英語、少しまとめます

みなさまこんにちは。
本当に寒いですね。
「今日は暖かいですね」という挨拶はこの冬まだ1回もしていない気がします。

英語のことについて少しまとめます。
----------------------
前回の音声記事いかがでしたでしょうか?
記事を発する側としては書くより話す方がラクです。
それと、書くのだとどこまでがその人のオリジナリティーかわかりませんよね。
極端な話、別のところからコピペしたのかもしれませんし。
その点、話し言葉はそのあたりがクリアになると思いました。

わかりにくい内容は読むより聴く方が楽な場合もあるかな、と思い前回は音声にしてみました。
しかし、音声ファイルをわざわざ開けるのも面倒くさいかもしれませんね。
率直なご意見をお聞かせいただければ、と思います。

私は仕事上でも英語をちゃんと使わなければいけない立場ですが、期待されているほどには上手くありません。
時に苦痛なこともあります。
しかし一方では、英語の研究は若い時からとても好きです。
英語は趣味の一つと言ってもいいくらいです。
特に「なぜ英語はこのような考え方をするのか」というようなことに関して持論を展開するのが好きです。

長年欧米人と話して来て強く感じるのは、日本語と英語では根底にある考え方が大きく違うだろう、ということです。
日本語では「阿吽の呼吸」「よきに計らう」「人徳」「腹芸」のようなものを重要視して、会話においてもそれが関心事ですが、英語においては人の考え方がフェアかどうかを常に一番に問います。
欧米人は冗談をとても好みますが、その背景にあるのは実にきちんとした理屈の共有、という気がします。

そしてその違いを端的に表しているのが「冠詞」の存在である、と私は思っています。
日本人の日本語による会話では冠詞などなくても全然OKなのに何故英語ではあるのか。
その謎に迫ったのが前回の音声記事でした。
なお、文章の記事では以前にも冠詞について書いたこともあります。

もしこの謎をきちんと理解できたら、英語を使う方としても聞く方としてももっとすんなり行くのではないかと思います。
そして、学校の英語教育においても冠詞の説明をもっと的確にそしてもっと楽に教えることもできると考えます。

今日の記事を読まれてもしご興味が湧いたなら是非前回の音声記事も聴いてみてください。

今日は以前属した大学研究室関係の会合と懇親会がありますので、対応が遅れます。ご了承ください。
みなさまにおかれましてもよい土曜日をお過ごしください。
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

大変お疲れさまでした。
そして内容につき承知しました。
先ほど会合から帰りました。
明日にじっくり返信させていただきます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード