FC2ブログ

金星、水星の謎

みなさまこんばんは。
まだまだ暑いですね。

宇宙のことに関心があられる方は多いようです。
先日、日本語では宇宙と一言で言いますが、英語ではuniverse(広大な宇宙)とspace(単に宇宙空間)を区別する、と書きました。
宇宙全体の大きさは137億光年もあるので、我が太陽系などは宇宙とも言えないほど小さいものです。
でもそれとて謎だらけです。

今日のお題は「金星、水星の謎」です。
-----------------------
我が太陽系の惑星は、太陽に近い順から「水金地火木土天海冥」と覚えました。
でも冥王星は数年前に一員から外されてしまいました。

生命が棲むには地球はあらゆる意味で最適の状態にあります。
ならば、お隣の惑星である火星と金星は、地球ほどではないにせよ、ある程度生命が棲むに近い環境かもしれない、と思うのは自然なことです。
事実火星は大気も四季もあり、かつては水も流れていて、生命がいた(いる)痕跡も見出されつつあります。
これから火星へ向けての有人飛行が行われようとしています。

では金星はどうでしょうか?
「宵の明星」、「明の明星」と古くから言われ、人々の心を癒す美しい星の代名詞である金星は、火星よりも地球のサイズに近く、昔から生命がいることが期待されていました。また、そこは優雅な世界であるような気がしていました。

ところがです、1980年代(多分)に初めて金星に軟着陸したソ連の探査機は驚くべきデータと写真を送ってきました。
一言で言うと金星は地獄の世界でした。
以下、科学的記述にはもしかしたら誤りがあるかもしれません。しかし概ね合っていると思います。

金星の大気はほどんどがCO2であり、温室効果が極限まで進んでいました。
太陽からの熱は籠って外に出ず、地表の温度は4百何十度であり、太陽に一番近い水星よりも暑いのです。
もうこれだけで生命など全く棲めません。

地表付近の大気圧は90気圧であり、地球の大気圧の90倍です。
よほど頑丈な物でないと押しつぶされて存在しえません。
空には硫酸の霧が存在します。

残念ながら、金星は人間にとって利用価値はほとんどないばかりか、訪れることさえできません。
上空の大気の流れは自転速度の何倍もの速さで回っており、これが大きな謎です。

では、水星はどうでしょうか?
太陽に最も近く、大きさが最も小さい惑星です。
地球から見ると太陽と似た方向にあるので、夜に見える位置が地平線近くに限られるので、最も観察が難しい惑星と言われています。
ただし、太陽の前を横切る時は黒い点として観測できます。
金星より暑くはないとは言っても昼間の温度は400℃近くあり、水星は全く生命が棲めず、同様に人間が訪れることはできません。
ただし、温室効果とか硫酸とかのすごいことはなく、たしか大気もなにもない月のような状況だと思います。
月のようなクレーターがあります。

水星に向けて探査機が近づくのは難しいようです。
太陽に近いため、探査機は太陽にものすごく引き寄せられます。
そんな中で重力の弱い水星に向け近づくのは至難の業です。
太陽からの電磁波や熱が強いのも難点です。

ですから水星の探査はまだごくわずかしか行われていません。
たしか、近くを通っただけで、着陸はまだしていないと思います。

水星の最大の謎は、公転周期が88日ですが、昼が88日続き、その後夜が88日続きます。
よって、水星で言う「1日」は水星で言う「2年」に相当します。頭が変になりそうでしょ?

考えてみたら、月は常に地球に向け同じ面だけ向けているのも非常に妙なことです。
水星は太陽の周りを1周する間に自分の「ある面」をゆっくりと全部見せ、次の1週で残りの面を見せるのです。
もちろん、少しずつ回るので、1週したらくるっと回るわけではありませんよ(笑)。

それにしても謎ですね、金星と水星は。
スポンサーサイト



テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは(^^)
今日は水星と金星のお話でしたが
いろいろご存知ですね(^^)
いつも感心しちゃいます
水星には近づくのが大変だとは
知りませんでした(+_+)
金星もそんなに熱いとは...

火星は こっそり移住が始まってるとか
なんかの番組で見た事がありますホント~??(笑)
第三の選択という番組だったかなぁ...本も持ってました
NASAの最初の発表の写真は空が青く?
写ってたのに 訂正されたのは赤茶けた
感じに変わってたというのが いまだに印象に残ってます(^^)
NASAは何かを隠してるんでしょうか~(笑)

mon mamaさん

こんばんは。
いつもお世話さまです。
暑いですね。
読んでいただきありがとうございました!
mon mamaさんこそよくご存知ではないですか。
そうですね、色の修正。思い出しました。
mon mamaさんが言ってくれなかったらずっと忘れてました。
確かに妙ですね。
火星の移住は現実味がありますよね。
映画「2001年宇宙の旅」はご覧になったことありますか?
いろんな意味でおもしろいですよ。

No title

こんばんは

また難しいお題で (泣)

昔は「宇宙」ってとってもロマンを感じましたが・・・今では研究され
ロマンがドーンと遠のいてしまっていますねえ

プラネタリウムが好きで ちっちゃい望遠鏡覗いてみたり
天文台へ行ったり 山のぼって満天の星見たりしましたが・・

太陽に近い水星と金星は 「そーなんですね」

ただ地球で言う「生命」は 他の星でもそーなんでしょうか?
もっと速く進化して もっと速く順応していれば
なんらかの「生命」はいるのではないかと 強く思っています


水星の公転周期ってすごいですね 考えられない事実ですね
こういう事をお話してくれる人 今までに私の周辺にはいませんでした
やっぱり 私は ラッキーですね

お気楽さとちんさん

毎度お世話さまです!
暖かいコメントいただきうれしいです。
さとちんさんも宇宙がお好きなようですね。
いろいろ行かれたり観察されたり、いいですね。
たしかにロマンはどんどん遠のきますね。
でも、新たな事実が出てきてかえって謎が深まるってことも多いですよ。
例えば、全宇宙を構成する物質のなんと96%は今の技術では観測できないんです。つまり、この世の大半は謎の物でできているのです。
ご興味もっていただきうれしいです。
こちらこそ、さとちんさんのようなお話は初めてでして、とってもラッキーに思います。

おはようございます

ST Rockerさん、博識でいらっしゃいますね!^^
素晴らしいです☆尊敬します☆

宇宙のことを考えると、とても神秘的な気持ちになります。
心の中に広がるロマンに包まれ、今日も頑張れそうです☆

ももこさん

こんにちは。
またまたコメントいただきうれしいです。
いやいや、博識なんてことないです。
でも、ご興味いただき元気が出られたと聞き、書いた甲斐がありました。
これからもいろいろ書いていきますので、よろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード