FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.145 「初期の出色のハーモニー"If I Fell"」

みなさまこんばんは。
いよいよ選挙戦に突入し、何かと忙しい年末になってきました。
お元気でしょうか?

ビートルズ初期の名曲"If I Fell"を紹介します。

なお、明日は会社の泊まり込みの忘年会ですので、失礼します。
----------------------------
1962の終盤にデビュー、63年にまず国内で弾け、そして64年にハリケーンのごとくアメリカ上陸したビートルズ。
She Loves YouやI Want To Hold Your Handという爆弾曲を引っ提げての殴り込みだったが、すでにその時点でスタンダード的なバラードの名曲も出していた。
例えば、All My Loving、And I Love Her、This Boy、そして今日取り上げるIf I Fell。
こんな名曲をデビュー間もない若者たちが書けたことは驚きであった。

If I Fellは64年のアルバムA Hard Day's Nightに収められ、同名映画でも印象的に演奏された名曲である。
主題も副題(サビ)もこれでもかと迫るハーモニー。
She Loves You的な3度の応酬のハーモニーもいいけど、If I Fellのハーモニーはもう少し凝っている。

英語には"be fall in love with ***"という美しい表現があることを知り、子供ながらに感動していた。
そしてIf I Fellは仮定法過去だ。
中学か高校でさんざん習ったように、事実と異なる仮定をすること。
あの"If I were a bird, *******"(もし私が鳥だったら、大空を駆け巡りたい・・・・)と同じ用法である。
子供ながらに「大人の歌だな」と思った。

昔、日曜の朝10時頃から作曲家・黛敏郎さんが司会をする「題名のない音楽会」という番組があった。
ある日ビートルズ特集をしていた。
「ビートルズは、クラシックの作曲家では決して浮かばない発想で名曲を作った天才だった」ということで、その一例としてIf I Fellを取り上げていた。
ピアノで黛さんはIf I Fellを弾いた後、イントロのコード進行について「この半音ずつ下がるコード進行はとても不思議です。曲を作ったポール・マッカートニーという青年はきっとギターを持ちながら作曲したのでしょう。フレットを1つずつ下げながらコードを弾くうちに曲ができたのだと思います」と言っていた。
実際はこの部分を作ったのはポールではなくてジョンだ。
でもそれはそれとして、黛さんの想像は正しいと思う。
たしかに、ピアノに向かっているとコードよりも音階が浮かび、ギターに向かえばコードがより浮かんでくる。
(余談だが、黛さんは都内のある有名な場所の駐車場で偶然隣に居合わせたことがある。シトローエンに乗っておられた。)

イントロはとっても変わって不安定なコード進行だけど、主題が始まると安定したコード進行が始まるので、そのメリハリがとてもよいと思う。

それにしても名曲だ。


[VOON] 121206_007 (If I Fell (Harmony))

原曲はこちら
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

恋におちたら

ふてくされたリンゴに、話しかけるように歌い出すジョン、
ジョージやポールが、楽器を抱え、徐々に加わってくると、
一人淡々とドラムをセッティングしていたリンゴも叩き出す、
あの印象的な場面が、浮かんでくる、素敵な弾き語りですね。

黛さんの解説は、自分も見ていて、「そんな事までわかるのか」と、
やたらと父が感心するので、「ジョンはギターに決まってるよ」と、
中学生の自分は、何となく、カチンときていた記憶があります。

ギターマジシャンさん

こんばんは。
いつもありがとうございます!
ギターマジシャンさん、映画のシーンよく覚えておられますね。
僕もなんとなく思い出してきました。
映画ではビートルズ結構オープンコードで演奏していたのが印象に残っています。
黛さんの番組も覚えておられるとはうれしいです。お父さまとの会話もおもしろいですね。

No title

こんばんは♪

この曲も好きですね~(*^_^*)

前回の時も感心しましたが今回も見事にハモってますね♪
よく山下達郎さんが多重録音で一人アカペラされますが
ハモも自分の声だけでハモるので綺麗ですよね。

実は今夜はゴスペルの練習があって遅くなったんですが
コーラスの難しさを実感して帰ってきたところなので
余計羨ましく、そして凄いなぁと思いながら聴かせていただきました♪

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
とても遅い時間にありがとうございました。
お仕事が大変な上に音楽もとっても頑張っておられるそふぃーおばさんさん。尊敬してます。
毎回あまりにテキトーな録音なので、そのうちに怒られそうですよ(笑)。
でも楽しんでいただきうれしいです。
明日は泊り込みの忘年会なので、頑張って(何を?)きますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

12/7 7:17の鍵コメさん

おはようございます。
そうおっしゃっていただくとかなりうれしいです。
鍵コメさんも是非やられればいいのに。
コメントとてもうれしかったです。

12/7 23:16の鍵コメさん

おはようございます。
今、忘年会より蘇りました。
かなり気合の入った忘年会でした。
地震はおかげさまで大丈夫です。
ありがとうございました。

No title

この曲の複雑に絡み合うハーモニーは
素晴らしいですよね。
ジョンのパートの ~was in vaiってところが特に痺れます。



面白半分さん

おはようございます。今日は風が強いですね。
いつもありがとうございます!
in vainいいですね。
後半のここではポールの声が途切れてしまっていますね。
ジョンが一貫していぶし銀的ボーカルです。

ズレ!?

ST Rocker さん、コンニチワ。

日本でリリース時、モノラル・ドーナツ盤`And I love her`B面に入っていて、擦り切れる程聴き込んだお気に入りの曲で、譜面が無い為耳コピから当時未だ拙い演奏力駆使し?真似事をしていました。

後に、コンパクトLP(4曲)のステレオ盤聴いた際、二人のヴォーカル・イントロが合ってない為、モノラルとステレオの違いなのか?或いは別テイクだったのか?今だに不明ですけど、其のズレ!?を友人と共に模倣しましたが、低音パート音程に惑わされつつ難儀した事も思い出します。

そういう意味では多重コーラス楽しそうですね、私も「 ヤァヤァヤァ 」のシーン印象強く覚えていますけど、既に半世紀経過には驚きです。

take10nさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
いやあ、おもしろいお話ありがとうございまた!
take10nさんいろいろご存知ですし、随分演奏や歌われたようですね。今度是非お聴きしたいです。
はい、この曲ではイントロずれていますよね。なかなか妙味ですよね。
また、サビの部分ではポールのボーカルが息切れしているところがあり、一体ビートルズってどこまでがマジなのかって思いました。そこがまた魅力ですよね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード