日本語では同じなのに英語では別の言葉

みなさまこんばんは。
今日はようやく春本番のとってもよいお天気でした。
もうかなり散っている桜ですが、今日の天気には似合いましたね。

日本語では同じ言葉なのに、英語では違う言葉の例をいくつかご紹介します。
--------------------------------
<lookとsee(見る)>
Look (at)は単純に目が光を感じて見る行為そのものなのに対し、seeは脳内でその視覚を処理するところまでも含む。
例えばlook at himは「彼を視る」に過ぎないが、see him runningは彼が走っているのを見る、つまり走っているという観察をも含む。
Listenとhearの関係に似ている。
日本語の「見る」も状況で使い分けてはいると思う。

<footとleg(足)>
日本語では鼠径部である足の付け根から下は「足」であって、区別しない。
しかし英語では、くるぶしから下をfootと言い、そこから上はlegであり、別物である。
強いて言えば、legは「脚」か。
Hand(手)とarm(腕)の関係と一緒である。

<seaとocean(海)>
これは少し難しい。
実は英語においてもある程度ダブって使われているように思う。
強いて言うと、seaとは陸(land)に対しての「海」という感じ。
あるいは「ああ海が見えた」のような時の「海」。
それに対しoceanとはある広域の「海洋」のような状態を言うのだと思う。
Pacific Ocean(太平洋)、Atlantic Ocean(大西洋)などと言うし。

<universeとspace(宇宙)>
Universeとは、あの広大な宇宙のこと。
宇宙全体を指すこともああれば、銀河レベルで広がる宇宙を意味することもある。
いずれにせよ、この世であるところのビッグバンからできた「宇宙」だ。
だから定冠詞theを伴う。
しかし最近の研究では「多宇宙」という概念が出てきたから、universeも複数形や不定冠詞aを伴うようになることであろう。
ビートルズの名曲Across The Universeは有名。
これに対しspaceとは地球の大気圏を外れた宇宙空間のこと。
だからスペースシャトルみたいに地表上わずか数百km上空を飛ぶのでも、そこはspaceである。
また、スタンリー・キューブリック監督の名SF映画「2001年宇宙の旅」の原題は2001 A Space Odysseyであり、太陽系内の宇宙旅行の話である。太陽系程度では広大な宇宙のごくごくごく一部であり、universeとは呼べないからである。

<allとevery(全て)>
英語においてもこの2つはそれほどは違わないが、発想が違う。
Allは全体をひっくるめて考えるが、everyは一つ一つのどれもが、ということである。
結局はどっちもその集団を構成する一要素がみなそうだ、ということであるが、everyは例外がない分だけ、意味が強いかもしれない。
Allはもしかしたら構成員の多少の例外を許容するのかもしれない。
さらにAllは全体を一つのものとして捉えることもある。その場合単数形だ。
ビートルズのDig A Ponyという曲ではAll I want is you.というフレーズがある。
ジョンのヨーコに対する迸る愛の表現である。
しかし、オレの欲するものの全てはオマエだ、なんて言われた方もたまらんですね。

<fireとflame(火)>
Fireは、人間の火の所産によるもの、例えば火事とか射撃などの広義の意味も含む。
それに対しflameは火そのもの、すなわち「炎」と言った方がいい。

<carとautomobile(自動車)>
これについては私も厳密な違いを知らない。
当然carの方が口語的であり、日本語の「クルマ」に近い響きがある。
だからと言って、最近ではcar electronicsとかcar navigationのように、従来のautomobileの意味でcarが使われることも多くなってきた。

<ironとsteel(鉄)>
Ironとは素材としての鉄を示す。すなわち元素記号Feで示される材料のこと。
これに対しsteelは製鉄された鋼のように加工された鉄のことである。

<I'm sorryとExcuse me(すみません)>
この違いは日本人には使い分けにくい。
I'm sorryとは、本当に悪いことをしたと感じて謝罪すること。
あるいはお悔みを表すこと。
これに対しExcuse meは「ちょっとすいませんが」のような感じ。
それとか、くしゃみをしてしまったような場合もExcuse me。本当に謝っているのとはちょっと違う。
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最近外国の方と仕事上、メールのやり取りをしているのですが
本当に悪いことでない場合もなんとなくI'm sorry~ を連発していました。
ニュアンスって結構難しいですね。

No title

こんばんは♪

今日の地震は大丈夫でしたか?
つくばは結構揺れたんじゃないですか?

今日の記事勉強になりました。
英語もそうですが日本語も間違った使い方することって
よくありますね(^_^;)
気をつけないと・・・
先ずは日本語の正しい使い方からです、私の場合(笑)

面白半分さん

こんばんは。
大宮公園は、桜の咲き始めの3/23(土)に行きました。
出店が一杯出ていて賑わってましたよ(笑)
面白半分さんも英語で仕事されているのですね。
それなら適切に使っておられることでしょう。
ニュアンスはたしかに難しいですね。

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
今日は暖かかったですね。
地震のことありがとうございます。
はい、久しぶりにそれなりには揺れました。
でもほとんど大したことはありませんでした。
鹿島とか銚子のあたりが今日はよく揺れたようです。
そふぃーおばさんさんの日本語は素晴らしいと思います。
学ぶことだいですよ。
それと、鍵コメさんへの返信がいつもすごく粋ですから、真似ようと思いますが、これがなかなか。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード