ビートルズのバックコーラスに初めて斬り込む - Let It Be

みなさまこんにちは。
今日は暑いですね。そして明日以降台風。
月曜は仕事です。

ビートルズのバックコーラスに初めて斬り込みました。
やや興奮気味です。
--------------------------------------
ビートルズはコーラスを前面に打ち出したバンドとして有名です。
主にジョンとポールによるメインボーカルのハモりがまず有名です。
それとともに、誰かのメインボーカルの裏でコーラスをやるのがまた際だっています。
つまり、後ろで「アーとかウー」とか言うアレですね。
早くも曲Please Please Meで聴けます。

私は、メインボーカルのハモりはかなり楽しんできましたが、バックコーラスについては諦めてきました。
もしバックコーラスが耳コピできて自らも歌えればどんなに楽しいだろうとは思ってきましたが、それは少し敷居が高過ぎると思っていました。
まあいいや、と思いまして。

ところが最近録音をいっぱいやるようになってきましたら、あのバックコーラスを理解しない限りビートルズを楽しむにも片手落ちではないかと思い始めたのです。
そこで思い浮かんだのがLet It Be。
映画Let It Beのスタジオの一シーンでこの曲の演奏風景を映します。
ポールがピアノを弾きながら”Let It Be"と連呼する部分で、ジョンとジョージは眉間に皺を寄せながらやや小首を傾げてバックコーラスを歌っていました。
きっと難しいんだろうなと思っていました。

かなり前からこの曲のバックコーラスの最初の部分が讃美歌のような厳かな響きになっているのがすごいなと思っていました。
ならば今日解明してやろう、と思い立ってピアノの前で孤軍奮闘しました。

以下、間違っているかもしれませんが、解明結果です。

バックコーラスは、間奏を境に前半と後半では構成が違いました。
前半部分は、高いミとその下のラのハーモニーでしばらく引っ張ります。
コードがAm→G→Fmaj7と変って行くのに、バックコーラスは「ミとラ」のままです。
ああこれが讃美歌だなと思いました。
この織り成す不協和音の美しさといったらなりません。(私の合唱ではなく、作曲としてですよ。)

後半のバックコーラスは、ドとラから始まり、ピアノの構成音と同じ音で下りて行きますので、とても素直なコーラスです。
前半はやや神々しいイメージ、後半は実世界のイメージですね。

ポールの音楽性は見ていて理解しやすいですが、ジョン、ジョージ、リンゴの音楽性はそう簡単にわからいすごさがあると思います。
改めて偉大なバンドだなと思いました。


[VOON] Let It Be_20130914
スポンサーサイト

テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

拝聴いたしました

いいですね!いいですね♪

ともすれば脇役になりがちなバックコーラス、
ですが、いい感じにメインを美味しく味つけていますね♪

これからますます楽しみです♪^^

イントロから良いです

何よりも、まず、イントロのピアノが、すごく雰囲気が出ていて、
コードが移る際の、微妙なニュアンスは、ロールとも違って、
弾いた鍵盤が指にくっついて、持ち上がり、次の音へと行く、
その感じが出ています。 (すごく個人的な感覚表現ですが)

途中のギターソロは、シングル盤のソロの完コピになっていて、
リズムも、かっちりと演奏されていますが、ST Rockerさんが、
「マイ・ラブ」のギターソロ部分で、いつも聴かせてくれるような、
ちょっとラグタイムっぽい感じで、やるのも楽しい気がしました。

バックコーラスが、賛美歌というのは、まさにぴったりの表現で、
前半と後半で、感じが違うのというのは、気づきませんでした。

ビートルズのバックコーラスは、アーだったり、ウーだったりと、
微妙に使い分けているのが、けっこう決め手になる気もして、
「オクトパス・ガーデン」を、メモを取りつつ、歌ったりしました。

ST Rockerさんが、多重録音という手段・道具を手に入れられ、
演奏の幅が、どんどん広がっているので、次回作も楽しみです。

ももこさん

こんばんは。
今日はこちらはとても蒸し暑いですよ。

早速ありがとうございました。
ももこさんに喜んでいただけるのはうれしいです。

何事もやりだしてしまえば早いですね。
また一つの山を越しました。

ギターマジシャンさん

こんばんは。
今日は蒸し暑いですね。

いつもとても具体的なコメントをいただき、本当にありがとうございます。
ギターマジシャンさんのアドバイスはとてもしっかり身に付きます。

この曲は中学以来、もう1万回は弾いたでしょうか。
未だに完成に至っておらず、死ぬまで進化です。
おそらく、本人より弾いた回数は多いと思います。
それでこの程度ですから、まだまだ研究して頑張りたいですね。

バックコーラスまで凝っていたビートルズはよくそんなところまで力が回ったと思います。

間奏部分、次はフリーなリズムでやってみましょうか。

はい、是非次の作品をご期待ください。

No title

こんばんは♪

聴き終わって思わず拍手したくなりました(^_-)-☆
本当にピアノのイントロ、凄くいい雰囲気ですね♪
わぁ、素敵♡生で聴いてみたいと思いましたよ。

バックコーラスって、縁の下の力持ち的存在ですけど
本当に歌の上手な方がされてるんですよね♪

ST Rockerさんの多重録音、磨きがかかってきましたね(*^_^*)
これからもたくさん聴かせてくださいね♪

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
今日は蒸し暑いですね。

そうですか、それはうれしいですね。
ブタが木に登っちゃいますよ。
でも本人は不満足です。音を間違って取っている部分もあるかもしれませんし。
新しいことをやる時は達成感もある一方で難しい部分に直面して萎える部分と両方ありますね。

そうですね、生の演奏の機会があるといいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

遅い時間にこちらこそありがとうございます!
僕の方こそ感涙です。

No title

STさん、こんにちは、演ってますね☆

BEATLESとコーラスは“切っても切れない縁”ですよね。
ところで、ビートルマニアの見分け方(悲しい性)知ってます?

車で移動中、CDやラジオでBEATLESの曲が流れるとマニア達ちは反射的にハモったり、コーラス入れるので直ぐにわかります^^;
(さすがにメロ唄うヤツはすくないですが)

さて、STさんの演奏いいですね☆
単なるコピーではないような、独特の世界観があるように思えます。

ではでは^^

Mr・へぼいさん

おはようございます。
いよいよ雨が強まってきましたね。今日は早めにつくばに戻ります。

いつもありがとうございます。
車の中でハモったりコーラスを歌う。
わかります、わかります。
ただし僕の場合、これまでバックコーラスはテキトーに歌ってましたね。それが今回初めてまじめに取り組んだんです。
ビートルズはよくもそこまで手が回りましたよね。

独特の世界観ですか。
自分ではよくわかりませんが、ありますかね。

例の件もぼちぼちやってますよ。

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード