酒とタバコの話

みなさまこんばんは。
今週はまさに春の足音がどんどん近付いてきますね。
お元気でしょうか?

今日は酒とタバコの話です。
-----------------
昨日も申しましたように、私は大の酒好きです。
子供の頃父が「正月は子供も飲んでいい」と言っていたので、本当にそうだと思っていました。
おせち料理と共に燗酒を父と差しつ差されつで、おいしくいただいておりました。

日本人は、アルコールを酸化する酵素2種のうち1種または2種を遺伝的に持っていない人が相当数いるので、アルコールが弱い人が多いのです。
これは韓国等のアジアでも一緒です。
逆に西洋人はほとんどの人が酵素を2種持っており、アルコールに弱い人は基本的に存在しない、と言われています。
私は紛れもなく西洋人的な遺伝的形質です。

酒好きの割には毎日は絶対に飲みません。
毎日飲むとなんとなくしんどいんです。心理的作用が多いのですかね。
つい先日、家で飲むのは日曜と水曜だけに決めました。

私の場合、飲む時に食う方も食います。
もともと大食いなので、飲み会でもたくさん食べます。
だから飲んで食って、割り勘負けしたことがありません。
でも最近は立場上多く払うことが多いし、たまに「じゃあここは俺が全部持とう」なんてこともありますから、まあまあたくさん払ってますよ。

これまでお酒に使ってきたお金はいったいいくらくらいなんだろうか。
何百万か。いや千万の台にも行っているかもしれない。
でも私は後悔はしていません。
酒の席で生まれた友情、出会い、ビジネス・・・。
酒の人生こそ我が人生だからです。
もちろん大やけどの酒席もいっぱいありました。

酒は何と言っても同類の人間と飲む方がおいしいです。
酌をし合うというのはその気持ちの表れでしょうね。

次はタバコです。
私は今タバコは吸いませんが、タバコそのものは嫌いではありません。
以前は吸っていた時期もありました。

でも吸い続けると次第にしんどくなってくるのです。理由はよくわかりません。
そこで、何ヶ月か吸い、何ヶ月かやめ、の繰り返しでした。
それが、2004年の8月に胃にちょっとした異変が見つかり胃カメラを飲んだ際にタバコをやめ、それ以来1本も吸っていません。

父は昔ヘビースモーカーであり、私は小さい頃、父のあぐらに座って、「ちょっと吸わせてよ」なんて言ってタバコを少し吸っていたマセガキでした。

30代の後半はマラソンに打ちこんでいたこともあり、長期間禁煙していたのですが、40歳の誕生日に1本だけ吸おうと思って、ハイライトを1箱買い吸いましたところ、あまりに旨かったので、「じゃあ1週間だけ」「じゃあ1ヶ月だけ」とどんどん甘くなって、結局2年くらい吸ってしまいました。
ただし、1日に1本でした。
このようにタバコは常習性がありますね。

タバコは健康の大敵のように言われます。
しかし、タバコを吸ったからといって肺がんになる確率が2倍になるようなすごい影響ではないと思います。
そのようなすごい影響を示すデータというのをまだ見たことがありません。

嫌煙権の問題もあります。
タバコの煙がいやな人に迷惑をかけてはいけません。
でも、寒風吹きすさぶ屋外で喫煙を強いられるスモーカーもなんとなくかわいそうです。

タバコは癒しの効果があるし、歴史のある嗜好品ですから、あまりヒステリックになるのも考えものですね。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

昔はお酒に関してはおおらかでした。
私も子供の頃、父たちが飲むビールの泡はよく飲んでましたよ(笑)
お酒の席は大好きですが日本人体質なので強くはないです。
欧米人体質(見た目も)の息子が酔っぱらってる姿は
見たことありません(^_^;)
飲み会も大勢で飲むのも楽しいけど、2,3人で飲むのが
一番好きですね(*^_^*)

タバコもほんの短い期間ですがカッコつけたくて吸ったこともありましたが、もう何十年も吸ってません。
若い頃は仕事の合間やお酒の席で年上の男性が
煙草を吸う姿に哀愁と色気を感じて好きでした。
今はそういう吸い方してる人って減った気がします。
・・・っていうか、好きな人が煙草を吸うことに関しては
許せたのかも(^_^;)

ヘビースモーカーの記憶

ぼくはST Rockerさんとは逆で、酒よりタバコが好きでした。一時期ハードボイルドに憧れましてね。いま思えばお恥ずかしい限りですが(苦笑)、ハードボイルドと言えば、ウイスキーとタバコですよね。ええ、そうなんです。若いころハードボイルドに浸ってしまったせいで、いまも酒はウイスキーです。ただしバーボンだけですが。(スコッチはピートの香りで気持ち悪くなるんです)

酒の方は、アジア人的体質なので、そんなに強くはありません。だから量もたかがしれている。どんなに飲んだって、ウイスキーのボトルを一晩で半分が限界。経済的なんですよ(笑)。

その代わり、タバコがすごかった。1日に1箱吸っていたのが、いつの間にか2箱になってましてね。とくに酒を飲みに行くと、ぼくは食欲が無くなってしまって、タバコしか吸わなくなるので、3箱目に突入するときもありました。

当時は、かのマーク・トゥエインが残した言葉「禁煙は簡単だ。わたしは毎日やっている」を引用して、禁煙から逃げてましたが、ついに5年ほど前、禁煙を決意して、3ヶ月ほど禁断症状に苦しんだ挙げ句、なんとか逃げ切りました(苦笑)。それ以来、まったく吸っていないどころか、いまはタバコの副流煙に当たると、気持ちが悪くなっちゃうんです。

そんなわけで、喫煙する人の気持ちは、ひじょーに、よくわかるし、タバコを嫌う人の気持ちも、ひじょーによくわかる。だからといって、なんの役にも立たないんですけどね(苦笑)。

そふぃーおばさんさん

おはようございます。
そふぃーおばさんさんはお強くないおっしゃるものの、飲み会や酒席をかように素敵に綴る方も珍しいと思います。

強くないといっても、アルコールによる酩酊状態=快感状態はあるのでしょ?
酒飲みの場合はその状態が長いのです。

王子さまが大酒のみになったらどうしますか(笑)?

タバコにまつわる女心。これまたいいですねえ。
なんか、朝からうっとりしてきましたよ。
今日は「家アル」の指定曜日です。

TERUさん

おはようございます。
暖かくなってきましたね。お元気でしょうか。

TERUさん、ハードボイルドとても似合いそうですよ。
タバコにバーボンですか。そしてサングラス?
ボトルに半分行くことがあれば、そんなに弱いというほどでもないですね。

そうですか、それだけ吸われていて、完全禁煙とは本当にすごいですね。
禁断症状などはどんな感じになっちゃうんですか?
全くゼロでもやって行けるというのは興味深いですね。
今ではタバコに代わる何かはありますか?
それとか、タバコのあるなしで創作への影響とか、そういうのはいかがですか?

毎回楽しいお話ありがとうございます。

No title

私は人に驚かれるほど食べるし飲みます!タバコも吸ってました。病気になってタバコは止めました。
けど、そういう生活(飲んで、食べて、タバコ吸って、働いて、遊んで、あまり寝ない☆)が病気を引き起こした可能性もあるなぁと少々反省しています。。
なので、現在は多少控えめに生活しています(^^;)

話は変わりますが、昔は駅のホームや野球場でもタバコ吸って良かったですね。日本も変わってきましたね~。

ご質問があったので続きなど

こんにちは、またまた登場でございます。

タバコとバーボンと来れば、サングラスですよね。こんどサングラスで撮った顔をブログのプロフィールに使おうかな。

というのは、まあ半分冗談ですが(笑)、タバコの禁断症状はキツかったです。冷や汗が出るとか、動悸が苦しいとか、指が震えるとか、そういう肉体的禁断症状はなかったんですが、ニコチンの精神依存はかなり大きかったようで、四六時中イラつく感じでした。

でも禁煙ごときで、家族や親しい人はもちろん、他人様にも迷惑を掛けるわけにはいきませんから、イラつきを抑えるために、ひたすらなにかを食べ続けるという恐るべき行動がやめられず、3ヶ月で10キロ太りました。禁煙はいいけど、このまま動脈硬化になるんじゃないかと思ったくらい(苦笑)。

最初はガムや飴だったんですけど、そんなの1週間も続けると、口の中がただれてしまって、続けられないんです。ですから。けっきょくスナック菓子になっちゃうんですよね。ぼくの経験では。(いま思えば、ニコチンパッチなどを使えば、もっと楽ができたのかなとも思いますが、試してないのでわかりません)

3ヶ月ぐらい経ったとき、ふと気づくと禁断症状が収まっていました。あるとき、突然治るという類のモノではなくて、本当に「ふと気づくと」でしたね。「あー、もう今日から大丈夫だー」という実感があれば、もっと禁煙の成功率が上がるんでしょうけどね。

以上のように、禁断症状が出ていたときは、創作どころの騒ぎではなかったんですが(もちろん仕事はしてましたが)、抜けてしまえば、まったく影響はないようです。この点が、覚醒剤や幻覚剤などとは違うところなのでしょう。

ですが、タバコに代わる「なにか」は、ないんです。コーヒーを飲むくらいですかね。

いまはまったくタバコが欲しいとは思わないのです。それどころか、タバコの煙が気持ち悪いんですよ。これは勝手に思っていることなんですが、苦しい禁断症状を経ているうちに、もうタバコを吸えないようにする(吸いたくないと思う)精神回路が、頭の中にできちゃったんじゃないでしょうか。だれか、医学的に研究してくれませんかね?(笑)。

ただ、禁煙前から、ぼくのことをよく知る家族や知人に言わせると、禁煙後に人格が変わったと言う指摘は受けないので(笑)、ニコチンが精神に及ぼす影響は、ほぼ皆無だと思われます。

今回もまた、長々と失礼しました。

こんばんは^^

お酒、何がお好きですか?
日本酒?焼酎?それともワインでしょうか?
おつまみも一緒に?何を召し上がりますか?^^

質問ばかりですね。。^^;

花音さん

こんばんは。
あたたかくなりましたね、お元気ですか?
花音さん、食べて、飲んで、タバコ吸って、そして現在少しお休み気味。
誰かと似ていませんか(笑)!?
はい、私です。
お互いに少ししばらく頑張りましょうね。
おっしゃるように、今やタバコ吸える場所がすごく少なくなっちゃって、少し行きすぎかな、と。

TERUさん

こんばんは。
いやいや、またまた渾身のコメントありがとうございます!
大変興味深いタバコをやめる過程のお話です。
まずは、禁断症状のお話も壮絶ですね。
ただ、麻薬とかのそれとは全く違って、医学的にどうこうではなくて、純粋に意思の問題なんですね。
お菓子ですか。禁煙ですごく太ってしまっては、ですね。
でもそうしたことを全て乗り越えられて、よかったですね。
そして結局ですね、タバコを完全にやめても医学的にも精神的に人格的にも仕事の上でも特別何かを失うことも代わりが現れることもなかったということですね。嫌なものという自己暗示を与えればそうなる対象でもあるわけですね。
それは不思議であり、そしてとても興味深いですね。
ならば、タバコとは一体何なのでしょうか。
かえって謎になってきましたね。
ところでTERUさん、今のプロフィールもカッコいいですが、サングラスも別の意味できっとイカしますよ。

ももこさん

こんばんは。
暖かくなりましたね。お元気ですか?
今日はお酒いただいています。今日は日本酒ですよ。
今となってはあらゆる種類のお酒が好きです(笑)
若い頃は焼酎が苦手でしたけど、ある時克服しました。
お酒と一緒に食べるものも本当に千差万別ですよ。
今日は日本酒に鮨ですね。
そうおっしゃるももこさんはどうなんですか(笑)?

No title

私もSTさんと似てるなぁと思って。
それが病気の原因では!?と思いましたよ~(^^;)
お互い気をつけましょう☆☆☆

花音さん(再び)

おはようございます。
再登場ありがとうございます。
はい、そうですね、共に気を付けてまいりましょう。
ただですね、病気に関しては必ずしもそうでもない部分もあるようです。そのお話はまた機会があれば。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード