FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.43 「変った楽器使用例(その1.ベース編)」

しばらく気合を入れた解析をしていたので、このへんで少しリラックスしましょう。

今日はビートルズの使用楽器の中でとても変わった使い方の例を紹介しましょう。
私はこの手の情報はそれほど詳しくはありませんので、詳しい方、是非訂正あるいは追加の情報をお願いします。

先日このコーナーで、The Night Beforeの伴奏楽器はどう聴いてもギターのように聴こえるのに実はオルガンだったという話は既にしました。
これに似た話題としては、Let It Beの中の曲Two Of Usの低音楽器です。
この曲はポールもジョンもアコースティックギターを弾くので、ジョージがベースに回ります。
その"ベース"はどう聴いてもベースなんですが、なんとギターの低音部をベースみたいに弾いているのです。
音色といい節回しといいベースそのものです。あっぱれジョージ。
ところでこのTwo Of Us。ジョンとポールの二人の歌だと思っていたのですが、実はポールとリンダの"Two"だそうです。

さらにこれに少し似た話として、Day Tripperのリードギターとベースがユニゾンで弾かれていることも既に紹介しました。なんともドライブ感のあるアイデアです。
1966年の東京公演ではこの曲を演奏したのですが、PAの不備のためか、ジョージのリードギターの音が十分に出ず、ポールのベースの音がほとんどのリフで聴こえていました。

次はRubber Soulに収められているThink For Yourself(邦題「嘘つき女」)。この曲ではベースがファズに通っています。

最後はAbbey Roadに収められているI Want You。
この曲のベースではでは珍しくも「テケテケ」が使われています。
あのベンチャーズで超有名になった「テケテケサウンド」。
あれをベースで演るのだから恐れ入ります。
しかもI Want Youのあの緊張感にうまくマッチしているから不思議です。「テケテケ」は本来陽気な表現なのに。

では今回はここまで。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Two Of Usのベース

確か、映画の中で、ポールがフレーズを指定して、
それを、ギターで弾かされるジョージが反発して、
険悪な口論が始まったように、記憶しています。

演奏だけ聴くと、さすがにジョージは、ベースらしく
見事にラインを弾ききっているのですが・・・。

ジョンが使っていた、6弦ベースを弾けばよいのにと、
不思議に思ったのですが、ポールの頭の中では、
ギターによるベースラインという音が、鳴っていたのでしょうか。

Re: Two Of Usのベース

ギターマジシャンさん

ありがとうございます。
そうですね、映画では口論がありました。

映画の前半に、Two Of Usのアップテンポバージョンのシーンがありました。ポールがプレスリーの歌い方を真似するやつです。
あれはあれでカッコいいですけど、その後フォーク調に変っていく中で、ジョージのギターベースがどのような考えで具体化していったのか、大変興味深いです。

ST Rocker(管理人)
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード