Top Of The World耳コピ状況報告

みなさまこんばんは。
少し寒いですね。
明日からまた仕事だから早めに寝ないといけないけど、Top Of The World(カーペンターズ)の耳コピ状況が急進展しそうなので報告します。
------------------------
カーペンターズの耳コピの初仕事はTop Of The Worldのハーモニーのリチャードの声を分離することにまずは集中することにしました。
そしてカラオケでハモるか、自分で二重唱で録音するかもしれません。
カレンの声域は女性としてはかなり低い方で、私も裏声でなく歌えてしまうからです。

半年ほど前に、「カナダからの手紙」の平尾さんのパートを耳コピで聴くことができたので、Top Of The Worldもぜひ、と考えています。
ところがこれが難しい。

なぜかというと、リチャードの声域がすごく低くしかもボリュームを下げて録音しているので聴きとりにくい、というのがまず一つ。
次は、このカーペンターズ、すごくきれいにハモっており、倍音がきれいに重なっているようです。
NHKの番組でありましたように、最小公倍数の周波数でうまくハーモナイズされているようです。
だから分離が難しいと思うのです。

それと、主カレンの3度下と思われる副カレンのパートが入っているのと、リチャードのもう一つのユニゾンのパートが存在します。
つまり、下からソ(リチャード(ダブル))-ド(カレン副)-ミ(カレン主)のような構成かと思います。
これら4つのパートが左右のチャンネルをめまぐるしく行き来します。

普通、同姓間のハーモニーでは3度差で歌うのが普通です。
しかし男女間では声域の違いから3度差は無理です。
カナダからの手紙では、平尾さんのパートは畑中さんのパートの6度下です。
6度下ということは、3度上げて1オクターブ下げるのと同じですので、畑中さんの3度上を歌う(このやりかたは比較的簡単)気持ちで太い声を出す、という発想でマスターしました。

そしてですね、どうやらTop Of The Worldもこれと同じ仕組み(=6度下)のようです。
だからカナダと同じノリでやればよいわけですが、リチャードの声域がかなり低いので、3度上を歌うと言っても超低音で「上」を歌うのも大変です。
それと、「春のうららの隅田川・・・」のように低音パートのメロがやや高音部と意識的に変えている部分があり、全部単純に6度差というわけではないようです。そこはさすがにリチャードなあと思う。

というわけで、明日の出勤の車で早速実験です。
うまく合うといいな。
ではおやすみなさい。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。

実験結果はどうでしたでしょうか?

私も車を運転中は必ず音楽を流して口ずさんでいます^^
時にはやや大きな声で(笑)
このところのお気に入りは『ハンサムケンヤ』ですが…
知りませんよね^^;

ST Rockerさんは細かく解析して
正確に耳コピするんですね
やっぱり私とは正反対ですねw

恥ずかしい限りですが
歌詞も音程も全くいい加減に
しかしノリノリで口ずさんでいます(笑)

あくまで一人の時限定
恥ずかしがりなので人前では歌えません (T^T)...

小桜さん

こんばんは。
寒いですよね。
お元気でしょうか。
コメントありがとうございます。
車を運転中に歌。いいですね。
しかもノリノリ。趣味が合いますね(笑)。
ハンサムケンヤ? 初めて聞きました。
どんな曲ですか?
今日の実験はまあまあ成功ですよ。
半分はできましたよ。
後で記事で少し書きたいと思ってます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード