昨夜考えたこと(「木」から見た世界)

みなさまおはようございます。
世の中は3連休のようですが、私は月曜は仕事ありです。
暮~正月にかなり休んだので、たまには休みが少なくてもいいでしょう。

「1日1発明」続けています。
仕事のある日は「職務発明」が中心になります。残念ながらこれはここでは紹介できません。
昨夜の車で移動中に考えたことを書いてみます。
-----------------------------
最近ここ1年くらい私の中でずっと引っかかっている点が2点あります。
1.人間はあらゆる生物の中で、果たして一番偉いのか?
2.植物の戦略は何だろうか?

1は単に哲学的なことだけでなく、生物学はじめ様々な視点から客観的に考えてみたいと思っています。
2はこれから書いていきます。

人間が他の動物や、植物に比して偉いかどうか。
環境を破壊するかしないとか、同種の個体を(人であれば人を)殺すこととか、同じ過ちを繰り返すかどうか、などの点で論じられることは時々あります。
これらは哲学的な問題なので、なかなか答えを客観的に出すのは難しいと思います。

そこでもっと違う切り口でこの点を考えられないか、というのが昨夜の思索の初めに思いついたことでした。
運転しながらしばらく考えを巡らせていまして、ある瞬間思いました。
我々人間は、道路とか建物とかの人間が作った物を世界の主たる骨組みと考えていて、犬や猫、その他動物たち、あるいは鳥たち、虫たち、そして木や植物はこの骨組みに従属、あるいは付随する形で存在しているのだ、と思っています。
しかし考えてみますと、この見方は一つの見方に過ぎません。

運転しながら世の中の様子を「心を無にして」見直してみますと、
気付いたのは、世の中には随分木が多い、ということです。
もちろん、街や道路の中や近くには木は少なめですが、それでもあります。
そしてもっと目を広げると、木は随分世の中を支配しているように見えます。
さらに言えば、木の支配の中に人間とか道路とか建物が従属して存在しているようにさえ見えます。
(うそだと思ったら一度そういう視点で見てみてください。)

木だけでなく、他の植物も似たところがありますが、話をシンプルにするために、今日は植物の代表として木を考えます。

人間は「脳」というデータの記憶と、思考し計算する機能を各個体に持っています。
しかもその容量は他の動物よりも大きいと言われています。
このことが一番偉いのかどうかです。

その対極にあるのが木です。
木は脳を持ちません。
しかし立派な遺伝子を持っています。
そして世の中に酸素を供給し、栄養や燃料としても他の生物に与えます。
木は個体の定義があいまいです。接ぎ木で増えたり(要するにクローン)もします。
個体が脳を持たない代わりに、すぐれた「集団智」があるように思います。

木は何百年、長いものは数千年生きます。
木の生きがいとか幸せとか責任感とか感情とか、そういうものはよくわかりません。
しかし、よい人生(木生?)かもしれません。

人間は木を植えたり、切ったり、利用できるから、人間の方が支配者側だと一般的には考えられています。
しかし果たしてそうでしょうか?
人間は単発的には高度な作業をできます。
しかし、自らの存在感をロングスパンで客観的に考えることや、他の生物との共栄を考えることが苦手です。しかも本当はそれが一番大事かもしれません。

木をはじめとする植物と、動物がこの世に存在開始する際、基本的なディスカッションがあったのでしょう。神様がそのディスカッションを手助けしたことでしょう。
植物と動物の互恵関係は立派なもだと思います。

そうやって考えると、植物と人間以外の動物は正常細胞、人間というのは一種のがん細胞のような気さえしてきます。

では、それに対して何を発明するか、ですが。
人間目線で木や植物の利用を考えるだけでなく、ここは改めて木や植物と基本的なディスカッションをして、どんな共栄をしていくべきか、を考えよう、というのが昨夜考え付いた新しい考えです。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1/12 11:31の鍵コメさん

なぜか昼に書いたコメントが消えてしまいました。
もう一度書きます。
--------------
鍵コメさん、昨日はよかったですね。
今日もいいことありそうですね。
そして、コメントの内容、承知しました。
僕も応援申し上げます。

1/12 19:42の鍵コメさん

こんばんは。
とてもご丁寧なコメントをどうもありがとうございました。
お考え、よくわかりました。
またじっくりと書かせていただきます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード