FC2ブログ

常識を敢えて疑ってみる

こんばんは。
寒いですね。いよいよ今年も終わりに近づいてきました。

世の中の常識と思われていることに敢えて疑問を呈することもたまに必要です。
単にひねくれの精神ではなく、平素柔軟な考えをしていれば自ずと湧く疑問だと思います。
--------------------------
一般に常識と思われている事柄を取り上げ、それにつき自由な論旨を展開する。
なお、くれぐれも、私の意見を断定的に主張するものではない。
一石を投じているに過ぎない。

<人間が一番偉い>
人間はあらゆる生物の中の頂点に立っているというのは、あまりに常識的に考えられている。
ところが、人間は同じ過ちを周期的に繰り返すし、環境は破壊するし、他の生物との共生も時として成しえないこともある。
特異な能力を持っていることは事実だが、その向かうところ果たして全地球の、そして全宇宙の目指す方向と一致しているのか、そしてその能力は有効に活用されているのか。
そもそもこの宇宙に生物が存在する目的は何だろうか?
人間の遺伝子の数は確かに多い方だが、チンパンジーのわずか1%多いに過ぎず、ゾウリムシの10%多いに過ぎない。
人間よりも遺伝子の数の多い生き物も見つかっている。

<動物の方が植物より偉い>
動物は植物を利用することができるから、という理由でそう思われているのだろう。
少し前に「植物の戦略」という記事を書いた。
植物の考え方もなかなかしたたかだと思う。
植物の固体とは何かがはっきりしないし、脳ももたない。
「集団智」が得意な連中かもしれない。
日本人的と言えないだろうか。

<歳を取ると能力が低下する>
「日経バーチャルシンクタンク」というのがあり、米企業の傘下で新しい提言をする機関が最近できた。
当ブログで何度か取り上げたし、その発想はとてもよい。
でもその研究員は30代くらいの若手中心だ。
また、日本の企業でも欧米の影響か、若い人至上主義が主流である。
私はこれにちょっと疑問を感じる。
いや、よい能力を若いうちから登用しようとする姿勢はよい。でも全般に年寄りが能力が低くなるというのは間違いだと思う。
人間の細胞は無限には分裂しなくて、一定の回数で必ず死ぬようにプログラムされている。
年を取るに従い遺伝子は傷つきやすくなるし老化もする。
キャパ(例えば脳細胞の全体の数とか筋力の最大値)は確かに加齢とともに低下するのだが、人間は通常キャパよりもかなり小さい%でしか活用していない。だから、むしろ努力による能力アップの方が加齢によるキャパの低下よりも上回ると考える。

<模倣からは創造は生まれない>
これも欧米からの影響か。
実は模倣は初期の重要なステップではないだろうか?
模倣なしに自分で勝手に考えてもなかなか創造性は生まれないと思う。

<自然エネルギーこそ切り札だ>
脱原発エネルギーとして太陽光や風力発電が注目されている。
確かにクリーンだし無尽蔵だが、エネルギー密度が低すぎる。
原発は核分裂を利用している。アインシュタインが導いたE=mc2という式により、物質が直接エネルギーになるので相当なエネルギー効率を生む。
核分裂ほどではないが、エネルギー密度が高いのが電池だ。化学反応のエネルギーを利用する。
ただし充電が可能な二次電池(畜電池)でないと利用価値が低い。
現状では二次電池は世の中にはあるが、効率や希少金属や安全性や可逆性に難がある場合が多い。
先日TBSの「夢の扉+」でマグネシウムの酸化反応を可逆的に行う安価で効率のよい電池の話があり、日本にも期待が持てそうである。

<小惑星衝突なんて考えなくてよい>
東日本大震災級の大津波が来ることを想定外とするかゼロと考えるか。
貞観地震以来だとすると数千年おきくらいの事態かもしれない。
数千年に一度だとすると想定しなくてはいけないだろう。
約6,500万年前に恐竜および多くの生き物を絶滅させた巨大隕石(多分小惑星)の地球への衝突。
大津波よりはるかに影響が大きい。
これはどのくらいの確率だろうか。
もちろんゼロではない。桁の世界だ。
世の中に確率絶対ゼロの事象はない。
どこかの桁で線引きをしないといけない。

<石油は枯渇する>
石油というのは太古の植物の残骸が変化してできたとされる。
使い続ければ当然枯渇する。
しかし現状では埋蔵量は一向に減らない。
地中と大気の炭素の循環量を計算してみると地中には想像よりずっと多い炭素があるという説もある。
石油は別の原因でできたという説も含め、利用可能エネルギー源としての全炭素の量は正確に把握する必要がある。
単なる興味ではなく国力を左右するのだから。

<二千円札は要らない>
何年か前さっそうと登場した二千円札だったが、あっと言う間に消え去った。
五千円札があるから二千円札は不要だ、というのが大方の日本人の感覚だろう。
でも、実は二千円札はある方が便利かもしれない、と1年くらい前にブログで書いた。
物の値段の分布というのは対数で効いてくるから、実は二千円前後に値段は集中するのはないか、というのが私の意見。
事実欧米では20ドル、20ユーロ札はかなり使う。
ただ、日本では5千円以上の買い物も現金が多いのも一因かもしれない。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます♪

今回の記事、昨晩は酔っぱらった頭だから難しいのかと思ってましたが、
今朝スッキリ!?した頭で読んでも、なかなか手強い問題提起でした(^_^;)

どれも、そう言われてみるとそうかも・・・と思いますね。
小惑星の衝突は映画にありそうですが、ないことを祈ります。

歳を取ると能力が低下する、 よく言われることですね。
運動能力はもちろん、あらゆる能力は低下するかもしれない・・・
でも、若い時と比べたら人間同士の付き合い方とか過去の経験を
生かす能力は備わってきた気がしますよ(^_^;)
そんな能力じゃダメかしら?(笑)
それにその人の努力次第ではある程度能力を保つことはできそうな・・・

今日はこれから過去の経験を生かしながら手抜き大掃除を始めます(*^^)v
今日も一日良い日でありますように♪

そふぃーおばさんさん

おはようございます。
昨日はお仕事お疲れさまでした。
そしてよい締めくくりのお酒でしたでしょうか?
二度にわたり読んでいただきありがとうございました。
はい、おっしゃるように人間同士の付き合いや過去の経験を生かすようなことは歳を取るにつれ向上してきますよね。
そして、ここから先がちょっと”濃い”話になるんですが、三島由紀夫が40を過ぎてから体を鍛えムキムキになったのを子供の時首をかしげていましたが、衰える部分より努力する”糊しろ”の方が多いんだな、と思ったわけです。(図をかかないとわかりにくいかもしれませんが)
オリンピックのように特定の種目の限界に近い領域で競うにはキャパの大きい若者が有利だと思いますが、それ以外の部分では”総力”として加齢した方が有利であるというのが僕の説です。
(濃すぎるかなあ(笑))








プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード