FC2ブログ

国を挙げての分業は一体どこまでできるか。

みなさまこんばんは。
蒸し暑い上に、各地で局地的集中豪雨が起きています。今年の特徴ですね。
みなさまのお住まいは無事でしょうか?
半年くらい前に、「ニッポンはすごく快適な気候の日は年に何日もない」と書きましたが、同感されますでしょ?

さて、今日は国を挙げての分業の可能性についての提言です。
--------------------------------
何事も全部自分だけでやり遂げられたらいいでしょうけど、
いかんせん人間は得意なこともあれば不得意なこともありますし、環境や条件によってはそれをやることが非効率なこと、というのはよくある話です。
そこで、お互いに得意なことを相手にやってもらう、すなわち「分業」というのが古来からの智恵です。

懐かしい小学校時代の思い出としましては、あるガキ大将に交渉をもちかけ、「おまえの宿題を全部やってやるから、あいつをギャフンと言わせてくれないか」と言うと、「ああいいよ」ということで交渉成立、とかね。

こうした分業は個人のみならず、集団や企業でも行われています。
例えば、ある化学品の製造会社は、ある製品を合成したりとか精製したりは自前ではなかなかうまくいかないか、コストがかかり過ぎる場合は、他社に委託して製造するなどということは、我が国含め世界中で行われています。

こうしたことがもっともっと大々的に、そして新進的に行われたのが台湾の半導体の「ファウンドリー」です。
半導体は言うまでもなくアメリカが先行し、そして日本にとって代われ、そして今では日本は青色吐息(これって死語?)です。
そうした趨勢の中、さっそうと現れた考え方が台湾のファウンドリー。訳すと、「受託生産」。

半導体においては圧倒的な後進である台湾は、設計から製造から応用までという一気通貫(=垂直統合)の事業スタイルにはとうてい太刀打ちができないことをよくわかっていました。
特に、半導体の設計は長い歴史と知的財産の山であり、この部分を後進組みが今さらゼロから積み上げる暇などありません。

一方台湾は、豊富な資産、融資や投資の盛んな文化、事業家精神、パイオニア精神、そしてアメリカ留学熱盛んによる優秀な人材、といった特徴が1990年代に顕著になってきました。
そこで考えたのがファウンドリー(foundry)。
すなわち、設計はやらないが、設計会社から仕様と規格さえ指示され、価格を合意すれば、依頼元の半導体製品を受託して生産する、というものです。
DRAM、ロジック、MPUなどの時代の先端を行く半導体素子を、依頼主の設計の元、契約した仕様、規格、価格で作り上げるのです。
そのための材料や装置や製法はファウンドリーの方で考えます。

台湾は、国(注;我が国にとって台湾は国ではない)を挙げてこのファウンドリー事業を計画しました。1990年代初頭のことです。
設計だけ行って、自前半導体素子のブランドをファウンドリーに作ってもらう会社にとっても、この仕組みは魅力的でした。

そして、TSMC(臺灣積體電路製造股份有限公司)、UMC、Winbondなどのファウンドリーの会社が90年代に生まれました。
そしてその優秀な資金力、組織力、企画力、技術力、人材力で大変大きな成果を挙げてきたのです。
この仕組みを最大限に活用して成功したのがアメリカのインテル。そして失敗したのがIBMでした。
インテルは台湾のファウンドリーに積極的に委託生産したのに対し、IBMは自前の生産にこだわったため、と言われています。

僕は1996年に台湾に行った際に、これらのファウンドリー企業を訪問し、材料を紹介しました。
当時は台北の交通事情は、「他車は入れさせず、自車は割り込む」という譲り合い精神ゼロ(失礼!)でしたけど、
ファウンドリーは新竹工業園区という素晴らしい近代的な工業団地の中にありました。
そして感動したのは、当時、若い研究者は日本語を話せる人が多かったのです。(今はどうか知りませんが。)
親日の国台湾を感じましたね。

・・・というわけで、今日はほぼ前置きのみで終わりそうです
言いたいことは、そろそろ我が国も国を挙げての分業を国策として考えてもよい時期に来たのはないか、ということです。

今日は結論を急ぎません。
でもちょっとだけ言いますと、日本の得意なことは規格化することではなく****することですよね。

こういう無形なことが果たして国策レベルで分業できるのでしょうか?

これが僕の今日のメッセージです。
スポンサーサイト



テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
今日はえらい蒸し暑かったですね。お元気でしょうか?
お気遣いとてもありがとうございます。
大変忙しいですが、なんとか大丈夫ですよ。
記事の件もありがとうございます。
はい、すでにかなり出来上がったアイデアがあります。
でも、いきなり書くよりも少しずつみなさんと考えて行きたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

8/7 05:41の鍵コメさん

おはようございます。
ありがとうございます。
では、一応狙ってみますが・・。
いずれにしてもおめでとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

8/8 16:24の鍵コメさん

こんばんは。
今日も暑かったですね。お元気ですか?
鍵コメさん、そんなことはないですよ。
鍵コメさんが誠実だからそう感じるだけだと思います。
鍵コメさんのような思いやりのある人は皆癒されているはずですし。
しんどい時こそ、いっちょやったる、で頑張るのもいいかもです。
一緒に頑張りましょうね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード