FC2ブログ

Coffee Break Beatles No.156 「こんなに早くからあったポールのピアノの真髄 - The Fool on the Hill」

みなさまこんばんは。
やったね、サッカー。ワールドカップ出場おめでとう!
--------------------------
The Fool on the Hill(邦題フール・オン・ザ・ヒル)は1967年にリリースされた一風変わったながらもよい曲です。
しかし私は昔はあまり好きではありませんでした。
小学生ではあるまいし、リコーダーを大人の曲に使うなんて、と思っていました。

この曲ではピアノが使われているのをご存じの方も多いでしょう。
後のレディー・マドンナやヘイ・ジュードやレット・イット・ビーで噴出したあのポールのピアノに比べれば地味だと思われませんか?
実は、なんのなんの。

ピアノだけの伴奏による弾き語りのThe Fool on the Hillバージョンがあります。
Anthology 2というアルバムに収められているDemo Versionというバージョンです。

すでにポールのピアノの真髄が見て取れます。
歯切れよく軽快で、表情豊か。
サイコーです。

とにかく聴いてください。
私も是非パクりたいです。

YouTubeは下記のクリックください。

オリジナルリリースのThe Fool on the Hill
Anthology 2のThe Fool on the Hill (Demo Version)
スポンサーサイト



テーマ : THE BEATLES
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

サッカー、ハラハラしながら見てましたが、
どうにかワールドカップ出場が決まって本当によかったですね(*^_^*)
本多選手のボールを小脇に抱えて立ってる姿は
「絶対決めてやる!」という強い意志が感じられて素敵でした♪

ところで、この曲、私は嫌いじゃないんです(*^_^*)
リコーダーがこの曲を温かないい雰囲気にしてるな♪って(笑)
小学生の頃、ハーモニカよりもリコーダーの方が
得意だったせいもあるかもしれません(^_^;)

ST Rockerさんの演奏も楽しみにしていま~す♪


そふぃーおばさんさん

こんばんは。
暑かったですね、今日は。お元気でしょうか?
サッカー、本当にやりましたよね。
あれだけ押し気味で負けたらショックですもんね。
そころでそふぃーおばさんさん、この曲好きだったんですか。
それはショック!(笑)
って、そんなことないですよ。好きな人の方が多いですもんね。
そして、さすが女の子ですね。
男の子としては幼稚園~小学校で音楽の授業でいい思い出はありません(笑)
はい、この曲、ロックピアノで攻めてみます。

No title

こんにちは^^

デモバージョンのピアノ、

「マッカートニー」「ラム」「ワイルドライフ」あたりの
雰囲気が漂いますね♪

Mr・へぼいさん

おはようございます。
暑いですね。お元気でしょうか?
このFool on the Hillのピアノ、なるほど、そうですか。
たしかにあの67年にしてはすでにかなり形になっていましたもんね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード