死語の特集(第1弾)

みなさまこんばんは。
今日はとてもよい天気でしたね。涼しかったですし。
いかがお過ごしですか?

さてお待ちかねの死語の特集を始めます。
一気に書き過ぎると続かないのでぼちぼちやって行きます。
まずは日常の言葉から。
-------------------------------
1.パーマ屋

美容院のこと。
私子供の頃、母が「パーマ屋に行く」と言っていた。確かにパーマをかけに行くので何の不思議もなかった。
私学生の時、女子の友人が髪にパーマをかけほどよくセットしてきたので、「おっ、パーマ屋行ったんだね。」と言ったら「いやだ~ST君、『美容院』って言ってよ」だって。
ちなみに、理容院は東日本では「床屋」、西日本では「散髪屋」。

2.別嬪(べっぴん)さん

美人のこと。
落語によく登場した。
今でも落語では使うかもしれない。

3.家内、女房、カミさん

今の若い人は奥さんのことを「妻」と言う。
もちろん間違いではないが、違和感がある。
「妻」は法律用語とまでは言わないが堅い言葉だ。
「家内」は昔の差別的なとらえ方だろう。
「女房」はニュアンスはよいが、古い人しか使わなくなった。
「カミさん」は1990年代に流行った。これも歳がバレる。
それに対し「ダンナ」はすっかり復活している。むしろ若い世代の奥さん方がよく使う。漢字で「旦那」と使われる場合も多い。

4.せがれ

息子のこと。

5.アベック

今では「カップル」。
その昔は男女の逢瀬は忍び合いであった。
高度成長期を迎え、洋風の出で立ちで恋人同士が堂々と街を歩く様が新現象として「アベック」という言葉とともに流行った。

6.口づけ

キスのこと。
私10代の頃、女性のアイドル歌手が「口づけがどうのこうの」とさかんに歌っていた。
子供の頃最初に「口づけ」というのを聞いた時、なんか日本独特の意味があるのかと思っていた。
もちろん今でも小説等で使わないことはない。

7.えもんかけ

ハンガーのこと。
私のブロともさんのmon mamaさんのブログ「主婦ときどきパートのおばちゃんの日記」で以前取り上げておられました。
(なお、mon mamaさんのブログはとってもおもしろいので、お勧めです。)
私の実家では、鳥居のような木の枠組みを直角に折ったのを部屋の角に立てかけ、そこへ着物をかけたりしていた。
祖母はそれを「いこうかけ」と呼んでいた。ただしその呼び名はうちだけのものだったかもしれない。

8.いっちょうら

なけなしのお金で買ったよそいきの唯一の気張った服装。
「よそいき」も死語かな。

9.ごきげんよう

「さようなら」とコミで使う。
次に会う時までお元気で、という意味。

10.お寒うございます、お暑うございます

説明不要。

11.もとい!

演説、スピーチ、授業などで、言葉や内容を言い間違えた時、前言を撤回し訂正する時に「もといっ!」と言う。
多分、「元へ」あるいは「元に」が次第に音便になって「もとい」になったのだろう。
子供の頃これを最初に聞いた時、お国訛りかと思っていたら、「もとい」が正しいことがわかった。
死語の寂しいところは、それに代わる新語が登場するのではなく、ただその言葉が消えゆく場合がほとんどなことだ。
日本語がどんどん単純化される一方だといやだな。

12.閑話休題

書き言葉専門用語。
話が脱線していたのを本題に戻す時に使う。

13.いとま

「いとま」の本来の意味を忘れてしまった。
人様の家にお邪魔していた時、そろそろ帰ることを告げる場合、「いとまを申し出る」のように使う。
私の祖母などは人の家に長居をしてしまった場合、「あらあら、そろそろおいとましないと。」のように使っていた。
私も若い時は「そろそろおいとまします。」のように言っていたが、最近は死語だと思って「そろそろ失礼します。」に変えた。

14.ご不浄(ふじょう)

トイレのこと。
特にご婦人方は「便所」とか「トイレ」のようにストレートに言わず、婉曲に「ご不浄」と言っていた。
祖母ばかり登場して申し訳ないが、祖母は「わたくしちょっとご不浄に行ってまいりますわ。」などと言っていた。
さらに昔は厠(かわや)と言った。

15.父、母

さすがに「父、母」は死語ではないでしょう、と思うでしょ?
でもテレビで若い人がインタビューを受けると、「父、母」というべきところを「おとうさん、おかあさん」と言っている。
「父、母」という若い人はほとんどいなくなってしまった。

では今日はこのへんで。
ごきげんよう。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ST Rockerさん
こんばんは(^^)

私の昔の記事の事を覚えていてくださったんですね(^^)
ブログまでご紹介して頂きありがとうございます
面白いってほどでもないですけど クスッと笑える
ブログを目指しておりますので STさんに「面白い」って
言って頂いて嬉しいです(^^)

死語のお話ですけど「そろそろおいとまます」って普通に
今も使っています(笑)もう死語なんですね~^^;
 「えもんかけ」なんて いちいち頭で 
えもんかけは...ハンガーって変換して話さないと
子供達はわからないで その頭での作業が面倒くさいです(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

mon mamaさん

こんばんは。
今日はよい天気でしたね。

はい、しっかり覚えていましたよ。
あの記事以来、僕もああいう内容の記事を書こうと思っていました。
mon mamaさんが「おいとまする」を使っておられるならまだそれは死語ではないですね。
こういう美しい言葉を使っている人がいるのはうれしいです。

mon mamaさんのブログは最高です。もっとPRしちゃいますよ。

鍵コメさん

こんばんは。
今日はお疲れさまでした。
僕はややゆっくりしました。
はい、その言葉はやや**ですね。
そしておっしゃるようにさらに古い言い方もあり興味深いですね。
もう一つの言葉の方も驚くこと多いですよね。
では明日もよい休日をお過ごしください。

No title

死後の世界~(^^)面白いです。

昭和で時間が止まっている我が家は
「おさじ」が現役で使われています。
スプーンじゃないですよ、おさじですよ!

会社で
「さもありなん」と言ったら通じなくてガーン!ということもありました…。

「もとい」と「閑話休題」は今でもたまに書き言葉で見かける気がします。

べっぴんさん&カミさん

こんにちはー。

べっぴんさんは、関東では殆ど耳にしませんが、関西の漫才でも、結構聞きますよ。
カミさんが90年代に流行ってたのを知りませんでしたが、70年代に「刑事コロンボ」の吹き替えで、「うちのカミさんが」という決まり文句があったのを、よく覚えています。元々は「山ノ神」から来てるんでしょうかね?
そして、ごきげんようは、ウワサに聞いたことがあるのですが、山の手のお品の良い奥様社会では、日常の挨拶に、使われているそうです。都市伝説かもしれませんが。

ちなみに、私がはやく死語になってほしいと思ってるのは、カリスマと王子です。どちらも乱用され過ぎて、価値が下がってる感じがするからです。

やぢまさん

おはようございます。
「死後の世界」。一本取られました(笑)

なるほど「昭和の言葉」の世界。
いいですね。よい言葉が一杯あると思います。
今度やぢまさんにこの件でお話しいただきたいです。

「おさじ」に「さもありなん」ですね。
なるほど。もっと出てきそうですね。

yuccalinaさん

こんにちは。
コメントありがとうございました。
おっしゃるように、「カミさん」はかなり前からありまし、「山の神」から来ていると思います。
たしかに刑事コロンボで言っていましたね。ただあの頃は日本人の旦那たちの間には普及していなかったと思います。
戦前派、戦中派に「女房」を使う人が多いですが、団塊の世代あたりから、新しい感覚である「カミさん」を使用し始めた、と僕は考えています。
yuccalinaさんはいろんな情報をお持ちのようですから、是非またお話しください。

死語 & ビートルズ

初めまして、ramblee と申します。

お話を読んでいて、なるほどと思うことばっかり。
痛快で、リズムがあり面白い。
新しい言葉がどんどん出来て、どんどん消えていく。
大抵の新語はテレビに出るタレントが、つくり流行らせるようです。
使い易いと、あっという間に流行りますね。

父や母の呼び名で気になるのは、いっぱしの社会人になったら、「はは」「ちち」 と言うべきじゃないでしょうかね。
「おとうさん」「おかあさん」 では小学生みたい。
それと、「父(母)」に「親」を付けて、「俺の父親はさぁ(母親は)…」 という言い方。

ところで、ビートルズ専門の放送を存知ですか。
東京ですと、ラジオ日本(1422)、毎週日曜日 23時~24時です。
リスナーの投票で成り立ち、毎週順位が変わるのが魅力。(変わらないこともあり)
毎週毎週、ビートルズを聴けるんですよ。
もし入るようでしたら、是非お勧めです。 この10月で10年目になりました。

こちらです。  <a href="http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/beatles10.php">ビートルズ10</a>

rambleeさん

ようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。
そのようにおっしゃっていただいて光栄です。
おっしゃるように言葉はテレビのタレントの影響で随分変わりますね。
父、母の件も全く同感です。
死語というのは単に言葉が消えるだけでなく、いろんな背景がありますね。

ビートルズの放送は知りませんでした。
もう10年もですか。全然気づきませんでした。
興味深そうな内容ですね。
未だに投票というのはすごいですね。
是非聴いてみます。
貴重な情報をありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

※追加情報ありがとうございました。サイトみました。

No title

死語面白い!
私はわざと死語とか方言(福島弁)を使ったりしますよ
若者の反応を見るのが楽しいです

いこうかけ(衣紋掛け)は普通に使う言葉ですよ

ST Rockerさんと私年齢近いですものね^^;

アビmamaさん

こんにちは。
ありがとうございます!
アビmamaさんは古くてよい言葉をしっかり保存される方なのですね。
僕と同年代ですか。そうですか、46歳ですね(笑)
いこうかけって祖母の勝手な呼び方ではなかったんですね。
勉強になりました。
福島弁もいいですよね。

こんにちは

台風!

ST Rockerさんの所は、雨風ひどいんじゃないですか?
ニュースを見ながら、心配しています。
どうか安全にお過ごしくださいね。

さて、死語ですが・・・

いくつか・・・未だに使っています^^;

「父、母」「もとい」「口づけ」

古い人間でお恥ずかしいですが、
多分これからも使い続けると思います^^;


このシリーズといい、方言といい、面白いですね♪^^

ももこさん

こんばんは。
台風のご心配いただき、うれしいです。
大丈夫でした!
ただし千葉は少し大変のようでしたよ。
へぼいさんとこも少し心配です。

ところで、ももこさん「父、母、もとい、口づけ」!?
父、母は絶対に死語にしてはいけないから是非これからも使っていただきたいですが、「もとい」はすごいですね。
いいなあ、ももこさん。
ところで、「口づけ」はどういう時に使うんですか(笑)?
聞いちゃいけない質問かも。

質問にお答えします

>ところで、「口づけ」はどういう時に使うんですか(笑)?

以前ブログで詩というか、つぶやきをアップしました。
コレがその時の記事ですが、一番最後に使っています。
ちなみに去年の今ごろ、ポッドキャストで朗読もしています。

http://koinoneiro.blog9.fc2.com/blog-entry-2529.html


「口づけ」という言葉、私にとってはずっと使いたい日本語です^^

ST Rockerさんも、死語にしたくない日本語、あるかもしれませんね^^

ではでは。。

ももこさん

こんばんは。
質問に答えてくれてありがとうございました。
記事早速拝見しました。
素敵な記事ですね!
「口づけ」いい感じでももこさん使ってますね。
これからもずっと使ってください。
ポッドキャスト、後ほど聴いてみます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード