FC2ブログ

Coffee Break Beatels No.2 「ビートルズはエレキバンドの代表?」

ビートルズの紹介文として「20世紀最高のエレキバンド」とか書かれることがある。
しかし、ビートルズはエレキバンドの代表だろうか?
どうもそうではない気がする。
確かに4ビート全盛のあの時代に8ビートの軽快なリズムでエレキを引っさげ颯爽と登場した。
エレキバンドとしての仕事も相当なものだが、エレキの部分は全体から見れば一部である。
それに、その後怒涛のような勢いで出てきたロックグループは必ずしもビートルズの延長ではない。

私の意見としましては、ビートルズのすごさは、まず自作自演。そして多くの人が楽しめる音楽を追求したこと。曲作りにおいても、演奏においても、歌においても。
よく天才と言われるけど、どうやら努力家のようである。いろんな記事や情報を集めてみると、さまざまな音楽を聴いていたらしい。そしていろんなことを試したようである。

ひところ独創教育とか言って独創性を伸ばすアメリカ式教育がもてはやされたことがあった。
でも何もないところから独創が生まれることはほとんどない。まずは模倣し覚えまくって、そして初めてオリジナリティが出る。
私の人生でもそのことをしみじみ感じてきた。

もう一つビートルズで大事なことは、メンバー一人ひとりが「地で行く」アーティストであること。

ひたむきな音楽の吸収と研究、そしてアーティスト魂で自分の音楽を表現した。
ビートルズがもしあの時代に現れなくても、その時代で使えるものはフル活用して素晴らしい音楽を発信したのではないかと思います。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード