”運動神経”とは? - 筋肉の効用

みなさまこんにちは。
ダブル投稿です。
先日は身長が伸びる話にお付き合いいただきありがとうございました。

それに関連して筋肉のお話です。
---------------------------
よく「あの人は運動神経がよい」とか「私は運動神経がないから」なんてよく言いますね。
あたかも”運動神経”という絶対的な機能がその人生まれながらに備わっているように言われますよね。

私なども、子供の頃は運動神経がないことを自他ともに信じていました。
また、それ以上に引っこみ思案だし、親も運動を子供に教えるという発想もなかったので、小学生までは運動する機会が圧倒的に不足していました。
体も小さく非力だし積極性もなく、自分は運動とは無縁の人生を送るんだな、と子供ながらに思っていました。

ところが、中学に入ると卓球部に入部しました。
トレーニングも厳しく、初めて運動を本格的に始めたのでした。
すると身長が1年に10cm以上伸び始め、体も少し逞しくなってきました。
そして、マラソン大会では全体の真ん中あたりに入ったりしました。こんなことはそれまでありませんでした。
器械体操なんかは苦手でしたが、球技の系統は結構得意かもしれない、と思うようにもなりました。

しかしそうはいえ、20歳頃までは普通の人に比べれば運動は少なく、筋肉はほとんどついていませんでした。
ところが、24歳で千葉に住むようになり、地元の自然を愛すようになり、友人に誘われウィンドサーフィンをやったり、スキーに打ちこむようになりました。

そして、32歳頃、ランニングを本格的に始めました。
最初の動機はスキーのための足腰の強化でした。
ところが、ランニングそのものが自分にはピッタリはまりました。
走れる距離がどんどん伸びて行き、最終的にはフルマラソンや駅伝をやりました。
この時点で初めて「自分は運動家だ」と言えるようになりました。

さらにそれ以降、ウェイトや登山など、いろんなスポーツをやってきています。

体的にまとめますと、30歳以降、心肺機能、体力、筋力がついたと言えます。

前置きが長くなりましたが、私の意見では、”運動神経”というような単純な絶対的なものはなく、筋力がつくとかなりの部分でいろんな運動を行う能力がアップする、です。
ある運動をうまくできるにはいろんな要素がありますが、いかに思ったことを実際の動きにできるかは、やはり筋力が大きく物を言うと思います。

筋力がついたことで結構得意になった運動もありますよ。
例えばボウリング。
昔非力だった頃は100いくかどうかの低スコアが多かったですが、40代後半で180台をマークしたことがあります。
ボウリングは体の向きと振り子の軸をいかに安定させるかがポイントだと思います。

筋力が付くと、基礎代謝も上がりますし、活性酸素もやっつける機能も上がるそうです。
筋力が付くと意志も強くなるような気もします。
スポンサーサイト

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
今日は結構な降りでしたね。
お元気のことと思います。
今日もまたとってももりだくさんかつ心温まるコメントの数々、感謝いたします。
2つの記事にもご丁寧にコメントをいただきました。
鍵コメさん、いろんな点でご謙遜と思います。
後ほどお邪魔します。

お久しぶりです

私が考える運動神経について書かせて頂きます。単純に走ることから、跳躍や、指先を使うもの、リズムを取るもの、と単に運動といっても様々な体の部位を使い、動きを協調させる必要があります。ですから、みなそれぞれ得意分野があったりします。勿論全て得意な人もいますが。有名な話ですが、昔、体操の金メダリスト、森末慎二が球技が全く苦手で、野球のフライが全く取れないのをテレビで見たことがあります。また、フィギュアの高橋大輔選手も球技が苦手と言っています。
私自身、子供の頃から足も遅くて、球技一般がダメだったので、自分は運動神経が悪い、とずっと思い込んでいたのですが、20代でダンスを始めて、意外とセンスがありそう?と気がつきました。逆に、脚が速くて球技は何でも得意なダンナは、ダンスのセンスは全くないようです。以前テレビでムーンウォークやってるとこで、二人で真似してみたら、私は10分程で出来るようになりましたが、ダンナはいまだに出来てません。

と、長くなってしまいましたが、運動とは、筋力と動きをコントロールする繊細さが、上手く組合わさって行われているもので、練習で習得していけますが、個人によって体か覚えるのにかかる時間が違うだけだと思っています。最近ではその観点から、子供にスポーツを教える時に、別の競技や一見関係なさそうな動きを使ったりして、習得を促すように研究されているそうですよ。

yuccalinaさん

おはようございます。
こちらこそお久しぶりです。
とてもご丁寧なコメントをどうもありがとうございました。
とても詳しい具体例を紹介いただきましたので、参考になりますし、興味深いですね。
やはり基本は、「運動神経」という単純な先天的な事柄で支配されているのではなく、運動というのは後天的なことも含め、様々な複合的な要素の総合的作用だということですよね。
運動の種類によりどのような要素が重要であるかも変わってくるのでしょうね。
そうしたことを適正に知ることによりその人の運動ライフを効率よく楽しめるようになればいいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

5/13 05:51の鍵コメさん

おはようございます。
早朝にも関わらず大変感謝です。
ありがとうございます。
先ほど少し書かせていただきました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード