FC2ブログ

今一度、ジョンとヨーコについて

みなさまこんにちは。
いよいよ大晦日です。いかがお過ごしですか?

今月は私としてジョン・レノン強化月間としてやってきました。
最後の日としてヨーコさんのお話を少しさせていただきます。
--------------------------
今や押しも押される存在のヨーコ・オノさんですが、ジョンと出会い結婚したての頃は大変なバッシングを受けました。
そのきりっとした容貌や強い発言、さらには前衛的な(そして時としてわかりにくい)芸術家としての存在、そしてジョンが「師と仰ぐ」と言うほどの存在、といったところから、なかなか男女の姿としてはわかりにくいことも多かったのは事実だと思います。

しかしそんなヨーコさんにおいても、とても繊細で優しくそして女性らしい部分もたくさんありました。
そして実はジョンとヨーコは誰よりも強い純粋な愛もあったのです。
もしお暇な方はカテゴリ欄の「著書:技術系サラリーマンのビートルズ論:第5章"ジョンとヨーコ愛の姿"」をご覧ください。

ジョンとヨーコの純粋で深い愛を知るのに好適なのが、映画「イマジン」です。1988年の作品です。私はVHSテープで持っています。
この映画の中の一シーンでジョンとヨーコはベッドに寝そべり、感慨深く語り合うとても素晴らしいシーンがあります。
そこではヨーコさんは少女のように可憐に微笑み時に照れ、時にちょっぴり不安感をもたげ、ジョンに語りかけます。
戦闘的に闘うヨーコの姿では全然ありません。

そのシーンを英語のまま書き出してみます。一部聞き取り違いがあるかもしれませんがご容赦ください。

Y: Fortunately we both agree.
J: Unfortunately not always.
Y: But in the end we get into something, and we forget that we've never been in everything.
Y: Fortunately I met you at a right timing.
J: Unfortunately that's right.
Y: But in the end I wonder what's gonna happen.
J: Unfortunately we don't know.
Y: Fortunately I'm love with you.
J: Unfortunately I'm love with you, too.

どうですか?
ジョンとヨーコがお互いに求めるものを象徴していると思いませんか?

映画「イマジン」の中でもう一つ感動した場面があります。
ジョンとヨーコの家に時々「考え過ぎるファン」あるいは「やや言いがかりをつけるファン」がやってきます。
ヨーコは言います「ジョンはいつもそうした人たちに責任を感じて(responsible for)います。自分が生み出したものだと」。
ある日、考え過ぎるファンの男性の一人がジョンの家に押しかけ、「あんたの歌を信じて生きているが何も起こらないじゃないか」と言います。
するとジョンは「俺はただの人間だ。あんたのために歌を作っているんじゃない。自分のためだ。せいぜいヨーコのためだ。詞は、言葉の遊びで作っている。」と
その男性は不服な表情をします。するとジョンは「腹が減ってるだろ?中へ入って何か食わないか」と言い、家に招き入れます。

ジョンの歌イマジンは、今や世界で最も有名な歌、そして平和の象徴の歌として取り上げられています。
でも作った時はそればかりではなく、言葉の遊びを含めて、芸術家として一人の人間としていろんな意味があったのだと思います。

ジョンとヨーコはそれぞれ不世出の能力と感性をもった素晴らしい人です。
いろんな意味で互いを刺激し、互いを求めたのだと思います。
そう考えると、これからも彼らの音楽や活動をさらに深く知ることができると思います。楽しみです。

ではジョン強化月間を終わります。
スポンサーサイト



テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん  こんばんは

今年は大変多くを考えさせられた(勉強した)年でした
ST Rockerさんのおかげで いっぱい学びましたよ
お礼申し上げます

来年も飛躍の年として 頑張ってくださいませ

私 後半はちょっとサボってしまい コメントもなかなかで・・・
勉強不足がたたって・・・ついて行けなくて  
落ちこぼれになってしまいましたよ
すみません

今年は大変お世話になりました
来年もまた宜しくお願い申し上げます

楽しい年末をお過ごしくださいませ
年始も体調を崩さないように お迎えくださいませ

さとちんでした♪

No title

こんばんは♪

昨日は本当に今まで自分が描いていたヨーコさんとは
全く別な女性がテレビに映っていました。

私が知っていたのは当時マスコミからはバッシングを受け、
一部のビートルズファンからはビートルズからジョンを奪った
悪女のような言われ方をしてましたものね。

私も10年位前までは彼女にあまり良い印象は持ってませんでした。
このことひとつとっても本当にマスコミの影響力って凄いと思います。

ジョン・レノン命の毎年一緒にコンサートに行く友人の影響もあって
ヨーコさんを見直すようになってきたのはここ数年のことです(^_^;)

ジョンを理解し、深く愛し、傷つけられても彼を許していく姿を
昨日のテレビでは映し出していて、本当に感動しました。
ジョンも彼女なしでは生きていかれなかったんですね。
二人の強い愛を感じずにはいられませんでした。

もっと、生きていて欲しかったですね。

今年は本当にST Rockerさんからたくさんの刺激を受け
自分なりに学ばせていただきました。
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。

ジョンとヨーコ

あのイマジンの中での、ファンとのやりとりは、
いろいろと考えさせられる、深い場面でした。

ジョンとヨーコは、周囲がどう思ったところで、
二人の世界があるからと、よくわかりました。

ST Rockerさんのブログを拝見するたびに、
いつも深く考えてしまう、含蓄に富む内容で、
ふだん使わない思考回路が、鍛えられます。

来年も、楽しい記事を楽しみにしています。

さとちんさん

こんばんは。
こちらこそ今年はさとちんさんから学ばさせていただくこと大でした。
なかなかさとちんさんほどの行動力と観察力、そして表現力はありませんよ。
そして僕のブログもなんらかのお役に立てたのなら幸いです。
来年は形にしようと思いますので、より一層のご愛顧をお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

そふぃーおばさんさん

もうまもなく2013年ですね。
やっぱり、年末を迎え新しい年を迎えるにはジョンとヨーコに導かれるのが一番いいですね。
そしてそふぃーおばさんさんの与えてくださる癒しはジョンとヨーコにも負けない素晴らしいものでした。
来年は是非具体的な形にして発信したいです。
そして、今2013年を迎えました。
今年も是非よろしくお願いします。
そふぃーおばさんさんにとってよい年でありますよう、お祈りします。

ギターマジシャンさん

2013年を迎えました。
昨年はギターマジシャンさんの素晴らしい演奏をより一層楽しませていただいたとともに、いろんなお言葉をいっぱいいただき、本当にありがたい年でした。
ギターマジシャンさんも映画イマジンのあのシーンには思われるところ大だったのですね。
そしてジョンとヨーコですね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード