父性と母性

みなさまこんばんは。
今夜から天気がかなり悪くなり、そして金曜からすごい寒さになるようです。
気を付けましょう。

父性と母性の話を少ししてみましょう。
---------------------
男っぽい性格とか女っぽい性格とか言いますが、生物学的には必ずしも本質的に遺伝的に裏打ちされたものではないようです。
なぜなら、女性でも男っぽい人はいますし、男性でも女っぽい人がいます。
そして、アフリカのある部族では女性が狩をして男性が家を守る役割分担をします。
環境的な背景で男っぽいか女っぽいかの性格に分かれてくる部分もあるのではないでしょうか。

また、ある人の性格は一生どちらかであるとは限らず、ある年齢で変わったり、はたまた両方を備えることにもなってくるかもしれません。

一般には父性というのは厳しくて原理的なことを提唱すること、母性というのは優しくて現実的な解を組み立てること、ではないでしょうか?
(もしかしてかなり異論があるかもしれません。あくまで私の捉え方です。)

国や時代的や経済的背景で父と母の役割は結構違ってくると思われます。
また、前述したように、父が母親的になっても母が父親的になっても構わないし、生物学的にはそれも可能と思われます。
ですので、「父性」「母性」はあくまで歴史的に一般的にそう言っていたものと捉えてよいと思います。

そのいわゆる父性、母性は家庭の中のみならず職場で上司が部下を指導する時にも重要なファクターだと思います。
父性的な上司とは、部下の本質を見極めて何をどうやるべきかの道筋を与えること、母性的な上司とは、過度な残業をセーブしたり働きやすい環境を与えること、のように思います。
(繰り返しますが、ここで言う父、母とは理想の父、母という意味でなく、あくまでこれまで一般的だったものという意味です。)

これら上司の二面性は両方必要だと思います。
バブル期までの成長期においては、必ずしも二面が完全には必要なかったかもしれません。
なぜなら、どうやってもそれなりに業績は伸びたからです。

でも今や低成長。
何をどうやるか、部下と上司は正面を向きあい、あたかも親と子のごとく対峙しディスカッションしないといけません。
上司には父性、母性の両面が強く求められる時代になったと思います。

一人の上司が二面性を持っていればベストですけど、大抵はどちらかのタイプです。
これからの時代は上司が二人必要なのかもしれません。
しかもその人選は極めて重要ですね。

私の場合、両面持っている、と言いたいですが、果たしてどうか。
どちらかというと原理的なことを考えるのが得意です。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

長いことサラリーマンをやっているので
色々な上司と出会いましたが、その中で出会えてよかったと
思えるような尊敬できる上司って2人くらいかもしれません(^_^;)

こんなに長いサラリーマン生活の中で・・・です。

上に立つ人というのは上からも下からも色々な資質を
求められるので大変ですね。

厳しさも必要ですが人間的な温かみを持った人・・・つまり、
そこが父性と母性なのかもしれませんが、両面持った上司って
なかなかいないものです(^_^;)

そふぃーおばさんさん

おはようございます。
遅い時間にもかかわらずコメントありがとうございました。
長いサラリーマン生活の中で尊敬できる上司がお二人いらっしゃればよい方ではないでしょうか。
全然いない、という人も珍しくないかもしれません。
僕らの年代ですと、自分の上司からはガーっと言われ、自分の部下からは突き上げられる、という転換期的なところがありますよね。
新しい問題点は同時にビジネスチャンスと考えています。
そふぃーおばさんさんこそ理想の上司ではないでしょうか。

本能的ではないから

ST Rockerさん、こんにちは。

愛読してる池田清彦先生の本によれば、「母性でさえ本能ではなく、思い込みでなんとかなっているらしい」ので、男だからどーの、女だから、、、というのは成り立たないんでしょうね。ただ、何事もバランスが大事といいますが、ヨガの世界でも陰と陽のどちらも必要なのと一緒。(ちなみに、一応男が陽で、女が陰とされている様です)そして、バランスを取るために一番必要なのは、自分を客観視出来るかどうかだと私は思っています。それが出来て、自分がなんとかバランス取れてるなと思えたら、二面性を上手く保っているということなんじゃないでしょうか。


yuccalinaさん

こんばんは。
いつもおいでいただきありがとうございます。
貴重なコメントをいただきありがとうございました。
池田清彦先生はこれまで少しだけ拝見したことがある程度でまだあまり知りません。
興味深い見解をお持ちのようですので、機会あればもっと知ってみたいと思います。
yuccalinaさんのご意見では、バランス感覚ですね。
二面性は多分後天的なものであるので、バランス感覚の上で客観性を持って確立するということですね。
ありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード