デフォルトとは本来こういう意味だったのか

みなさまこんばんは。
アメリカはとりあえず「デフォルト(=債務不履行)」を人為的に回避しました。
これは問題の先延ばしに過ぎないので、なぜ窮地に陥ったのか、そしてどうやって本質的に解決させるのかが重要です。

さて今回は「デフォルト」という言葉に迫ります。
---------------------------
「デフォルト」(default)という言葉はなぜ「債務不履行」を意味するのだろうか?
普通に考えると、"fault"(誤り)を"de"(打ち消す)、のように考えるのが自然だが。
”Fault"は、テニスでラインを割った時に主審が叫ぶあの「フォールト!」である。
しかし、この考え方のループだけでは今回の謎には迫れない。

デフォルトはIT関係でもよく使う。
例えば、いろんなソフトとかオンラインのツールで、ある項目を選択する際に、標準状態(あるいは初期状態)になっている選択肢を差し「この選択肢がデフォルトだ」などと言う。
標準状態なんだから極めてポジティブな意味のはずだ。にもかかわらずなぜ債務不履行と同じ言葉が使われるのだろう?
これが私の長年の謎だった。

昨日か一昨日のニュースで古館さんがおっしゃっていた言葉で一気に氷解した。
「デフォルトとは直訳すると『何もしない』という意味なんです」と。

そこで即座に辞書を調べたら、defaultとは「怠慢、不履行、棄権」などの意味で使われるのが多いとのこと。
そして・・・ついにわかった。
Defaultとは「"fault"な状態とは"de"=認めない(あるいはその状態を放棄する)」のだな、と。

だから、「借金」という欠陥(fault)を「放棄する」(de)ということだな。
そして、そのソフトやツールでその選択肢は「間違いであるとは捉えない」、つまり「それを採用する」のだな。

というわけで全て解決。
やはり英語。筋は通っているなあ。
スポンサーサイト

テーマ : 英語
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード