今日の「1日1発明」は

みなさまこんばんは。
10日ぶりにつくばに戻ってきました。
こんなに長期間つくばを離れたのは初めてです。
去年から内部の管理の仕事をしているので海外出張がないので、長く空けることが最近ではありません。

この街の空気は合っています。
また今年もいっちょやったるか、という気分になります。
今、さしみで一杯やっているところです。
この頃はつくばのような内陸でもさしみが千葉とほとんど同じ味になりました。
想像するに、高周波をかけながら冷凍し解凍する技術ができたため、体積変化を伴わず冷解凍できるため細胞壁が壊れず、旨み成分が流れ出ないためと思います。
ただ、輸送コストがかかるためか、千葉よりも同じ値段で量が少ないです。
-----------------------
最近のさしみのパックにはたいていサーモンが入っていますよね。
私、サーモンのさしみってそれほど好きじゃないです。
日本人は生の鮭は嫌いますよね、寄生虫がいるからって。
でもさしみや鮨のサーモンはアラスカやカナダ産とのことで、寄生虫はいないそうです。

さて、「1日1発明」、昨日からスタートです。
繰り返しますが、なにも特許を取れるような大発明じゃなくてもいいから、とにかく毎日必ずひとつ新しいこと考えましょ、という試みです。

私はつくばと千葉、そして時にさいたま、との間を車で行き来します。
その片道2時間の行程がこの発明思索にピッタリの機会なんです。
考えに集中できますよ。
信号待ちとかのイライラもしなくて済みますしね。
なぜか、スティービー・ワンダーの曲を聴きながら考えると、よいアイデアが浮かぶ気がします。

今日考えたのは日本の国際競争力の問題。
最近よく言われるのは、日本は国内の市場しか考えていないが、今や”ボーダレス経済”(=経済は国をまたがって形成されている)なので、いかに「世界標準」に合わせた製品なりサービスを生み出すかである、と。
その競争に勝っているのは、アメリカのアップルであり、韓国のサムスンである、と。
だから日本も彼らを見習うべし、というのが最近の評論家の多くが言うことです。

しかし、日本人はそれができるでしょうかねえ?というのが私の疑問です。
もちろん、日本人の基本能力はあり、です。
でも、国全体としてそっちの方向に向くことが得策でしょうか?
私の意見は"No"です。
なぜなら、日本人は「集団智」(私の造語です)という素晴らしい特性を持っており、この特性からしばらくは離れられないと思うからです。

ちょっと脱線しながら、この「集団智」を説明しましょう。
これまでの会社生活で、部下の定期的な評価のための面接などで私はよく問います。
「君の向こう10年くらいのスパンの考え方を聞かせてくれ。何をやろうと思っているの? そしてそれをこの会社(あるいは部署)においてどう表そうとしているの?」
この質問にまともに答えた部下は0人です。
たいていは「このようにしたい」「このようになればいい」とは答えますが、「こうしたい」「こうしよう」は皆無です。
そもそも上司がこのような質問をするのは稀です。
たいていは「当社の***をこうしたい中で君はどこまでできるの?」がたいていの質問です。

ところが、外国の企業に勤める人間は、たいていどんな人を捕まえても、自分は何をしたい、こうしたい、というのが即座に出てきます。
中国人や台湾人は、昔から商売でのしていく精神が旺盛であり、会社員であろうとも、ほぼ全員が自分の明確な意見を持っており、(発音は悪いが)すごく逞しい英語を話し、ひ弱な日本人を圧倒します。

韓国は日本に似たところがあり、ややひ弱なところがかつてはありましたが、今や違います。
アメリカの大学への留学は日本よりもかなり多いですし、逞しい英語を話し、自分の意見をどんどん言うようになっています。
また、軍での訓練を受けることがさらに逞しくさせています。
サムスンが、海外でのマーケティングを強化するあのものすごい人材登用、投資は一歩も二歩も抜きん出ています。

自動車やエレクトロニクスにおいて、日本の品質や技術力が飽和した今、強いのは中国や韓国のような世界へ向けての開拓力です。

では、日本は中国や韓国に倣えでしょうか?
個人的な潜在力では負けません。でもそうした風土がありません。
国を挙げてそんなことをやるなんて、苦手過ぎますし、今まで培ったものと違いすぎます。

では元に戻ります。
日本の会社員は「自分は何をやりたい」「自分はこの会社でどうしたい」という考えがあまりできません。
しかしところが、課なり部なり事業部なりが全体として考えることはものすごく得意です。
あたかも全体の中に共通の「脳」があるかのようです。
だから私は「集団智」と呼びます。

日本人の集団智はものすごく強いです。
おそらく何千年かの歴史の上で成り立った賜物でしょう。
他国では決して真似できません。
サムスンのような飛び抜けた能力は、特別な個人の能力によるものでしょうし、おそらくアメリカ型のやり方と同類のものでしょう。
それに対し日本の集団智は全員の勝利です。

身近な例では、日本に駐在したアメリカ人が日本の女性と結婚して帰国するのが後を絶たないとか、日本的サービスを一旦外国人が知ると癖になる、といったことも集団智の延長としての日本人の強みだろうと思います。

今日は、そんなような日本人の「集団智」の強みを考えて、そして、それを外国にも売ることができないか、と考えました。
外国で解決できない難問、EUで解決できない難問、国連で解決できない難問、などなどを日本の集団智で代行サービスで解決するのです。
あるいは、外国のやり方に対し改良案を提供するコンサルでもいいかもしれません。

もはや政治も互いに代行し合うことでもいいかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

興味深いお話ですね。
長い間培われてきた歴史的風土は大きいですよね。
なにしろ島国ですから他国から攻められることもなく、
鎖国もありましたが世界に目を向けるという発想は
苦手というか慣れていない国民なんでしょうね。

日本と韓国が似ているというのはともに
儒教の国だからなのかなという気がします。
でも仰るとおり韓国の方が逞しい。
考え方も合理的な人が多いように思います。
同じ儒教の国といっても中国儒教とは違いますもんね。
日本人の根源にある儒教的な部分が集団や組織の中で
先輩や上司をさしおいて生意気なことは言えないという感じなんでしょうか・・・(^_^;)

自分の会社をよくしたいと思えば自分がトップになった気で
考えないといけないとは思いますが
多分、私もST Rockerさんの部下だったら答えられないだろうなぁ(^_^;)
自分の意見をはっきり主張できる人って羨ましいですもん(*^_^*)

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
正月最後のお酒は気持ちよく酔えました(笑)。
今日もまたとてもご丁寧なコメントをありがとうございました。
なるほど、日本人が海外に向かうのは苦手で国内に向くのは、島国と儒教の影響というわけですね。
そして儒教にも差があり、と。
そふぃーおばさんさんは歴史的な立場からよくご意見いただきます。
僕の弱い部分ですので、これからもよろしくお願いしますね。
歴史的な考察抜きには国際状況も論じられませんね。
会社などで個人の考えをはっきり言うことの必要性は、これからじっくり考えていきたいと思います。

働き蜂

お寒うございますぅ。

さてさて。「集団智」の話を読んでいて、ミツバチを思い起こしました。彼らも集団で一つの脳をもっているように振る舞いますからね。そのほとんどは「働き蜂」なのも、日本人的ですよね(笑)。もっとも、日本も、もう働き蜂が尊ばれる時代ではないのかもしれませんが。

日本の企業が、なかなかグローバルになれないのは、日本という国だけで商売がなり立っていたからかも知れませんね。良くも悪くも、1億という人口が、需要を支えていたわけですし。その意味では、アメリカも似たようなモノで、ホントにグローバルな視点を持つ会社は少ないような気もします。マクドナルドくらい?(笑)。

逆に、日本の企業も自動車なんかは、アメリカ向け、あるいは中国向けに開発した車を、「日本仕様」にして売ってますから、これから、日本人自身が車に求める機能やデザインも、グローバルになっていく気がします(そうなって欲しいという願望もあるんですが)。

ところで、ST Rockerさんのおっしゃる「集団智」の輸出ですが、ぼくは十分に可能だと思います。自動車産業では、トヨタの「カイゼン」を、多くの国の自動車会社が輸入済みですし(笑)、政治の世界でも、いまのヨーロッパあたりなら、意外と受けそうな気もします。逆に日本には、オバマさんを輸入したいですなあ(笑)。

なんてことを考えながら、読ませていただきました。
ぼくのブログにも書きましたが、今年もよろしくお願いします。

TERUさん

こんばんは。
新年のお仕事のスタートいかがですか?
僕はまあまあですかね。
大分仕事がたまっていました。

さて、いつもながらとってもご丁寧なコメントありがとうございました。
「集団智」に関しましてご興味いただきうれしいです。
なるほど、ミツバチですね! しかも働き蜂。
ポンと膝を打ちました。
そうそう、日本人の仕事っぷりと一緒です。

それと、アメリカは必ずしも世界標準ではない、というのにもうなずけます。
僕は以前米系の会社にいまして、アメリカ人といっぱい付き合っていました。
アメリカ人の言う「ワールド」とは、ほぼイコール「自分たち」という感じでした。
自分とは違うワールドに合わせようとするよりも、自分たちの延長がワールド、という感じです。
野球のワールド・シリーズもまさにそんな感じですよね。

集団智、輸出できますか? そうだとおもしろいですよね。
できれば知財権を確保しておきたいですよね。
オバマさんの輸入、いいですねえ(笑)。
今や企業が社長を輸入するくらいですから、マジであるかも、ですよ。

では寒いですので、ご自愛ください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード