FC2ブログ

今回のノーベル賞を拝見して

みなさまこんばんは。
今日は暖かでしたね。お元気でしょうか?
台風どうなりますか。

今日は記事を3つ書きました。
こういう時ってどうしても一番上の記事がたくさん見られてしまうんですが、今日は是非下の2つも見てくださいね(笑)
----------------------------------------
今年のノーベル賞は残念ながら日本人の受賞はありませんでした。
しかし価値のある受賞でした。
私の感想を述べてみます。

中でもトピックは物理学賞のヒッグス氏でしょう。
あの幻の素粒子である「ヒッグス粒子」を予言した人です。
予言から昨年の発見まで半世紀かかりました。
発見には日本の技術も多いに貢献したのです。

ヒッグス粒子は標準理論による素粒子17種のうち最後まで見つかっていないものでした。
そしてそれは、万物に質量を与えたとても大事な素粒子でもあったのです。

素粒子の理論に関しては日本の強いところでもあります。
また、素粒子の分析や解析の装置も日本は強いです。
今回のヒッグス粒子の発見には日本の理学、工学の直接または間接の貢献が大きかったはずです。

ノーベル賞は基本は工学(テクノロジー)ではなく理学(サイエンス)の成果に対し与えられます。
工学はサイエンスの応用ですが、サイエンスは新しく物や理論を発見することです、いわば「無から有を生む」ようなことです。
(ちなみに私のハンドルネームSTのSはサイエンス、Tはテクノロジーのイニシャルです。)

では田中耕一さんの場合はどうだったでしょうか?
島津製作所という分析機器を製造販売する会社の研究員だった田中さんは工学的な仕事に見えます。
しかし田中さんの仕事はたんぱく質の質量(分子の大きさのようなもの)を測る方法の開発ということで、分子レベルの挙動を解明する内容だったから受賞の対象になったのでしょう。

もしノーベル賞の受賞対象を工学まで広げれば、日本人の受賞者はとめどもなく現れるでしょう。

・・・・・しかしですね、私は思います。
理学の発見も工学の発見も、その重要な発見は本質はあまり変わらないと思います。
なぜなら、物事は決して無から生まれることはあり得ず、原材料からいかに製品を合成するか加工するかだからです。
その方法をいかに新規で進歩のあるものかが真価です。
長く深い経験と真摯な研究態度こそが新しいものの発見につながると信じます。

物理学賞以外でのトピックは経済学賞でしょうね。
今回受賞した3名の方はなんと、それぞれ別の理論を提唱していたというのです。
互いにバッティングする理論です。
よって、3つの相反する理論に賞を与えたということは、少なくとも2つの受賞は誤りだったという結果に後々なるはずです。
それでも敢えて与えたということは、たとえ結果が間違うかもしれなくても研究フィールドを活性化させたのような功績があったのでしょうね。

ノーベル賞は受賞の経緯もとても興味深いですよ。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
3つも読んでいただきとてもうれしいです。
時間管理ですか。それは鍵コメさんこそ素晴らしいと思いますよ。
僕は自己管理できているかどうかは何とも言えませんが、自分の人生をプロジェクトのように捉えています。
以前、ある人がそのことをとても奇異なことだと言っていました。

はい、その方です。
東京の方ですよ。多摩地区ですね。
そこからその場所までわざわざ定期的に通っていらっしゃるんです。
それだけ素晴らしい場所だ、と。
僕もそれを美しいと感じ意気投合していたんですが・・・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

10/22 16:56の鍵コメさん

こんばんは。
ご丁寧にありがとうございます。
いえいえ大したことないですよ。
ただ、何でも好奇心が強いタチでして。
その件ですけど、鍵コメさんご存知ありませんでしたか(?)
半年に一度くらいは記事で書いていたんですけど。
もしよろしければ鍵コメさんが思っていらしたことを教えていただけないですか。ぜひ。

10/22 19:57の鍵コメさん

こんばんは。
そうですか。それでしたらお知らせしてよかったです。
では後ほどお邪魔しますね。

そしてご丁寧なお言葉をありがとうございました。
いえいえ、そんなほどではありませんよ。
書くのは好きですけどね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

10/23 17:41の鍵コメさん

こんばんは。
リクエストにお応えいただきありがとうございます。
実はですね、こちらつくばの友人何人かにも同じこと言われたんですよ。
「その方が似合っているよ」って。
そっちで行っちゃいますか。
それとか、「聖なる」の意味の「セイント」の略かと思った、とか。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード