FC2ブログ

男を骨抜きにする「小遣い制」(補足編)

みなさまこんばんは。
急に涼しくなりすぎましたね。
こんなに急に変わるのではなく、前々から徐々に変わってくれればいいのに。

昨日の小遣いの話はいろんなご意見ありがとうございました。
本当はタイトルの「男を」は余計でした。
言いたかったことは男も女も関係なく、大人は小遣い制のもとでは限られた発想しかできない、ということが言いたかったのです。

ちょっと補足いたしますね。
------------------------------
物事には必ず二面性があります。
小遣い制は大人にとってよくないとは言っても、日本人の集団智の一環として出てきた小遣いという制度は夫の優しさとか包容力の象徴などの意味もあります。

日本特有のしきたりのいろんなことを見回した時、私としては小遣い制は「看過ならない」(どっかの大臣の発言みたいですね)と思いました。
男の沽券とかそんなのではなく、これでは日本がだめになるかもしれない、と思いました。

子供には小遣い制があります。
なぜなら子供はお金の管理の仕方を知らないからです。
お金の生かし方を知らないからです。
子供のうちは徹底的に減点主義を叩き込んで、何としてもこれ以下しか使えないことを覚えさせなくてはいけないからです。

世の中および人々が成長するためには、
1.投資 2.リスクテイク 3.貯金 4.自分への投資 5.よいものを買う、食べる、行く 6.弱きを助け社会に貢献する 7.自分の責任を全うする
といったことができなくてはいけないと思います。

これらが小遣い制で成し遂げられるでしょうか?

私が言うのはカネの多い少ないではありません。
自己責任でおカネを得、使うことは人間の基本的尊厳の一つと考えます。
カネがほとんどなければないで有機的な生き方はできます。
少ないカネなら少ないなりに、多いカネなら多いなりに運用することが重要です。
主体的な考えでカネを使うことが重要です。

考えてみたらこれは人間として当たり前のことです。
日本人の強い集団智と両立すると思います。

話は変わりますが、小遣いが全く少ない中でどう喜びを見つけるか、という発想は今の私にはありませんが、かつてのもがきから相当な知恵がたまっています。
中でも秘策中の秘策は図書館の本を手当たり次第に読むことです。
「知の世界の興奮」は何物にも代えがたい喜びでした。
何をどのように考えるかの軸を自分の中に形成することができます。
著者を丸ごと飲み込み噛み砕くという手法も有効でした。
スポンサーサイト



テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。子供の小遣い=減点主義とは考えたことがありませんでした。私としては、己を知る為の1つのツールだったと思っています。それは、お金に執着の有無、計画性と忍耐。お小遣いを通じて、ある程度持って生まれた資質が分かってくると思うのです。親は私の様子を見ながら、問題ありそうな部分は修正しようとしましたが、概ね尊重してくれました。
ちなみにわが家は「逆お小遣い制」です。半期に一度くらい、ダンナに生活費(食費その他)を纏めて振り込んでもらっています。なぜなら、私自身お金の管理に自信がないからです。多分一度に貰うと、パーッと使っちゃって拙いな、と自覚がありましたので、お蔭様で何事もなく日々を過ごせております。

No title

ST Rockerさん
こんにちは(^^) いつもお世話になってます

世の中および人々が成長するための7項目
これすべてを実行できる人ってホントに珍しいというか
なかなか私の周りにはいらっしゃらないんですけど
ST Rockerさんは 実行されてるんですよね 素晴らしいです

うちの旦那さんはお金があるとパチンコ行ったり ゴルフ行ったり
家族の為に仕事だけは頑張ってくれて自分の責任は果たして
くれてますけど あとは...なので うちの旦那さんに限っては
子供と同じお小遣い制の方がいいような気がします(笑)

以前 やりくりが大変なので 家計を任せようかと思って
提案したんですけど 自分には無理と思ったようで断られた
というのもあるんですけどね(^^)

yuccalinaさん

こんにちは。
いつもおいでいただきありがとうございます。
コメントをいただきどうもありがとうございました。
子供小遣い制についておっしゃるような側面はたしかにあると思います。
ただ一方、「決して超えて使ってはならない」減点主義的な部分も確実にあると思います。人によりそれが必要な程度は違うと思いますが。
今回主張したい点は子供の小遣い性の意義ではないので、減点主義かどうかはあまり固執しません。子供は小遣い性は必要だけど、大人が大人らしく生きるには小遣い制は阻害要因がある、という主張です。
yuccalinaさんのご夫婦のようなやり方は多いに結構ではないかと思います。
ありがとうございました。

mon mamaさん

こんにちは。
涼しいですね。お元気ですか?
いやいや、こちらこそ毎日お世話になりっぱなしです。
なかなかわかりやすいようでわかりにくいような話題ですみません(笑)。
7か条なんですけど、まあ、私は全てできているというにはほど遠いです。
一応、頭には入れているのは事実ですけどね。
どうなりますやら。
素晴らしいご主人ではないですか。
どうか大事にされてください。
少し疲れるテーマでしたので(すみません)、今日はリラックスして、後でスポーツジムに行き、その後、市の温泉施設へ行きます。
よいお彼岸をお過ごしください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード