FC2ブログ

「何をやるか」と「どうやるか」(補足)

みなさまこんばんは。
ようやく秋の空気がニッポン列島を覆うようですね。
こちら関東はまだ真夏の空気ですが、いよいよ明日朝は爽やかな空気に包まれそうです。

昨日書きました記事は、とても大事なことだと思っています。
さらっと書いたので思い付きのようにも感じる方もいるかもしれませんが、
実は長年の私の個人的研究の集大成です。
30過ぎたころから1週間に本を20冊読んでいましたが、
そうしたことを一例として、これまで考えに考えまくった末の自説と捉えてください。

このような切り口を挙げている評論家も政党もまだ出会ったことがありません。
では、昨日の補足を少し。
--------------------
「何をやるか」と「どうやるか」を基本的に同じ人がやってきたのが我が日本の政治。
良くも悪くもそれが最大の特徴であって、そして少なくともこれまでは非常に大きな成果を挙げてきた。
我が国の強みとも言える。

そしてそれは自民党が官僚と組んでやることが象徴的であり、成果の中心だった。
つまり、「どうやるか」をしっかり見据えての「何をやるか」。
俗には根回し、陳情の世界である。
そこへ官僚の能力。

しかし時代が進むにつれ、癒着や既得権益という悪い部分が露呈してきてしまった。
そこへ颯爽と政権交代した民主党。
なかなか弁舌爽やかだし頭もよく勧善懲悪であり、人助けを断行するように見えた。
しかし、日本に根付いた政治のメカニズムを把握していなかった。
日本は「何をやるか」という理屈だけでは動かなかった。

では、この混迷を解決するにはどうしたらよいか。
まず入り口として基本的考えに大きな2つの選択がある。

1.アメリカ型のリーダーシップ明確型の国家中枢組織に改編する。
2.今の組織でよいが、問題点(癒着、無駄使い等)を直し、日本の強いもの(基本技術等)を伸ばす国策を打つ。

別の言葉で言うと、『「何をやるか」と「どうやるか」を基本的に同じ人がやること』を変えるのか変えないのか。
非常に非常に大事な問題である。(しかし誰も議論をしているのを聞いたことがない。)
この選択を間違えると大変困った方向へ行ってしまうだろう。

聞くにスマートなことだけで判断してはならないだろう。
ポイントは、リーダーシップ明確型組織がうまく回る歴史的土壌(政治家においても国民においても)があるかどうか、だ。

以上の背景があって昨日の記事の最後の方で書いたこととつながる。

もう一つ重要なことは国家元首と外交のリーダーは同じキャラクターである必要がない、ということだ。
本来「人類皆兄弟」であり、外国にも自分の国にも等しく愛を注いで同じように構えたいところだが、現実は外国にはしたたかに対峙しないといけない。
外国に対しては集団智というより強力なリーダーの方がいいかもしれない。
しかも辣腕で相手が嫌がるような弁舌の持ち主が。
スポンサーサイト



テーマ : 政治・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます

外交リーダーは やっぱり「白洲 次郎様」が・・・・
今の政治家 官僚に 白洲次郎さんのような人いますか???

お気楽さとちんさん

こんばんは。
まいどまいどお世話さまです。
私は白洲次郎をあまり知らないのですが、おっしゃるように理想の外交向きのような方だったようですね。
今の日本にはどうでしょうか。
分からず屋のような人がいいかもしれませんね。
石原さんや橋下さんも候補かもしれませんよ。(彼らのような部下泣かせの上司は外向きの仕事をやっていただくのがよい気がします。)
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード