私の答えとみなさまへのコメント

みなさまこんばんは。
いよいよ梅雨ですね~。早すぎます。
お元気でない方もいらっしゃるかもしれませんが、負けずに頑張りましょう。

前回の問いに関する私の答えとみなさまへのコメントを書いてみます。
--------------------------------
今回も私は比較的純粋な科学の問いとして答えてみます。
しかし、個々の内容について正解を確認はしていません。私の書くことに間違いがあるかもしれません。
でも今回はそれを気にしないでください。考え方のみ注目してください。

そして今回も正解は一つではありません。
問題をどう捉えるかにより問題への対処の方法は全然変わってきます。
また、条件の違いによっても変わってきます。
さらにまた、文科系の方々が問題をどう捉えるのかにとても興味があります。

では例により青字で。
コメントをくださったuriboさん、TERUさん、さとちんさへの私からのコメントも含めて書きます。

Q1: 最近の車はほとんどが電波式のキーです。キーがポケットの中にあっても、カバンの中にあってもドアロックは開閉する。しかし、キーが携帯やi-Podなどの電子機器の近くにあると開閉の言うことを聞かないことがあります。なぜでしょう?

答えを書く前にまずは、作動しないことがあるという事実は本来あってはならないと思います。さらには誤動作もある気がします。
これは由々しきことです。なぜなら、一昔前の人間の手により開閉したキーに取って代わったわけですから、人手式よりも信頼性が落ちてはいけないはずです。
そういう意味では「怠慢」というのは賛成ですね。

同じ車用のキーでも、キー毎に周波数を変えて設定するはずです。
それがどの周波数帯であるのか知りません。でも、キーから発するのは「電波」であることは間違いないでしょう。
電波というのは必ず電場と磁場に影響を受けます。
また、キーは電波を発信も受信もすることでしょう。それらの周波数が異なっている可能性もあります。
作動しない場合においては、送信側、受信側どちらが異常なのかはわかりませんが、おそらくは近くの電子機器の電池により形成される電場の影響でキーから出入りする電波を遮蔽しているか散乱させているかで、十分な検知ができないのではないでしょうか。

おそらくはその対策を取ることはできるのでしょうけど、コストが高くなり過ぎるのでしょう。
それよりは、多少誤作動があっても人間のフォローで大事には至らない、というメーカーの期待があるのでしょう。


Q2: 頑強な男がいます。その男の手も大きいこと。そんな大きな手で殴られたらさぞかし痛いでしょうね。どう思いますか?

みなさんおっしゃいますように、「痛さ」あるいは「快感さ」というものは相手の見てくれによる先入観で随分感覚が影響されますよね。
相手がいかつい男であれば「痛いっ!」って思いがちですが、その男がどんな風にタッチするかで大分違いますし、第一、いかつい男が悪いことをするとも限らないですね。
そして、デカイ手でぶたれても全体がうずく程度で、小さくて鋭利な傷の方が痛いということは十分に考えられます。

私の答えはですね、同じ腕力でも手の小さい男に殴られた方が痛い、です。
科学的に言うと圧力の問題ですね。
腕の力を相手にぶつける際、接触面積が大きい(=手が大きい)ことは単位面積当たりの力、すなわち圧力、が小さいことになり、痛くないのです。
それよりは、手が小さい方が狭い面積に力が集中し、つまり圧力が大きくなり、痛いのです。

意外でしたか?
僕は逆にみなさまに学びました。


Q3: 戦後食べ物がよくなり西洋化し、住環境もよくなった。しかしそのおかげで成人病が増え運動不足になり、昔の人より寿命が短くなると言われて久しいです。30年くらいまえ(?)には「42歳寿命説」なんて言われたりしましたが、その後今に至るまで寿命は縮んでいないどころかまだ伸びています。なぜでしょうか?

お三方のお答えはみな違いましたが、どれも正解だと思いますし、どれも大事なことだと思います。

科学的な立場から言いますと、医療技術の向上で寿命が延びたことは間違いありません。
もう一つの大きな理由は、栄養と住環境の向上による寿命への影響です。

食べ物が昔と変わったことは、成人病を増やした半面、体の筋力を増やしたり、体力を増やしたり、必要な栄養素を十分にしたり、抵抗力を増やしたりなどのプラス面も実は意外に大きかったようです。
住環境の向上は衛生面の向上やストレスの低減に寄与しているようです。
実は近代化は思ったより健康サイドだったようです。

ただ、このことと医療の向上のファクターの寄与率を正確に分けることは難しいです。
どっちが影響が大きかったのか? 現段階では判断できません。少なくとも、両方が寄与したのは確かのようです。

そして、未来予測はおうおうにして外れる。同感です。

本件に限らず、「こういうことはよいはずだ、悪いはずだ」と言われてきたのを見直す時期に来ていますね。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード