国会図書館で新聞閲覧しました。

みなさまこんばんは。今日2回目の投稿です。
昨日、国会議事堂の見学の後に国会図書館に行きました。
隣同士ですが、別のお話ですので、別の記事にしました。
----------------------------
国会図書館は正式には国立国会図書館(National Diet Library)といいます。

http://www.ndl.go.jp/

「国会」という名称が付いているので何か特別の人しか入れなさそうなイメージが湧くかもしれませんが、そんなことはありません。
誰でも入れます。
とにかく国内最大の蔵書・蔵資料を誇る図書館です。
ビニール袋に詰め替えれば、物を館内持ち込みできます。
登録制度を取っているので、最初には住所を証明するものを持って行く必要があります。



我々の税金でできているのですから、利用しない手はないですよ。
夏は格好の”避暑地”でもあります。
若い人も多く、中にはデートも兼ねてという雰囲気っぽい人も見かけます。
日曜・祝祭日が休みなのが残念ですね。是非ご検討いただきたいです。

で、私はなぜ昨日国会図書館に行ったのか、の理由について、少し長いですがご辛抱ください。

私が今研究しているテーマの一つが「日本の企業の規格化の歴史と日本の集団智の関係」です。会社の仕事ではなく、個人の研究です。
その一端は先の7月18の記事「"Specify"という言葉」で書きました。

ここでは簡単に書きますと、
物事や製品の性能、ひいては人の評価を規格化(specify)することは、現代のビジネスや社会慣行では”必要そう”なことではあるが、一方で日本人が古来から得意としている「集団智」(注;私の造語です)は自他ともにその重要性を忘れがちになっている。今の日本では前者がどんどん比重が増す中、集団智も渾然とやるようになっており日々の仕事もストレスも複雑になり過ぎている。もっと集団智を生かしてやるような方法はないか。
というのが私の基本的な考えです。

歴史的には日本ではこうした流れには次の大きな2つのステップがあるように思います。
1.規格化という概念が戦後主に企業で取り入れられ、欧米型の企業が出来上がった。(社会慣行もある程度同様)
2.さらに成果主義、個人主義、非終身雇用と言った事柄が欧米からのプッシュもあってとりわけ顕著になった。

これから集団智というものをクローズアップしていくには、そもそもが規格化的な現代のスタイルがいつ、どのように出来上がったのかを解明することが重要と考えています。
2はその流れの解明は比較的容易と思われます。
しかし1は結構難しいと思いますし、その理解がキーになると考えています。

前置きが長くなりました。
昨日国会図書館へ行った目的は1がいつ、どのように出来上がったのかを解明することです。
それを新聞により解明を試みるためです。

新聞というのは物事を雄弁に語りますね。
しかも半年分くらいを通しで読むとかなりなことがわかります。
国会図書館ではマイクロフィルムによる閲覧もできますが、私は製本したものが好きですね。何といっても紙がいい。
新聞を縮小コピーしたものを製本してあるのです。
どんな地方紙も昔からの号を保存してあります。

それで、1の解明結果なんですが、詳しくは別の機会にまとめたいと思いますが、少しだけ紹介します。
もちろん私があくまで新聞から得られた感触ではありますが、
今のような企業や社会の規格化的な基礎は作られたのは、私が思っていたよりもはるかに早くて、戦後間もない時期(例えば昭和22年頃)のようです。
昭和23年の後半の新聞では物事の考え方はもうすっかり現代のものと変らなく感じます。
それに対し昭和22年前半では明らかに異なります。

企業の仕組みや詳細に至るまでGHQの関与が大きかったことが新聞から伺えます。

こんなに短い時間で現代の仕組みの基礎ができたのが本当なら、その速さは驚くべきことです。
逆に日本人はそんな速い変り身ができるのだ、という別の意味での長所もあることになります。
そうした導入の時期に集団智はどのように扱われたのか、昨日の新聞読解ではわかりませんでした。
もっともっと読み込めば何か掴めるかもしれません。

さて、話は変わりますが、このように国会図書館はさまざまな目的に対し助けてくれます。
新聞を読むだけで相当量の情報がつかめます。
大学の研究室等に所属しなくても、自分の考えや目的によって、国会図書館を利用することにより論文が書けると思います。

ぜひ国会図書館に行ってみてください。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
今日はお疲れさまでした。
鍵コメさんも国会図書館に是非行かれたらいかがでしょうか。
鍵コメさんこそふさわしい場所のように思います。
その本は知りませんでした。
たしかに興味深いですね。

No title

ものは試しと訪れたことがありますが
本を借り出すことはせず
閲覧部屋にある辞典の類を眺めていました。

そのときは食堂も利用したなあ、と25年位前を思い出しました。

面白半分さん

こんにちは。
夏休み最後いかがお過ごしですか?
25年前にいらしたのですね。
雰囲気はその頃と多分変わらないと思いますが、今の特徴は端末利用が圧倒的に便利になったことだろうと思います。
食堂は大分おしゃれになった気がします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード