげたら、ちょっと退屈だったと言ったのでがっかりでした。

R.janvierさん

こんばんは。
コメントどうもありがとうございました。
30年前に翻訳本ですか。
お若い時に読まれるとより印象も強いことと思います。
女性の受ける印象も強いと思いますが、男性としても多いに考えさせられる作品です。
たしかに「退屈」というのはちょっと不思議ですね。

スマホより〜

拝見しました!

私が最も好きな映画についての素晴らしい記事を!!
スマホからはとても語り尽くせません。
ヴィヴィアン・リーの生まれからだと、
本気で信じていた時期があったくらいですから(^^;;
また改めて語り合いましょう!

ところで地震、そちらは大丈夫でしたか?
くれぐれも気をつけてお過ごし下さいね。


ももこさん

こんばんは。
こちらも読んでくださって、コメントいただけたなんて超うれしいです! しかもスマホから。
そしてなんて素敵でうれしいコメントでしょうか。

はい、是非もっと語り合いましょう!
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード