FC2ブログ

集団智とは何だろうか?(サラリーマンの「脳」に見る)

みなさまこんばんは。
今日は茨城県南部では雷洪水注意報が出ただけあって、すごい雷と雨でした。
一部道路が冠水しました。
明日はまた酷暑とのこと。
嗚呼、一体涼しい秋はいつ来るのであろうか。

先日、「リーダーシップ機能が弱い日本は、植物のような戦略が取るのがよいのではないだろうか」と書きました。
結構確信に近いものもあるんですが、故意な誘導は避けて、いろんな人の意見を聞き、いろんなデータを集めて、じっくり考えていきたいと思います。

今日は少しゆったりと考えてみましょう。
「日本人は『集団智』に強い」と書きました。
植物のように、「脳」という明確なリーダーがいなくても、いやいないからこそ、最終的に優れた判断ができる。
サラリーマンの例で見てみましょう。

------------------------------
私は40になったら独立しようと若い時から考えていた。
でも、それからもうかれこれ15年も余計にサラリーマンにすがりついてしまっている。
「寄らば大樹の陰」とか「上役に適当におべんちゃらを使うだけでうまくやれば飯が食えるからいいじゃないか」と言われるサラリーマン。

確かに自営業に比べればはるかにリスクが少ないし、一定の給料が保証されている(最近はそうでもないが・・・)。
でも、サラリーマンも言われるほどラクでもないのだ。
専業主婦の方々とか、お子さん方は、一度オトーサンが会社でどんなに憔悴しているか、思いを馳せていただきたい。

では、一体何により憔悴しているのか?
答えようとするととても難しい。
とにかく毎日とんでもない課題の洪水に溺れ、人や顧客からの厳しい追及に耐え、絶望:やりがいの比が49:51だろうか。わずかにやりがいが勝り、どうにかこうにか1日が終わる。
週初には金曜の夕方を迎えられることなど想像さえできないのだ。
日本の会社のアウトプットは量、質ともに素晴らしい。

もちろん外国の会社も素晴らしいのだけど、少なくとも、外国の会社は「集団智」が優れている理由で素晴らしいとはあまり感じない。(違っていたら失礼)
外国の会社は、基本は個人の力量で支えられている。社員が会社の集団智のためにすごく切磋琢磨するなんて聞いたことがない。

日本の会社のある営業の人間がある顧客を訪問したとしよう。
その顧客が無理難題を付きつけた。
外国のサラリーマンなら即座に個人の意見を言うところだが、日本のサラリーマンは即答せず「早速弊社に持ち帰させていただき検討し回答いたします」となる。

そして持ち帰ってからが日本の会社のおかしくもすごいところだ。
早速会議を開く。
営業、技術、品質保証、製造技術、生産、知財等が集まり合議。
素晴らしい回答が生まれる。
ところが、社員一人一人を捕まえて、「あなたの考えは何ですか?」と訊いても誰も答えられない。
でも、プロジェクトチームは、部は、課は答えを出す。
そこの長がリーダーシップを発揮したのではない。
「集団智」なのである。

あたかも集団全体が一つの「脳」のようである。
あるいは、集団全体が一つの植物の単位のようである。
木や花や草に明確な司令塔がないように、日本の会社のリーダーは必ずしも明確ではない。
これが「集団智」と思われる。

集団智はあたかも一つの生き物のようだから、
他の集団に対しいつも生きるか死ぬかである。
だから、日本のサラリーマンは保証された集団の中でぬくぬくと生きているように見えて、
その集団は必至に生きているのだから、当然、その構成員は厳しい、というわけである。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ST Rockerさん、こんにちは♪

いつも温かいコメントを頂き、心より感謝しています(*^^*)

今月はお誕生月とのこと。おめでとうございます♪♪
ST Rockerさんの素晴らしい分析力、見解は、やっぱり
乙女座由来でしょうか(*^^*)?非科学的ですみません(笑)

空模様はいかがですか? こちらも雷が凄いです。
先月末(29日だったかな)は落雷で市内が一時停電しました。

植物のような戦略、とても興味深いです。
8月7日の記事も今一度、じっくりと読ませて頂きました。

私は専門的な事には疎いごく普通の主婦ですが、
植物脳(正確には脳があるのは動物ですけど・・・)と聞いて
ぱっと閃いたのが、昔観た映画『 おろしや国酔夢譚 』です。

そのなかで緒形拳さんが演じられた主役の大黒光太夫が、
まさに私の思う “ 植物脳 ” を持った人物です。
彼は一見地味で愚直な感じなのですが、言葉の通じない
しかも時代背景は18世紀末ですから、考え方も全く異なる
ロシア人の心まで確実に掴んでしまうんですよね(*^^*)

「 主張無しに物事を思い通りに運んでしまう奴だ 」と
ロシア人に言わせるシーンも確かあったと思います♪

光太夫みたいな指導者が日本のトップに立ってほしいと
以来ずっと思って来ましたが、現実では未だ登場しません(笑)

ST Rockerさんの記事がきっかけで、その事を思い出し
久しぶりに観たくなりました。WO●OWで放送されないかな♪

まーりたんさん

こんばんは。
すごく暖かいコメントいただき、とてもうれしいです。
はい、乙女座パワーですよね、私たちは。
私は正確には9日なんです。
映画『 おろしや国酔夢譚 』ですか。
勉強不足なので、初めて聞きましたけど、お話を聞くとすごくおもしろそうです。是非観てみたいですね。
植物脳ですか。
今日はとても蒸し暑かったです。
東京本社で出張でして、飲み会までありました。
明日もまたよい日でありますよう。

No title

おはようございます。

サラリーマンは気楽な稼業じゃございません(^_^;)
さぁ、今日も満員電車に揺られ残業です、トホ。。。

No title

ST Rockerさん
こんにちは(^^) いつもコメント
ありがとうございます

♪サラリーマンは気楽な稼業と来たもんだぁ~♪なんて
曲が昔ありましたよね(^^)
私も 34歳まで正社員で働いていましたけど 気楽だなんて
思った事はなかったですけどね(笑)

私は長い物には巻かれろ的なところも 派閥も 
好かれた物勝ちなんてところも嫌でしたけど
旦那さんは家族を守るために イヤな事も耐えて頑張って
くれているんですよね 感謝しなくてはいけないなと思いました
来月はお小遣いを少しアップしてあげようかな(笑)

リーダーシップ!

最近会社の社長になる人材がいないと数日前の某テレビ局で放送されていました
そのための人材育成は20代30代でしていかないとだめなようですね
社長を2300万円で公募して何百人の中から選ばれても1年で退職してしまったそうです
これから子育てするママには世界に通用するような子供をたくさん育ててほしいですね
ブログの内容とはかけ離れてしまっていますか~e-351
すいません
これからもよろしくお願いします

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
コメントどうもありがとうございました。
そふぃーおばさんさんは毎日お勤めなのですか。
しかも毎日満員電車で?
本当にお疲れさまです。
毎日自分を褒めて差し上げてください。

mon mamaさん

こんばんは。
いえいえ、いつもこちらこそお世話になってます。
mon mamaさんは結構長く会社員をやっておられたのですね。
しかも、結構気骨あるお仕事ぶりだったのではないですか。
はい、日本の会社員の方々は随分ご苦労をされていること、保証いたします。
お父さんに来月から少しお小遣いアップ。
なんか、自分のことのようにうれしいです。

新米ヘルパーさん

こんばんは。
ご無沙汰し失礼していましたが、お元気でしょうか。
貴重なご意見いただきありがとうございました。
私もその番組観ました。
実は一応ですね、今回の記事は、その番組とは反対の立場を取ります。
番組で取り上げたような強い一人のリーダーシップは日本は多いに苦手です。欧米はじめアジア諸外国はこの強いリーダーシップに国を挙げて相当力を入れていますので、日本は勝ち目がないだろう、というのが一応の私の意見です。
重要なことですので、安易に結論付けないで、様々のご意見を聞こうと思っていますので、新米ヘルパーさんのご意見はとても参考になりました。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。

No title

私のフランス人の先生に、なぜフランス人は長い休暇を取れるのか聞いたら、
自分のやりかけの仕事は、休暇が終わってから、自分が続ける、それぞれ分担があるんだ、
日本と違ってチームワークじゃないから、他の人に迷惑かけないんだと言っていました。

すみません、つまらないコメントで・・・。

R.janvierさん

こんにちは。
いえいえ、つまらないコメントだなんて、とんでもありません。
仕事の取り組み方に関する日本人との違いが象徴的に表れている事柄だと思います。
欧米はたいていそうだと思いますし、中国や新興アジア諸国も然りだと思います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード