ギターの扱い・お手入れ

みなさまおはようございます。
とっても寒い朝です。
お元気でしょうか?

ギターの音がよいとおっしゃっていただいた方が少しいらっしゃいました。
自分では自覚していなかったのですが、一応、気を付けていることを書いてみます。

さあ、明日は相対性理論3回目(Eテレ23時)ですよ。お見逃しなく。
前回の再放送は明日朝5:30と昼12:25あたりからやるようです。
----------------
ギター本体自体は大したことはありません。
ネックの反りが起きないようにいつも気を付けます。
弦のネックからの高さが常にちょうどよくなるよう気を付け、チューニングしても音が合わなくなるようなことは避けます。

弦は最近開発された「もち」のよいタイプを選びます。
初期の音は従来の弦と同じですが、時間が経るにつれその味わいは増して行きます。



1曲弾くごとに乾いた布(タオルでもよい)で弦はじめ各部を拭います。
特に弦への手の油脂の付着は急速に弦を劣化させます。

チューニングは命。
できればハーモニックスを使って音の周期が一致する(ボヨ~ンと言わなくなる)まで頑張りましょう。

常に正しい音で鳴らしているとボディーの方もそれに合わせて呼吸してなじんでくる感じがします(あくまで感じですけど。)
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード