FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.45 「年を取っても」

いやあ今日は暑かったです。
昼休みには10分歩いてある大手都市銀行の店舗まで行って来まして、大汗をかきました。
通帳の届出印がどれだかわからなくなってしまいましたので、銀行に電話したところ、顔が確かめられるIDを持って店舗に行かないとだめとのことでした。
「えっ、そんなアホな。それじゃ1960年代と同じじゃないか」と思いました。このIT全盛の時代に。
仕方なく、免許証を持って店舗に行ってきたわけです。

店に入りますと異様な光景に息を呑みました。
ガードマンのオッサンが2人立っていまして、その無骨な動作で客を案内しているのです。
そして、愛想ゼロで性格不明なオバチャンも立っていました。しかしあまりに近寄り難かったです。
目的を済ませる前にトイレに行きたくなったので、トイレを探してキョロキョロしていたところ、ガードマンさんと立っているオバチャン行員さんに思い切り睨まれまして、ガードマンさんに「すみません。トイ

レはどこですか?」と尋ねたところ、そっけない言い方で「7階です」と。
たまげました。なんでトイレのためにわざわざ7階になど行けましょうか。開いた口が塞がらずトイレは我慢しました。
その後窓口の女性行員さんにその理由を尋ねましたところ、セキュリティ上1階にはトイレを設けないことになっているとのことでしたが、そのそっけない言い方にはがっかりしました。
以前、我々の税金で救済したのではなかったでしたっけ?

このところ脚に錘をつけていますので、今日は多いに鍛えられてよかったです。
53になっても脚の筋肉はしっかり鍛えられるのですね。我ながらびっくりです。

小学生の中学年の時、はじめて生のロックバンドの発するベースの地響きに背筋がしびれました。
また同時に、いずれ年を取って40や50になったらさすがにロックなんて好きでなくなる、受け付けなくなる、と思っていました。
ところがどうしてどうして。ロックへの感覚が失せるどころか、ますますその憧れを増しています。
超高音のボーカルの憧れはますます増し、日々精進しています。
より広い音楽への感心は培われましたが、それはロックからのシフトではなく、全てがプラスになったわけで、失ったものはありません。
ただし、朝の満員電車での大音量のイヤホンだけはNoです。
朝から大音響のロックは無理です。それは年と関係あるんでしょうかねえ(?)

そういう意味でビートルズは自作自演でロックを是非死ぬまで追求してほしいです。
谷沢永吉がある時からベースを下ろしボーカルに専念したことは私は多いに不服です。
私はジョンの主夫は個人的には好きです。でもそれだけではいやでした。
だから1980年に、ジョンのサウンドが再現されたDouble Fantasyを聴いた時はどんなにうれしかったでしょうか。
ですので、ポールは絶対にロックのセンスを忘れないでほしいし、一生ベースを奏でながら歌ってほしい。
リンゴは元々多彩な人ですから、今後もこのペースでいろんな芸術を披露してほしい。息子さんもドラム頑張っているしね。

ではまた。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

演歌にはならなかった

高校生の頃、「年取ったら、演歌でも歌っているのかな」と、
友人に言うと、「いや、飲み屋でもパープルだな」との返事。

そのときは、笑ったけど、実際にそんな中年になっています。

解析の合間の、こうした話題、すごく読んでいて楽しいです。

No title

ギターマジシャンさん

いつもありがとうございます。
なるほど、パープルですか。
そして、あと20年経っても同じなら本当にすごいですね。

今日は帰り遅かったですのでもう書けませんが、
明日からまた頑張ります。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード