FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.46 「弾き語り指南(ギター編) Part 2」

ギター1本でカッコよく弾き語れるビートルズナンバーの紹介Part 2です。

Part 1ではI Feel Fine、Yesterday、I've Got A Feeling、Dig A Ponyを紹介しました。
ビートルズ特有の押さえ方が粋な曲として紹介しました。

今回はボーカルのメロディーで押して、ギター伴奏はわりとシンプルなもの、つまり歌に集中の曲を紹介しましょう。

初期ではI Shoud Have Known Better。
はつらつたるジョンのナイスナンバーです。
映画A Hard Day's Nightでこの曲は印象的に撮影されています。
このタイトルを直訳すれば、「もっと知るべきだった」です。邦題は「恋する二人」。
ジョンの詞はこの曲で既にかなり大人っぽくて意味ありげです。
でも、聴いた感じは「恋する二人」なんだな。
ビートルズの邦題をつけた人、マーケティング的にはなかなかだと思う。
直訳の邦題などほとんどないけど、なぜか結構納得させられるし、買いたくなる。

この曲のメロディーはとにかくはつらつとしている。若干素人っぽい造りも感じるけど。
ギターはGを中心とするオープンコードだから簡単。簡単な曲集の本のコードネームを見るだけでOK。
時々コードストロークのリズムを、CDを聴きながら注意する程度でOK。
これで十分彼女(彼氏)も参ること必至。
さらには、ボブ・ディランや吉田拓郎のようにハーモニカーを吹きながらやれれば最高である。

中期ではThe Night Before。
Helpに収められていて、オープニングのHelpの次の曲。
映画Helpでは草原で一応バンドスタイルで歌っている。それがカッコいい。
これをギター1本で弾き語る人は稀であろう。だがそこが狙い目。

ギターのコード自体は簡単だが、表情とメリハリをつけないとだらけた感じになってしまう。
これは曲を聴いて感じを掴むしかない。(ただし曲の伴奏楽器はオルガンだが、ギター的に弾いているので、ギターとして捉えてOK。)
イントロの不思議なコード進行をギターのコードストロークのみで十分感じを出せる。
ボーカルのキーが高いので、出にくい人はギターを移調するとよい。

そして後期ではBlackbird。
White Albumの中の1曲。
すごい名曲に聴こえるが、ギターの鳴っている音は基本は2音のみで、あとオープン弦のGが鳴りっぱなし、という珍しい奏法である。
TAB符のフルスコア(実際に売り出されているかどうか知らないが)を見ればすぐに弾けるだろうし、CDを耳で聴いても比較的簡単に音が取れると思う。
なぜなら、ギター以外の楽器は鳴っていないし、基本は2音のみなので、上の音、下の音を別々に聴き取っていけばよい。
2つの音が同時に鳴る抑え方は自ずと限られてくる。
出だしはオープンのGでだんだんハイポジションに移って行き、ネックの根元の方まで上る。そしてまた降りる。
歌とギターの連携は比較的自然にとれる。
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひそかに弾き語り

この企画すごく、いいですね。

フォークギターを出して、歌ってしまいました。

昔から、かき鳴らすだけで、さまになっていたのが、
「悲しみをぶっとばせ」「No Reply」です。

「A Day In The Life」なんかも、サビ以外は、
アコギのストロークだけで、それらしい雰囲気に。

あげていくと、きりがありません。

なるほど

ギターマジシャンさん

毎度ありがとうございます。
なるほど!
悲しみをぶっ飛ばせ、No Reply、A Day in the Lifeね。

そういえば、No Reply。高校生になったばかりの頃、「やるなあこの詞」と思いましたよ。
結構男女の恋の本質を突いてる、なんて生意気にも思ってました。

多いに参考にさせていただきます。

ST Rocker




プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード