あいさつについて

みなさまこんばんは。
今日は一段と寒いですね。お元気ですか?
ここ最近音楽のことを集中して書きました。
自分は本来何屋さんだったか、だんだんわからなくなってきました(笑)

昨日本社のデスクで仕事をしていると、背後からいきなり営業の後輩から声がかかり、
「STさん、ロンドン遊びに行ってきました。これお土産。使ってください。」
短い旅程だったのでアビーロードの交差点には行けなかったそうです。
うれしいなあ!
Coaster

今日はあいさつ(挨拶)の話です。
前にも少しだけしたと思います。
今日は少し変わった角度からのあいさつの話です。
---------------------
私はどっちかというと体育会系なもんですから、あいさつをしないなどは全く考えられません。
あいさつをしなければバチが当たるような感覚を昔から自然に身につけてきました。

たまにあいさつをしない人がいます。あるいはあいさつをしても返事をしてくれない人がいます。
そういう時ってすごく損をした気持ちになりますね。
あいさつをあまりしない人はさすがに人があまり寄ってこないことが多いです。

一方私は、こういうようなあいさつをしないような人たちと仲良くなるのが結構得意です。
普通は、あいさつをしないようなすごい基本的問題点がある場合は、そこがバリアとなってなかなか中へ入って行きにくいからです。
でも、そのバリアを取っ払ってしまうと、あいさつをしない人は結構おもしろい考えを持っている場合が多い気がします。

ここでは、あいさつをしない、あるいはあまりしないことの是非を問うのではなくて、私が知り合ったあいさつをあまりしない人の例を2ケースご紹介します。
さらには、それを紹介したからどうなんだ、ということですが、それに関しても結論は出しません。一種の問題提起と捉えてください。

一人目は前の会社の上司です。
当時私が34才くらい、上司は51才くらいでした。上司は部長級でした。
非常に優秀な人なのですが、陰気くさいし、部下は苦しむし、あいさつにもほとんど返事をしてくれないということで、皆あまり好きではありませんでした。
ところが私が彼の部下となって話し始めると、なかなかの人であることがわかりました。
いろんな基礎的能力や遊びに長けていました。
彼はよく私に言いました「ST君、ものごと『やろう』と思ったらたいていのことはできるよ」と。
私はその考えに多いに感化され現在に至っています。

ある時あいさつの話題になりました。
そして次に彼が言った言葉に耳を疑いました。「あいつはあいさつをしやがらないんだよ。またあのやつもしないんだよ。あいさつをするかどうかで人が見ていることも知らないで。」
私は心の中で言いました。「あれっ、あいさつをしないのはあんたの方じゃないの!?」
どうやら次のようなことらしいです。
あいさつは力関係が下の方がするものである。そして力が上の人間は返事などしなくてもいいのだ。

お次の方は、どこの人と言ってしまうのは問題ですので、単に「私より少し上の人」と言っておきましょう。
この方もやはり非常に優秀です。
驕ったところは全然ありませんが、お付き合いが狭く、自分の世界に閉じこもりがちです。
彼は、あいさつを自分から快活にすることがあまりなく、他人からのあいさつに返事をしないこともよくあります。

そしてある時あいさつの話になりました。
彼はこんなことを言いました「あの人のあいさつってドスが効いていて返事しにくいんだ。そしてあの人はなんか妙なあいさつだからあれも返事しにくい」と。
私は言いました「僕はですね、体育会系ですから人のあいさつがドスが効いているとかどうこうはあまり感じませんねえ。それよりあいさつをしなければバチが当たりそうで。」
すると彼は「そういう意味じゃ僕は体育会系では全然ないからそういう発想ってなかったよ」

どうですか?
わずか二人であいさつしない人の全体を結論付けはもちろんできないですけど、
あいさつをしない人こそあいさつのことを考えていたことを知り、なんとも不思議な気がしました。

一方、欧米の人たちはあいさつをしない人はほとんどいません。
しかしだからと言って彼らの方がフレンドリーな人種かと言ったらそんなことはないと思います。
英語や欧系の言葉は、あいさつがもう言葉の一部みたいになっているのだと思います。
もしあいさつの言葉を言わないとしたら、それはもうあからさまな反意を示していると言ってもいいのではないでしょうか。

日本の場合、育った環境であいさつに対する考えが少し違っていることで、場合により問題が起きるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。お寒うございます。
はい、そうなんですよ。
おっしゃるように大事ですし、すごいですよね。
ありがとうございました。

No title

こんばんは♪

嬉しいお土産ですね。
きっとST Rockerさんを思い浮かべながら
買われたんでしょうね(*^_^*)

挨拶ですが、組織の中ではエライ人ほど
挨拶してくれない人が多いですね。
自分からするなんてことはないようです(^_^;)
でも、自分からはしないまでも相手からされたら、
きちんと返すのが礼儀だし、人間関係構築していく上で
「基本のき」だと思いますけどね(^_^;)

No title

気分があまり良くない日でも、にっこり明るく挨拶するんだ、フランス人は挨拶を大事にするんだ、と私のフランス人の先生は言っていました。元気じゃなくても“元気だよ”って言わなくてはいけないんですよね。

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
相当寒いですが、お元気でしょうか?
はい、もらった瞬間は相当うれしかったですよ。
あいさつをしない偉い人が多いですか?
二人並んでいる時に片方だけに挨拶したら、えらいいやがられるでしょうね(笑)。
あいさつをしない人ほどこだわりがあるような気がしますよ。
僕などは、あいさつをしない若い人には体育会のノリで太い声で「おはよう!」と声をかけたりします。

ReikoJanvierさん

こんばんは。
僕はフランス人はあまり知りませんが、おそらくアメリカ人やドイツ人と共通するものも多いのでしょう。
記事本文でも書きましたが、欧米系のあいさつは多分に"must"的なものがあるのでしょう。Mustのよさもありますよね。

若いころ

ぼくは、写真家のアシスタントとして社会人をスタートしたんですが、その師匠が、すっごく挨拶に厳しい人で、初日に、お前の挨拶はなってないと怒鳴られました(苦笑)。二十代前半の若造でしたからねえ。それから、奴隷的薄給に耐えながら4年ほど絞られたので、ぼくも、挨拶は体育会系です(笑)。なーんてことを思い出しながら読ませていただきました。

挨拶をしない人が、挨拶について考えてるって面白いですね。いや、むしろ当然なのかな? 考えがあってやってることだからこそ、仕事は出来る人達なんでしょう、おそらく(想像でしかないですけど)。

ところで、日本語って、おっしゃるとおり英語より挨拶が難しい言葉って気がしますね。

親しい友人に、「おはよう」って声をかけやすいけど、逆に「こんにちは」や「こんばんは」は、なんか、かしこまってる気がして変な感じ。

また目上やクライアントさんに「おはようございます」は、丁寧な雰囲気があって言いやすいですけど、「こんにちは」や、「こんばんは」は、今度逆に丁重さが少し削がれた感じがする(気にし過ぎでしょうけど)。

文化が違うと言われたらそれまでですけど、もうちょい、「ハロー」に近いニュアンスの挨拶語が、日本語にもあると便利だなと思いますね。

TERUさん

TERUさん こんばんは。
とっても寒いですね。お元気でしょうか。
コメント印象深く読ませていただきました。ありがとうございました。
TERUさん、写真家で社会人スタートだったのですね。
それは大変厳しい体育会的な環境であったことはお察しします。
僕らのような大企業ですと一応躾的教育はあるにしても、上役自身があいさつしない人が結構いましてね。一部には「あいさつしたら損」みたいな空気もあったんですよ。
あいさつに限らずですけど、人は本当に見掛けによらない、とつくづく思いました。
すごくオープンそうで人懐っこいように見えて実はすごく人を根にもつような人とか。
饒舌なんだけど実は陰にこもる人とか。
あるいは逆に暗いんだけど実はウォームハートの人とか、ですね。
僕は外資系企業2社を経験しましたので、欧米の人のあいさつに対する考え方って学びました。
おっしゃるように英語などではあいさつは定型になっておりまして、あまり悩む必要がないのが、ある意味便利ですね。
でも逆に、あまりバリエーションがないので、特別な感情を表すのは少し不便かもしれません。
そこで、日本語にももう少し定型があって、そしてその上でバリエーションがあるといいかもしれませんね。
日本も、余計なことに神経を使わなくて済むようにいろいろ考えてみたいですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード