GW 9日目(最終日)状況 - 「政治経済・提案・考え方」関係記事体系付け

みなさまこんばんは。
今日はとてもよいお天気でしたね。明日もよいそうです。
私は明日は仕事ですので、今日が私のGW最終日です。
4/26は病院での検査でしたので、休みという意味では10連休でした。

「心・技・体」に有意義なGWでした。
派手なことやお金のかかることは何もしませんでしたが、自分なりの目標は達しました。
今日の記事は「技」の部分のまとめ的内容です。
------------------------------------
5/1のGW 5日目の記事に書きましたように、このGWはこれまでの「政治経済・提案・考え方」関係の記事を全部印刷し、重要なものをピックアップし、体系付けることにしました。
これからの仕事の道筋を付けるためです。
重要なものとしてピックアップした記事は5/1の記事で紹介しました。
それらの記事を全部積むと、下の写真のようになりました。

コピー用紙の販売用1束分くらいの厚さです。
我ながらよく書いたなあ。

これらを再度読み直し、類型別するとともに自分なりにコメントを残しておこうと思いました。
そして、中でもよくできた作品には☆印を付して祝ってやろうと思いました。

では、体系付けとコメントと秀作☆印、下記します。
記事は日付の古い順です。
下の写真のように整理しました。


1.まとめ記事

「政治経済・提案・考え方」関係のまとめ記事です。

2012-01-28 "精神工学"の提案 - どうする貿易赤字? -
☆本ブログのかなりなまとめです。

2012-03-25 いよいよまとめの段階
2012-03-26 昨日の続き
2012-03-27 さらに続き
☆政策的な部分の要諦をまとめたものです。
野田元総理の頑張りどころでしたので、それに向けエールを送った意味合いもあります。

2013-04-28 GW 2日目状況

2013-05-01 GW 5日目状況 - これまでの一旦まとめ

2.政治・日本国戦略

2011-03-30 ケーススタディー:私が首相だったら・・・(福島原発事故におけるリーダーシップのあり方)
2011-03-31 昨日の補足
☆福島原発の処理に際して、自分が首相だったらの想定のもと、渾身の提案。

2011-04-23 リーダーシップ論

2011-06-03 What toとHow to
What to(何をするか)とHow to(どうするか)という重要な概念の使い分けと政治との関係を、新しい考えのもと提唱しました。

2011-11-03 日米の国の仕組みの違い
主に、大統領制と議員内閣制の違いによる日米の違いにつき述べました。
さらに日本の特殊性についても言及し、これから我々はどう考えるべきかにつき、提言。

2011-11-23 アメリカ合衆国通商代表部 - アメリカはTPPをどう考えるか
アメリカの政治組織の強力さの象徴としての通商代表部を紹介。
その仕事の一つであるTPPを取り上げ、日本はTPPに際しどう構えるべきか、を提言。

2011-11-23 財政の透明性
☆日本の財政超赤字は悩みの種だが、なかなかこれという解法がありません。
そんな中、ある研究家の論文を取り上げ、斬新な考えを紹介。斬新かつ説得性があります。

2012-08-19 ジャパンイズムとは何だろうか? (その1)
☆日本の強みは何か。その根源的な問いに対し渾身の提言!

2012-12-12 今こそ”力学政治”の出番
国や政治の状況はダムに喩えられます(筆者意見)。
ダムをどう改良していくのか、という定量的考え、すなわち「力学」こそが今後は重要。
これまでの定性的な考えだけでは政治はやっていけません

3.経済

主に日本の国力を増すのに何をどうしたらよいかの基本的考えを共通化するための解説記事です。

2011-11-06 日本の国力緊急チェック
☆国の経済的な力を比較するために、テレビや新聞ではあまり教えてくれない指標およびそのデータベースを紹介。
マスコミの扇動に煽られてはいけません。
自分で考えましょう。

2011-11-08 GDPを上げるには
☆国力と種々経済指標はともするとごっちゃにとらえられがちで、人々の間には誤解も多く存在します。
GDPを上げることは重要です。GDPとはその国の付加価値の総計です。
GDPを上げるには国内で何をどうして、外国との間ではどうあるべきか、の基本的な問題を解説します。

2011-12-11 付加価値を上げるには

2011-12-14 GDP内訳を考えてみる。

2011-12-15 我が国の政治経済への提言(一旦まとめ)
☆GDPや財政のことのポイントをばっちりまとめました。

2012-04-18 お金をダムに喩えてみる
☆生まれて初めてお金をダムに喩えました。

4.「確率、定量、因果関係、論証」を重視した考え方

日本人は優秀であるが、物事を「確率、定量、因果関係、論証」の立場から考えるのが苦手であり、しばしばミスリードをする。
物事を定性的、観念的、情緒的に捉えがちな国民性だからだ。
これまではそれ自体強みでもあったが、この混迷の時代、それだけでは大きなミスをしかねない状況になっている。
今こそ我々理科系人間、技術系人間はこの点をリードしないといけない。

2010-08-28 文科系 vs 理科系
☆このブログにおけるこのテーマのセンセーショナルな最初の記事。
今でも十分説得性があります。

2010-12-24 AならばB(命題の論証)
☆論証に関して渾身の解説。

2011-07-20 作為抽出と無作為抽出
☆これも非常に重要な概念。

2011-11-24 二千円札が消えた謎
☆アイデア賞

2011-12-17 理科系人間の雄たけび(改めて・・・)

2012-02-05 首都直下型M7級70%の真の意味
身近な典型的なミスリードしがちな例。

2012-11-07 因果関係を明確にすることこそポイント
☆因果関係を正しく捉える、ということにつき最近の重要トピックスを例に渾身の提言。

5.生き方、メンタルヘルス、自己啓発、能力向上

2010-12-21 リーダーシップとフォロワーシップ

2011-01-11 30代、40代の方へ
☆若い世代への熱いメッセージ。

2011-06-20 人生は歳を取るほどおもしろい
☆タイトル通り。

2011-06-26 ポジティブな言葉で指導する

2011-11-28 アクシス・デザイナー
人に考える軸を提唱すること。これこそが”アクシス・デザイナー”。(私の造語)

2012-09-25 人を丸ごと受け入れる(または愛す)ということ
☆私の人生において重要な学んだことの一つ。

2011-12-04 アクシス・デザインあれこれ

2012-12-28 常識を敢えて疑ってみる
常識というのはいかに人々の発想を制約しているか、です。

2013-02-13 ネタ切れにならない法
いつも斬新なネタをもつというのは結局・・・・。
特別な秘策ではありません。

2013-03-13 短時間にたくさんのことをやるために
2013-03-15 短時間にたくさんのことをやるために(補足編)

2012-12-25 「継続は力なり」の定量的意味
☆結局、複利計算と一緒なんです。

6.職場のメンタルヘルス、新しい職場の活力とアウトプット

2011-08-16 高校野球
高校野球には意外な見習うべきことがありました。

2012-09-04 集団智とは何だろうか?(サラリーマンの「脳」に見る)
日本のサラリーマンの組織の強み、弱みは何でしょうか。

2013-04-06 ハラスメントを考える
☆セクハラ、パワハラは既に大きな社会問題だし、防止策が研究され始めたので、それはお任せするとして、ここではもっと日常的な上司や指導者の問題と、その解決へ向けての提言です。

2013-04-26 上司の件でさらに
上司問題に関して新たな提言です。

以上です。
☆印をつけたテーマは今後具体的なケースを対象に活動を行っていきたいですし、あるいは一般向けの解説のための活動に入るかもしれません。

同じ作業が科学、音楽、冒険、その他でもできます。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。 こんにちは。
わかなと申します。
コメントをいただき、ありがとうございました。

早速、過去記事の「2010-08-28 文科系 vs 理科系」を読ませてもらいました。
>文科系出身者は都会勤めでストレスは多いけど、一般には華やかで文化的刺激も多い
まさにその通りだな~と思います。
田舎育ちの私には、毎日都会でストレスフルはきつかったな‥と昔を振り返りました(笑)

理論なのか、実用なのかで分けた方が、仕事もスムーズかもしれませんね。
同じ文系だと思ってた人も、理論か実用かで分ければ違うとも思いますし、違うことを認識して仕事した方がストレスも減るように思います。

わかなさん

こんばんは。
コメントをいただきまして、とてもうれしいです。
そして早速「文化系vs理科系」を読んでいただき、さらにうれしいです。
わかなさんは田舎育ちで都会でお勤めだったのですね。
ストレスの多い環境で大変でしたね。
おっしゃるように分業も合理的に行って、本社の場所も合理的に考えれば、ストレスの低い会社がつくれそうですし、働く人もハッピーになるでしょうね。

これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
まったく同じタイミングでコメント打っていましたね(笑)
おっしゃっていただいたこと、超うれしいです!
でも、それほどでもありませんよ(笑)
楽しんでいただけてうれしいです。
ありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード