FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.132 「一人二重唱」

こんにちは。
ビートルズはハーモニーを全面に打ち出したバンドとして有名であり評価が高い。
シャウトするようなところでハモるロックバンドはよくあるが、主題部やサビ部を通しでハモりまくるのは珍しいかもしれない。

多くはジョン(低音部)とポール(高音部)の3度のハーモニーだが、もっと凝ったものや、ジョージやリンゴが複雑にからむハーモニーもある。
ジョンは低音部とは言っても十分に高い。たまにラまで出す。
ポールはかなりの高音であり、ラやシを余裕で出せないとポールのボーカルの真髄には迫れない。

私高校生の頃、ビートルズのハーモニーに憧れ、「一人二重唱」を試みた。
まず、ラジカセの録音機能にて、リズムギターを弾きながらジョンのパートを録音する。
そしてそれを再生しながら、ベースを演奏し(といってもギターをベースに模して演奏する)ながらポールのパートを歌う。
場合により、それを別のラジカセに録音する。

バカみたいな方法だけど、これって随分楽しめた。
演奏したのは次のような曲だった。

She Loves You
I Want to Hold Your Hand
From Me To You
Love Me Do
Please Please Me
If I Fell
All My Loving
I Feel Fine
Baby's in Black
Norwegian Wood
Day Tripper
Don't Let Me Down

まだまだ一杯あるけど、大体こんなところが得意だった。
あと、ハモりではないが、ギターの一人二重奏でAnd I Love Herなんかも演った。

Don't Let Me Downは当時はポールのパートを裏声で歌っていた。
今は出るようになった。

なんか、懐かしくて、またこの方法をやりたくなった。
今は歌はカラオケで歌うのが主である。
ビートルズの曲を一緒に歌うパートナーを見つけようかな。
デュエットものでのハモりも開拓しており、「カナダからの手紙」はマスターした。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード