原発についてちょっと

みなさまこんばんは。
また少し暑くなりましたね。
今晩は高原ナイトというわけにはいかないようです。
-----------------------------
僕は原発については大変大きな関心がありますが、このブログではあまり話題にしていません。
でも、今日は大事なことちょっとだけ述べさせていただきますね。

最近の原発議論は盛んですね。
でも、僕に言わせれば、本当は1980年代、90年代にもっと議論すべきだったのです。

1980年代の終盤。
世の中や政治の流れは、「原発はリスクはあるけど、日本にとって有益だからどんどん進めよう」でした。
でも僕は反対でした。

なぜなら、あの核分裂という反応はよい意味でも悪い意味でも特別過ぎましたし、その安全管理という点で実績がなさ過ぎました。
それに、「死の灰」を処理する抜本的な技術も方針もありませんでした。

そして、当時のパイロットプラントでも数々の不具合が起きていました。
例えば、90年代の中頃には高速増殖炉「もんじゅ」のナトリウム漏れが起きました。
僕はもんじゅの見学をしました。
冷却材にナトリウムを使うということにびっくりしました。だって、化学者としては、ナトリウムは水分と激しく反応し爆発するのですから。

それ以外の原発パイロットでの事故は随分報告されていました。
つまり、大きな事故は十分予測できたにもかかわず、日本国民は原発推進を支持してきたのです。
そこを忘れてはいけません。
2011年の震災時点には全発電の3割以上を原発が負う状態になっていまして、とりもなおさず日本国民がそれを支持してきたのです。
そこを忘れてはいけません。

ではこれからどうするか?

1.そもそも日本のエネルギー戦略とは。
2.原発再稼働のリスク評価
3.火力発電における燃料の展望
3.自然エネルギーの見通し

を論ずることになります。

そして、2に関しては、感傷的な話題に戸惑うことなく、自分の足で歩き確かめることです。
ちなみに、僕は虎ノ門の原子力安全委員会に行き、自ら資料を確かめました。(下記リンクご参照)
その結果、例えば、福島第二は少なくとも十分な住民とのコンセンサスのもとに建設されたものであろうことが感じられる、とか。

http://strocker.blog62.fc2.com/blog-entry-170.html
是非皆さま、お考えください。
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お金の問題?

まったく、おっしゃる通りですよね。おそらく、国民のかなりの方々が、ST Rockerさんと同じように考えていると思います。原子力発電は、やめられるならやめたい。

とはいえ、以前もべつの話題で指摘した記憶があるのですが、われわれは「経済」という頚木から逃れることができません。経済的に安定している国や地域は犯罪率が低いし、外国人にも寛容になるというようなことを書いたと記憶していますが、原発にも経済の頚木がありますよね。俗っぽくいえば、「お金をどうするんだ?」と。

いろんなことを考えて考えて、巡り巡ってぼくは、原子力以外の発電が「儲かる」仕組みを作るしか解決の道はないと、思うに至りました。理屈ではなく「お金」です。理屈が通じるのは一部の人だけですが、お金だけは世界中で、ほとんどの人に通じますもんね。

自然エネルギーの買い取り制度はその一環ですが、これは税金のつけ回しなので、長くは続けられませんよね。本当に「儲かる」ようにしなければならない。

どうしましょう?

これは大変、難しい課題だと思います。自然エネルギーの展望といっても、正確かつ説得力を持って予測できる科学者をぼくは知りません。だから、自然エネルギーの未来をテーブルの上に乗せて、原発の有無を含めた将来のエネルギー政策を語るのは、不可能ではないけれど、説得力の点でちょいと弱い。

逆に、放射性廃棄物は溜まり続けるし(廃棄物の最終処分場が決まるのは、遙か遠い未来だと思います)、廃炉の負担だって将来必ずやってきます。という主張には説得力がありますけど、20年後の心配をしろといっても、なかなか通じないですよね。

とはいえ、ぼくは未来を悲観していません。スキルと志のある人たちが、将来なんらかの役に立つと信じて、いまできることを、コツコツ諦めずに続けてくださっている。

それと、皮肉ではありますが、おそらく15年から20年後に(遅くとも30年後には)、廃炉や行き場を失った放射性廃棄物の処理に、膨大な国家予算を投じることになるのでしょう。そのときこそ、原発以外の発電が相対的に「儲かる」ようになるはずです。

あくまで希望的観測ですが、そのときまでには、ほかのエネルギー源も、経済的な説得力を持っていると思えますしね。

またまた長い書き込み失礼しました。

TERUさん

こんばんは。
暑かったり涼しかったりと変な天気ですが、お元気でしょうか? そして景気はいかがでしょうか?
「継続は力なり」のストーンズ、先日来この言葉が頭をめぐっております。なかなかよい言葉をいただいたと思っております(笑)。

さて、素晴らしいです。単なる一コメントではなく、小論文と言ってもよい、いくつかの大事で新しい提言が盛り込まれた内容です。
まずキーワードを復唱させていただきます。経済の頚木、経済は世の中を安定にさせる、お金をどうするのか?、お金は世界中に通じる共通の尺度、エネルギーは本質的に儲からないといけない、将来を悲観していない、廃炉や廃棄物処理はビジネスチャンスでもある、経済性をもつエネルギーは出現するだろう。

特に僕が感激しましたのは、将来は悲観していない、スキルと志のある人が必ず何かを成してくれるだろう、というところです。
自然エネルギーは今のところ効率悪くお金がかかりますが、技術的にも政策的にも必ずやブレイクスルーを成し遂げたいですね!
僕個人的には火力用燃料の開発と調達、そしてCO2が環境に与える影響の正しい把握、というところも手を抜きたくありませんね。アメリカは多分もうしっかり目算があるでしょうから。
以上のような点で是非頑張りたいですね。

さてTERUさん、話は変わりますが、日本の得意なところ(例えば集団智)を欧米に輸出し、と欧米の得意なところ(例えば規格化)を逆に輸入する、のようなことを考えているんですが、どう思われますか?
以前、輸出についてはTERUさんも少し賛同いただいたように記憶していますが。
機会あれば、また別途記事にしてみます。

では、天候不順ゆえ、ご自愛ください。

No title

こんばんは♪

科学にはド素人の私ですが昔から原発には反対でした。
エネルギーを原発に依存しすぎていて、これだけ科学が発達しているというのに
原発に代わる代替エネルギーがどうして発明されないのかも不思議で。。。
ド素人にはわからない難しい問題なんでしょうけど(^_^;)
増え続ける放射性廃棄物の処理問題もどうするんでしょうね。。。

そふぃーおばさんさん

おはようございます。
全ておっしゃる通りだと思います。
事故が起きてからの原発論議は大変盛んですが、僕がむしろ危惧するのは、ある程度わかっていたリスクを承知で大丈夫だろうと、我々の大多数が考えていた点です。
原発に限らず、物事はそういう傾向がある、と見た方がいいかもしれません。
変な天候ですので、是非ご自愛のほどを!

No title

またまた、コメント失礼します。

日本の得意なところを欧米に輸出し、欧米の得意なところを輸入する。

生産効率の改善というような、だれにもわかりやすい話だけではなくて、もっと、ポリティカルな問題を含めてですよね?

これについて、以前も書きましたけど、ぼくは可能性があると思います。また、ぜひ、記事にまとめていただいて、そのとき改めて考えさせてください。ぼくの考察なんて、大したことはありませんけど(汗)。

TERUさん(再び)

ありがとうございます。
はい、多分にポリティカルな要素も含まれています。
考えをまとめ是非記事にしてみます。
よろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード