FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.37 「メロディーメーカー」

この世のメロディーはもはや出尽くしてしまったと言われて久しい。
音階とリズムの組み合わせは無限にある、とは言っても、普通の人間が心地よいと感じるメロディーはそうはないはずだ。
奇妙奇天烈な音階とリズムを組み合わせたところで、それこそ1/fを大きく逸脱するだろうし、聴いてて心地よいはずもない。

ビートルズには駄作がないわけではないが、大半は耳に心地よいナイスメロディーである。
1960年代だからまだまだ未使用のメロディーがいっぱい余っていたというわけではないと思う。
既に古典から含めて音楽はかなり成熟していた。ビートルズがデビューする頃にも結構苦し紛れのメロディーを作っていたアーティストも見られた。

先日紹介したHow Do You Do Itという幻のビートルズのデビュー曲は、作った人には失礼だけど、いい曲ながら、やっとこさ作ったような印象を受ける。
よかった、あの曲でデビューしなくて。

かくいう私だけど、メロディーを生み出すって難しい。
心地よいメロディーってどうしても、どうやっても考え出せないのだ。
考えるとどうしてもHow Do You Do It的になってしまう。

よく最近の創造性の議論では、無から有は生まれない、だから模倣の積み重ねを繰り返すうち、いつの間にか創造が生まれるのだ、と。
あるいは、複数の座標軸が合わさった時に新しいものが生まれるのかもしれない。
自分らしい人生は単調な環境の先には生まれて来ないのと似ているかもしれない。

それにしてもどうやって生み出したのかなあ、あの美しいメロディーたち。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード