またまたご当地ナンバーの奇妙

みなさまこんばんは。
まだまだ暑いですね~。そして夏休みも終わりですね~。
お元気でしょうか?
男子マラソン頑張りましたね。

今日は新たに認可されたご当地ナンバーのお話です。
---------------------------
今回、新たに下記の10件のご当地ナンバーが認可されました。
詳しくは下記国土交通省のwebサイトをご覧ください。

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000039.html

新認可ご当地ナンバー(カッコ内は該当地域)
「盛岡」(盛岡市、八幡平市、岩手郡滝沢村、紫波郡紫波町・矢巾町)、「平泉」(一関市、奥州市、胆沢郡金ヶ崎町、西磐井郡平泉町)、「郡山」(郡山市)、「前橋」(前橋市、北群馬郡吉岡町)、「川口」(川口市)、「越谷」(越谷市)、「杉並」(杉並区)、「世田谷」(世田谷区)、「春日井」(春日井市)、「奄美」(奄美市、大島郡大和村・宇検村・瀬戸内町・龍郷町・喜界町・徳之島町・天城町・伊仙町・和泊町・知名町・与論町)

※「飛鳥」(奈良県:橿原市、高市郡明日香村・高取町、吉野郡吉野町)については、「導入見送り」とする。
(なお、関係する自治体との調整を踏まえ、本年10月末までに要望書の再提出がなされた場合に限り、改めて導入の是非を検討する。)

今回受けた印象は、単独の都市を該当地域とするナンバーが多いな、ということです。
なぜそれらの都市が自分の市の名を冠するナンバーを望んだか、よく頷けます。
特に、私はさいたま出身ですので、「川口」、「越谷」にはなるほどと思いました。

これまで埼玉県東部の一帯を春日部ナンバーとしていたのはちょっと苦しい気がしていました。
そんな中で名乗りを挙げたのが越谷。その気持ちはわかります。
でもなぜ草加や三郷は立候補しなかったのか、あるいは連携を組まなかったのか。

また、これまでの大宮ナンバー区域から独立する川口の気持ちもわかります。
でも、川口に三方を囲まれる鳩ケ谷市は今後も大宮ナンバーであり続けるのは奇妙ですね。
また、川口と隣接する蕨、戸田といった市は川口と連携する意志はなかったのでしょうか。
このあたりは「武南」(ぶなん)と呼ばれるので、武南ナンバーでもよかった気がします。

そして本当は「浦和」ナンバーこそ浦和の住民の悲願なのではないでしょうか。
しかしさすがに同じさいたま市から2つのナンバーを作ることはできないのでしょうね。
余談ですが、さいたま市ができる時に市の名称を公募したところ、1位が大宮市、2位が浦和市だったそうです(笑)。
大宮は交通と商業の中心地、浦和は政治と文化の中心地、ということで両者はライバル関係にありました。サッカーチームも2つあるくらいですから。

ご当地ナンバーが成立するための条件の一つとして登録台数が10万台以上、というのがあります。
概ね人口が2、30万程度の市、あるいは市町村の寄り合いであれば、第一関門を突破するわけです。

今後もこうした単独市のご当地ナンバーが認可されるようになると、従来の広域ナンバーに狭い単位のご当地ナンバーが島のようにぽつんと存在することになり、奇妙な感じです。

世田谷ナンバーができると住所を特定される危惧がある、という反対運動があったのも頷けます。

愛知県は既にナンバーの乱立状態になっていましたから、ここへ来てさらに春日井ナンバーが加わると、「ならばオレもワタシも」と次々に名乗りを挙げてくるのではないでしょうか。
そのうち、全国に「都市ナンバー」だらけになるのではないでしょうか。

逆に不思議なのが京都。
未だに府に1つのナンバー(「京都」ナンバー)しかありません。
舞鶴ナンバー、福知山ナンバー、八幡ナンバーなどができてもおかしくないと思うのですが。
やっぱ京都府の皆さんは全員が京都ナンバーがいいのでしょうか。

私自身に関して言えば、20歳の時に最初に乗ったクルマは昭和48年式スバル・レオーネ1400GL。あの頃珍しいFFでした。
その時のナンバーが「埼56 ね ・・39」。
次のクルマがホンダ・アコード1600ハッチバックで大宮ナンバー。
その後千葉→東京→千葉と住居を変えるも大宮ナンバーで通しました。

その後1989年に買ったクルマから袖ヶ浦ナンバーです。
この際、袖ヶ浦ナンバーを「房総」ナンバーに変えたらどうかと思う。
でも、名称を変えるってのはなさそうです。
何とかならないかなあ。

<2013-8-20付訂正>
「鳩ヶ谷市が今後も大宮ナンバーであり続けるのは奇妙」と書きました。
しかし、鳩ヶ谷市は2011年に川口市に編入合併されました。
よって今回、旧鳩ヶ谷市地域を含む新川口市が川口ナンバーの対象地域となります。
お詫びし、訂正します。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード